大阪発祥!「忖度まんじゅう」は新語・流行語年間対象の「忖度」から考え出されたヒット商品!

スポンサードサーチ

忖度

忖度の意味は他人の心中や考えをおしはかるという意味です。

昨年の政治茶番劇で出てきた言葉ですね。

大阪の財務省のお役人がへまをしたのが発端かと思います。

鴻池さんの芝居がかった演出、歌舞伎役者みたいでした。

結局は詐欺事件で落ち着いたんですよね。

野党の政治家

特に政治家の優劣がはっきりしましたね。

私は香川県民として恥ずかしいです。

選挙区が違うので投票権はありませんがね。

今日のニュースで、香川県で初めて鳥インフルが出たとの報道がありました。

本当にバカヤローな議員ですね。東大を出ているのにね。

こちらは獣医師会に忖度なのでしょうか?

忖度まんじゅう

政権批判の話題が全国に連日伝えられていましたよね。

その中でクローズアップされた言葉ですから、インパクトがありました。

忖度まんじゅうという名前を聞いた時には笑っちゃいました。

さすがです、大阪万歳\(^o^)/

商品は、白と黒と紅白の三種類になりました。

値段も手ごろですね。

9個入りで、680円(税別)

国会議事堂の土産

同じようにおもしろいお菓子が国会議事堂や東京駅で売られています。

安倍総理をモチーフにした「晋ちゃんのおもてなし 栗まんじゅう」

また、小泉進次郎氏が千利休に扮してお茶を飲んでいるイラストがパッケージの「進次ろうる 抹茶小豆ロールケーキ」

麻生副総理のダンディなイラストが描かれたパッケージの「タロ・カポネ」

スポンサードリンク

他にも、抹茶・塩・梅の味の飴が入った「アメノミックス」や、7種類の野菜を揚げた「アベの野菜ミックスチップス」などありますよ。

メーカーさんは?

忖度まんじゅうは、

株式会社ヘソプロダクション
〒553-0007 大阪府大阪市福島区大開1-15-26

「晋ちゃんのびっ栗饅頭2017」は、

株式会社大藤
1160013 東京都 荒川区西日暮里2-28-10
多分、PBなので、どこかのお菓子屋さんに委託製造しているのだと思います。
しかし、頭いいですね、企画力で売っています。
売れなかったときに大変ですが…。

飛び込み営業

大藤さんは昔商談で、おうかがいしたことがありますよ。

商談はまとまりませんでしたが、結構大きな数字を言っていましたね。

たぶん、代変わりしているでしょうね。

ぬかし上司から聞いた話では、着く駅着く駅で土産物の裏面を見て、飛び込み営業をしていたそうです。

観光土産品は、当たればデカいですので、半年くらいで実績を出していました。

今は、表示や原材料の原産国やアレルギー問題などで、食品では厳しいです。

まとめ

今は大阪も東京も担当を外れていますが、いい刺激になりますね。

何かいい商品を思いつかないかな~。

スポンサーリンク