生姜(ショウガ)は女性にもてる名脇役!料理レシピーやサプリで人気者なのですね。

スポンサードサーチ

料理と生姜

料理において生姜は主役ではないが、名脇役を演じていますよね。

日本料理ではすりおろす、千切りにする(針生姜)、刻んで振りかけるという使い方をします。

また、生姜は、カツオ(初鰹)の付け合せの定番です。(ニンニクの所もあります。)

ほかに冷奴、素麺、アジの寿司やたたきなどに欠かせない薬味でもあります。

地方独特の使用例では、姫路市でおでんを生姜醤油で、青森市では生姜味噌で食べる、関西では紅生姜の天ぷらを食べるなど。

また、魚や肉料理の臭味を消すためにも多用されます。

煮物、炒め物、スープに薄切りしたものを加える事も多いですよね。

女性と生姜

ショウガの根茎をそのまま食べるものとして、酢、塩、砂糖で調味した生姜の甘酢漬け(ガリ)や、梅酢で漬けた紅生姜があります。

薄くスライスした甘酢漬けは寿司と共に出され、符牒ではガリと呼ばれる。

回転ずしではタダで食べ放題になっているのはうれしいですね。

紅生姜は、細かく刻んで焼きそば、たこ焼きなどに加えたり、ちらし寿司、牛丼などに添えられています。

紅生姜も牛丼チェーンではタダで食べられますよね、私は吉野家のものが気に入っています。

それと生姜糖です。

これは女性に大人気みたいです。

都会のOLさんの必需品らしいですね。

職場での冷え性対策だそうです。

ドラッグストアーなどで手軽に買えるので、ポーチの中に入れてるそうですね。

我が家でも、奥さんが持っていました。

生姜糖~今時古いんじゃない、と思っていましたが、人気なんですね。

<スポンサードサーチ>



生姜の歴史

インドでは紀元前300-500年前にはすでに保存食や医薬品として使われてたそうです。

中国でも論語の中で孔子の食生活にはじかみの記述がありますので、紀元前650年には食用として利用されていたのでしょう。

ヨーロッパには紀元1世紀ごろには伝わっていたと云われています。

日本には2-3世紀ごろに、中国より伝わり奈良時代には栽培が始まっていたようです。

古くは「はじかみ」と呼ばれ、『古事記』にも記載があるそうです。

中世のヨーロッパではショウガの需要がコショウに匹敵するほど高まりました。

14世紀のイギリスでの相場はショウガ1ポンド(約450グラム)でヒツジ一匹の価格に相当したそうです。貴重品だったのですね。

ヨーロッパ人が植物としてのショウガを初めて見て記録したのは、13世紀にマルコ・ポーロがインド・中国で見た時のものが初めてらしいです。

スポンサードリンク

生姜の生産地 No1

生姜を食べないかんぜよ!

平成27年のデーターでは

一位 高知県    21,400t     43.3%

二位 熊本県    4,970t   10.1%

三位 千葉県    3,520t          7.1%

以上のようになっています。

高知県は凄いですね、断トツですね。

高知の業者の動き

関東方面では岩下の生姜が有名ですが、高知県では?

あまり知りませんね。

そんななか、生姜加工・卸大手と云われる2社が健康食品を発売するそうです。

一つは「生姜丸」…生姜の粉末を水で固めただけのタブレット錠です。

体を温める効果があるそうです。

もう一つは「プレミアムジンジャーパウダー」…生姜粉末を乳酸菌で発酵させたもの。

ショウガオールの含有量が、乾燥ショウガの約8倍あるそうです。

体を深部から温め胃腸の運動を促進するようです。

2月中旬にある幕張メッセの展示会に出すようです。

有楽町に高知県の物産館があるので、そこには置いてあるかもしれないですね。

ショウガの効能は?

女性に嬉しい、冷え性の改善

なんといっても一番の効能は冷え性の改善でしょう。

ショウガオールジンゲロール

などの薬効成分が、血管を拡張させることで血行を促進するようです。

胃腸の働きを活発にする

生姜の血行促進効果は血流を良くするだけでなく、内臓の働きも良くします。

胃腸の血行も良くするのでその働きが活発になり、食べ物の消化吸収を良くする効果が期待できます。

胃腸が弱く、消化不良ぎみの人は食事に生姜をプラスするといいですね。

また、ジンジベインというタンパク質分解酵素があるので、肉類が好きな人にも消化不良予防になりますよね。

ツンとした香りが食欲をそそる

生姜の食欲増進作用は生姜独特の、辛味のあるツンとした香りにあり、これが食欲をそそります。

もっといろいろな効果が言われていますが、経験的なモノのようですので、どうなのでしょうか?

言えることは、体の燃焼効率を上げるようです。

それに伴い、冷え性や肩こりが緩和されるのではないかと思うのです。

さいごに

乾燥の生姜は漢方の乾姜(カンキョウ)と言います。

それだけに、健康における効果は期待できると思います。

生姜は漬物が主流ですが、佃煮もありました。

加工食品でも、画期的なモノが発売されないか楽しみですね。

スポンサーリンク