特に目を引くのが、「焼肉きんぐ」というブランドを展開する物語コーポレーション

食品
スポンサーリンク
スポンサーリンク

外食業界は、コロナウイルス感染症の影響から長期間の逆風に見舞われましたが、近年、再び客足が増加し始めています。多くの企業が苦境を乗り越えつつある中、一部の飲食店はコロナ禍に左右されずに成長を遂げています。今回は「焼肉きんぐ」というブランドを展開する物語コーポレーションを紹介します。

特に目を引く、「焼肉きんぐ」

特に目を引くのが、「焼肉きんぐ」というブランドを展開する物語コーポレーションです。1949年に愛知県豊橋市で小さなおでん屋としてスタートした同社は、現在では「ゆず庵」や「丸源ラーメン」を含む17の飲食ブランドを持つまでに成長し、業界内で大きな注目を集めています。

「焼肉きんぐ」は焼肉業界の中でも後発のチェーン店ですが、この立ち位置を活かし、競合他社の成功要因を取り入れながら、独自の戦略を展開しています。その中核となるのは食べ放題プランの積極的な導入です。

同店では「58品コース」「きんぐコース」「プレミアムコース」という三つの食べ放題コースを提供しており、高価なコースほどメニューの選択肢が増え、家族連れや高齢者にも利用しやすい価格設定が特徴です。

特に「きんぐコース」は100種類のメニューを提供し、焼肉きんぐ五大名物メニューとして「きんぐカルビ」や「炙りすき焼カルビ」などを楽しむことができます。また、キムチやサラダ、麺類などサイドメニューも豊富で、他店の模倣を超えた質の高いサービスを提供しています。

店舗展開は、郊外のロードサイドに大型店舗を出店

店舗展開においては、郊外のロードサイドに大型店舗を出店する戦略を採用。これにより、ファミリー層の獲得に成功し、店舗数は過去10年で200店舗以上増加しました。また、注文の便利さを追求して2009年に導入したタッチパネル方式は、迅速なサービス提供を可能にし、スタッフの効率も向上させました。

他社からの良い点を取り入れるだけでなく、オリジナルの要素も加えています。例えば、店内には「おせっかいマスター」と呼ばれるスタッフがおり、来店客に対して肉の最適な焼き方をアドバイスするなど、親切なサービスを提供しています。

さらに、季節やトレンドに合わせたフェアメニューの導入も特徴的で、例として「夏の冷麺フェア」や「韓国フェア」などがあり、常に新鮮な体験を顧客に提供し続けています。

これらの戦略が組み合わさることで、焼肉きんぐは他のチェーン店を凌ぐ業績を達成し、業界内でのリーダー的存在へと成長を遂げました。今後もその動向から目が離せないでしょう。新しいサービスや独自のアプローチによって、どのように市場での競争をリードしていくのか、注目されています。

成功は、業界においてのデメリットを逆手に取った結果

物語コーポレーションが展開する「焼肉きんぐ」の成功は、業界において後発であることのデメリットを逆手に取った結果です。先行する競合他社の優れた点を取り入れつつ、オリジナルのサービスや戦略をプラスすることで、独自の顧客層を確実につかみました。

その中でも、顧客に対する細かな配慮や、食の体験を豊かにする各種フェアの提供は、リピーターを増やす重要な要素となっています。これらの工夫が、飽和状態に近い焼肉チェーン市場において、物語コーポレーションが突出した成長を遂げる理由の一端をなしています。

また、店舗運営の効率化を図るために導入した技術、例えばタッチパネルを使用した注文システムは、顧客にとってもスタッフにとっても利便性を大幅に向上させました。これにより、注文から提供までの時間短縮を実現し、食べ放題というサービス形態の本質的な価値を高めています。

焼肉きんぐの事例は、単に競合の模倣に留まらず、市場のニーズに応じた革新的なアプローチを取り入れることの重要性を示しています。また、地域社会との関連性を重視し、地元の家族連れやシニア層にアプローチすることで、広範な顧客基盤を築いている点も見逃せません。

まとめ

「焼肉きんぐ」は既存の枠組みに囚われず、柔軟かつ戦略的に事業を展開することが、飽和市場において成功を収めるための鍵であると教えてくれています。今後もその成長と革新に期待が寄せられていることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました