富士山麓にある金運神社と謳われる新屋山神社で救われる、口コミで奇跡続出ですか?

スポンサードサーチ

本に出ていた金運神社

フォレスト出版の「世界一ふざけた夢のかなえ方」の中に金運神社の話が出てきます。

コンサルタントで聞いた日本に二つある金運神社の一つを探しに行くのです。

富士山麓にあり、ヒントは「中の茶屋」と「滝沢林道」だけです。

冬は凍結で行けないかも知れないとのことです。

三人は宝探しの様に盛り上がり出発します。

諦めて岐路に着いたところで、発見します。

立て札の注意書きには

「この神社の神様はどんな願い事も成就させる反面、荒神様でもあり、神様に対し無礼なことをする者には天罰が下る」

普通はこのような怖い立て札はありません。

立て別けの厳しい神様なのでしょう。

そして、鳥居の前で記念写真を撮ろうとした時、シャッターが下りなかったそうです。

しかし、本分の中で、この時からいい方向に行きだした気がすると回想しています。

伊豆の得意先

数年前の事ですが、まだ営業で伊豆地区を回っておりました。

一件の得意先が危機に陥ったのです。

銀行借り入れが多くなりすぎ、返済に窮していました。

危機感を募らせた長男は、親である社長を説き伏せ、人員の整理を断行します。

それでも売り上げを増やさなければ、借り入れの返済は出来ません。

どこで聞きつけたのか、この金運神社に行ったそうです。

そして言われた言葉が「やっと来たね」だったそうです。

それから、売り上げや返済のめどが立ち、今ではすっかり立ち直っています。

その神社は、新屋山神社と言います。

スポンサードリンク

インターネット界のレジェンド御用達

昨年インターネット界の大御所と言われる人のセミナーに参加しました。

会員になるには数十万必要とするグループを結成しておりました。

大御所クラスになると、年間数億円の稼ぎですから、はした金ですよね。

私にとっては大金ですので、パスです。

その会員特典として、金運神社参拝があったのです。

このレジェンドは百万単位で寄進しているそうです。

金運神社の噂は聞いており、お金持ちは行っているんだと妙に納得しました。

ご祭神のお働き

今回フォレスト出版の「世界一ふざけた夢のかなえ方」に出会い、神社の事を少し詳しく調べてみました。

便利なもので、グーグルで検索すればすぐに出てきます。

富士吉田市の富士山麓にありました。

二年前であれば、この辺りをウロウロしていたのに、河口湖には得意先があるのに、残念です。

グーグルマップの口コミに多くの写真があり、神社の公式サイトを見て納得しました。

ご祭神が 大山祇命、天照皇大神、木花開耶姫命です。

オオヤマツミノミコトは山の神様で、木花開耶姫命(富士山の神)の父神にあたります。

また、三島大社や伊予大島の大山祇神社のご祭神でもあります。

神様の名前はお働きを表すと聞いたことがあります。

ですから「おやまーと驚くようなことを積み上げていくお働き」があるのではないでしょうか?

余談

昔の事ですが思い出しました。

三島大社の境内の中で、わが社の商品が販売されたことがあります。

もちろん、中身ですので、社名は出ません。

売上が100万円単位であがったことがありました。

おやま~とビックリしたのを思い出しました。(笑)

スポンサーリンク