やさしい手相占いを覚えてポジティブに生きる 線の意味を知ろう!

スポンサードサーチ

晴れた日の夜空に輝く星々は美しいですね。

星々は美しいだけではありません、私たち人間にパワーも送っているのです。

絶望のどん底で夜空を見上げた時、星々が応援しているのを感じませんか。

俳優の加山雄三氏は苦難の時、ヨットに乗り夜空を眺めると、

その雄大さ、美しさで悩みなんか吹っ飛ぶとおっしゃっていましたよ。

実は星からはパワーが降り注いでいるのです。

そしてそのパワーを受けるアンテナが手なんですね。

手相はなんでも知っている

手相にはあなたの未来の予定が刻まれているんです。

そして、手相占いは当たるんです、しかも、その未来は20%くらい変更可能です。

オギャーと生まれ出たその時の星の配置が手相にも刻まれているのです。

気学、西洋占星術、タロットカードなどなども、表現は違えども同類ですね。

手相をもう少し深く知ってみませんか?

手相の「基本の6線」

生命線、運命線、知能線、感情線、太陽線、結婚線基本の6線です。

生命線・・・

親指と人差し指の中央から発し、手首側にカーブしている線です。

人生のシナリオがもっとも詳しく描かれている重要な線です。

結婚、恋愛の年、健康状態、独立、病気、障害の年などがわかります。

運命線・・・

手首側から中指方面に縦に昇流線です。

人生のターニングポイントを示しています。

結婚、離別、転職など人生の転換期、運勢、実力などもわかります。

その人が、目的達成のためにどんなことをどれくらいしたかが、わかります。

運命線が出ていない人は、まだまだ努力が足りないことを示しています。

でも大丈夫、目標を決めればすぐに出てくるはずです。

知能線・・・

親指と人差し指の中央から発し、生命線より上にある線です。

名前の示すとおり、その人がどんな知的能力を持っているかがわかります。

どんな職業に向いているか、才能を発揮できる仕事は何かを鑑定します。

知能線が短いからといって嘆かないでください、その直感が発達しているはずです。

感情線・・・

小指の付根サイドから横に伸びる線です。

その人がどんな感情の持ち主かわかります。

一見、そうは見えなくても、本当の性格かがわかります。

恋愛運や愛情運をも表しているのです。

切れ切れの線は感情の不安定さを表していますよ。

太陽線・・・

薬指に向かって、感情線と直角に交わるように縦に上る線です。

この線は誰にでもあるわけではありません。

文字通り太陽の恵みをたっぷり受けた人に出る線です。

成功、金運、地位、名誉、名声などを表します。

結婚線・・・

小指近くのサイドから、横に短く出ている線。

結婚を表す線で、どんな結婚をするのかがわかります。

恋愛や結婚の時期は生命線や運命線でみた方がはっきりします。

ちなみに、平均3本くらい出ている人がが多いです。

稀に1本太く出ている人がいます。

これは運命の人が一人で、相手の方も太く一本出ているようです。

4本以上線がある人はスケベらしいです。(爆笑)

要するに惚れっぽい人なのでしょうね。

また、ここで浮気や不倫なんかも見抜けます、怖いですね。

その他の大切な線

財運線・・・商売やお金儲けが上手な人に出る線です。

健康線・・・健康な時には出ません、これが出ていたら気をつけてください。

隠れて病気が進行していることがあります。

マスカケ線・・・知能線と感情線がつながって、手のひらをまっすぐ横につっきる線。

このマスカケ線を持つ人は、100人に2、3人で、強運を持つ人です。

決断力がスゴイのです。いい方にも悪い方にもです。

また、特別な使命を持って生まれてきているらしいです。

その使命に目覚めなければ、お迎えが早いかも?

金星帯・・・人差し指と中指の間から出発して、薬指と小指の間まで伸びた、弓形の横線。

感性の鋭さを表します。

異性に対して感性が豊かな人にはスケベ線とも言います。(ジョークです)

直感線・・・直感力が鋭い人に出ます。

感情線が短い人も直感が鋭いはずです。

神秘十字・・・霊感、直感が強い人に多いです。

ご先祖様や守護霊の守護が厚い人です。

占いや神秘的なことを信じる傾向があります。

自己顕示線・・・自己主張が強く、自分をアピールする表現力が抜群です。

人気線・・・人の支援や大衆の支持を受けて開運するハッピーな相です。

この線があればスターになれる可能性を秘めています。

まとめ

線の太い細い、濃い薄い、長い短い、切れている切れていないなどの状態で鑑定します。

お友達の手を見ながら覚えていくと、すぐに覚えられます。

そして手相は変わります、あなたの気持ち次第ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする