古代人の叡知「お花見」は秋の豊作を感謝する、夢の引き寄せ法「予祝」でした。

スポンサードサーチ

「実践!世界一ふざけた夢の叶え方」三度読み返し、気付いた!

面白い、面白いと嬉しがって三度読み返しました。

「夢に引き寄せ法」という秘技を公開しているではありませんか。

予祝と言います。

言葉の意味通り、前もって祝うことです。

お花見は予祝だった、らしいです。

著者の一人、ひすいこたろう氏が伊勢の神職から聞いた話しだそうです。

古代日本人の夢の叶え方が、先に喜び、先に祝うことで、

その夢を引き寄せることだと言うのです。

天岩戸開きを彷彿とさせる

天照大御神様は、須佐能之尊の乱暴に驚き、岩戸にお隠れになります。

そのせいで、高天原は真っ暗闇になってしまいます。

一計を案じた神々は、天鈿女を中心に大宴会を催します。

外が騒々しいのが気になった天照大御神様は、少し岩戸を開けます。

なんでも、光り輝く新しい神様が来られたとか、

まばゆい光が差し込み、よく見えません。

よく見ようともう少し開けます。

そこで、天手力男之神によって岩戸を開かれてしまいます。

まばゆい光は、鏡に映った天照大御神様の光だったのです。

天照大御神様が出てきたので、高天原に光が戻りました。

神々は、予祝でドンチャン騒ぎをしていたのではないでしょうか?

予祝の効果

そして、この様な場面で引き合いに出されるのが長島さんです。

北斗神拳のケンシロウです。

もうすでに事は成った、宴会だ〜。

よく似た話が、深見東州氏の「強運」の中でもありました。

長島氏は背後の霊界を動かしていたのです。

こちらは神霊の大家ですので、神霊とか守護霊の見地から解説しています。

神様は楽しい事が大好きな様です。

楽しくワイワイ騒いでいると、神さまが参加しにくるらしいのです。

その時に楽しかったよと、大きな功徳をくれるのです。

スポンサードリンク

そして、前もって祝うという事は、神様への絶大な信頼があっての祝いです、

神様は、そこまで祝ってくれるのならと、大きな功徳を現すのです。

ふざけてこの様に思うのです。

案外当たっていたりして…。(;’∀’)

予祝とは神様追い込みの秘技、と言えるのではないでしょうか?

花見はどこで?

私の田舎で桜の木がたくさん植わっているのは、

ダムの下、城跡、墓地、近辺が多いです。

近くに城山と言って、小高い山全体が桜で覆われる所があります。

開花時期は4月の初旬ですね。

どこで花見をすれば、最も効果があるのでしょうか?

地下室なんでしょうか?

本から推察すれば、人がたくさん集まり、ワイワイガヤガヤ騒げるところですね。

東京だと上野公園あたりでしょうかね。

閃いた!

予祝の応用です。

営業に行くときにはすでに受注したと、感謝の思いで商談に行けばいいにです。

そうすれば変なプレッシャーもなく、うまくいくかも。

ダメだったとしても、これでよかった、ツイテル!

次にもっと大きな受注が待っているので、

こんな小さな受注の相手をしている時間は無い、

ダメにしてくれて有難う、と思えますね。

全てにそう思えば、人生楽しいものです。

予祝をいろいろ応用してみましょうね。(笑)

<スポンサーリンク>




スポンサーリンク