疲れ目の原因はPCスマホの長時間使用、早期回復するには?

目がショボショボする!

仕事で内勤になり、日々パソコンとにらめっこです。

そのせいか、目がショボショボし目の奥が痛い。

これをドライアイというのかな?

目薬の点眼で回復すると思っていましたよ。

しかし、そうでもないみたいです。

パソコン仕事を中断して、休憩をします。

次にパソコン画面を見ると、ぼやけて焦点が合わない。

休憩したから、目は休まっているはずなのに、ショックです。

老化からくるものなんでしょうか?

しばらく作業を続けると、焦点が合って来ますが…。

目で物が見える仕組み

見える仕組みは、光が目に入って来て、網膜に当たります。

網膜がその光の情報を電気信号に変えて脳に送ります。

脳が情報を認識して、見えるということになります。

網膜にはロドプシンという、光の情報を受け取り、分解して電気信号に変える物質があるのです。

ロドプシンはタンパク質の一種で網膜の中に非常に多く存在しています。

このロドプシンが、元に再度合成されることにより、新しい情報の伝達が可能となります。

再合成が遅れたりすれば、目がショボついたり、ぼやけたりします。

ロドプシンの再合成を遅らせる原因として、老化や光の強力なストレス(光刺激過多)が考えられます。

要するに、パソコンの作業やテレビゲーム、スマフォの使い過ぎは、疲れ目の原因となっているのです。

紫外線にも要注意

目は入ってくる光を感知し、その情報を脳に伝える大切ます。

しかし、他の臓器とは違い、唯一外部にさらされています。

それゆえ、直接的なダメージを受けやすい部分です。

紫外線が強すぎると、角膜や白目を覆う結膜などにダメージを与えてしまいます。

例えば、長時間日差しを浴びた時に目が赤くなったり、痛くなるのは紫外線による炎症が起きているからです。

また、紫外線に波長の近いLEDのブルーライトも注意しないといいけません。

長時間のパソコンやゲームをすれば、眼はブルーライトの影響を受けやすいからです。

眼の水晶体は、たんぱく質繊維やヒアルロン酸(保水性分)から成り、レンズの役割をしています。

紫外線によって、レンズが傷ついてしまうこともあるのです。

水晶体は、新陳代謝をしませんので、復元しません。

眼に紫外線が当たり続けて、傷がひどくなっていくと、水晶体が白く濁り、視力が低下する

「白内障」などの病気につながりかねないのです。



ブルーライトによる疲労

ブルーライトとは名前の通り青色光です。

紫外線に近い波長で、他の色に比べて波長が短く、つよいエネルギーを有しています。

デジタルデバイスの普及でブルーライトと向き合う時間は飛躍的に増えてきています。

ブルーライトはスマホやパソコン、LED照明などに多く使われているため、パソコンやスマホ

を長時間すれば、眼はブルーライトの影響を受ます。

人は、はっきりものを見るために、無意識のうちに網膜上にピントが合うよう、眼のレンズ(水晶体)の厚さを調節します。

ブルーライトは波長が短く散乱しやすいので、網膜の手前で像を結んでしまいます。

そのため像がちらつき、ぼやけて見えます。

そこで眼はピントを合わせようとレンズを調節します。

つまり、眼は無意識のうちに、オートフォーカス機能を働かせ続けているのです。

過度になれば、レンズを調節するピント調節筋(毛様体筋)が疲労し、眼精疲労を起こすのです。

回復するには?

ロドプシンが再合成されれば、目の負担も少なくなり、疲れ目になりにくくなります。

しかし、ロドプシンを直接増やすことは難しく、それを助けるための媒介が必要になります。

そこで有効なのが「アントシアニン」なのです。

ブルーベリーなどに多く含まれるアントシアニンを摂取することで、ロドプシンの再合成が促されます。

結果的に疲れ目に効果がある、ということになります。

紫外線から身を守るには?

紫外線から目を守るには、体外と体内から守る必要があります。

体外から守るためには、日傘、帽子、サングラス、目薬使用や日陰にいることなどです。

体内から守るとは、目にいい栄養素を補給する食材を食することです。

ルテイン、ビタミン、ミネラル、アスタキサンチンを含む食材がいいと言われています。

忙しい方には、サプリを利用するのもいいかも知れません。

ベリー類のサプリや飲む日焼け止めと言われるサプリが、多く販売されています。

アントシアニンを含む食品は?

ベリー類

ブルーベリー、ブドウ、カシス、プルーン、ブラックベリー、ラズベリー・・・、イチゴなど

紫色の野菜

なす、紫いも、紫キャベツ、シソなど

黒豆、黒ごま

まとめ

眼に負担をかけない生活をし、紫外線にも気をつける行動をしないといけませんね。

要するに、生活習慣の改善になります。

毎日の生活に取り入れられる、疲れ目解消法の一つが、シャワーを活用した簡単な方法です。

「目をつむり、眼の周囲に42℃のシャワーを当てる」これだけです。

これは東京ガスが、疲れ目への効果を検証した結果ですので、信頼できる情報です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする