赤ちゃんのヨダレに若返りホルモン(パロチン)が一杯?ジジも若返るぞ〜

スポンサードサーチ

初孫の発育

初孫が生まれて、はや半年になります。

どれくらい成長したか楽しみです。

次に帰ってくるのは、ゴールデンウィークでしょう。

息子たちが小さいとき、よだれでヨダレかけ(スタイ)が

ベトベトになっていたのを思いだします。

ヨダレが多いので、病気ではないかと心配したものです。

孫はどうなの?

気になって調べてみましたよ。

赤ちゃんのヨダレは、

口の中の湿度を保ったり、

消化を助けたり、

粘膜を保護したり、

悪い菌を殺菌したりしているそうです。

そして、飲み込む力が弱いので、ダラダラと垂れるんですね。

逆に、よだれが少ないと、口の中が乾燥し要注意です。

また、よだれを放置していると、肌荒れの原因になりますよね。

そう言えば、息子たちも、よくむずっていました。

少し可哀想でしたね。

よだれ(唾液)

よだれ(唾液)は大人にとっても大切らしいです。

唾液は殺菌や抗菌作用を持ち、消化酵素も含んでいます。

そして、成長ホルモンと言われるパロチンも含んでいるのです。

大人の寝ている時のよだれは、悪い意味で要注意です。

顎の筋肉の緩みなどが原因で、疲れが溜まっているサインかも。

唾液の主な働き

① 口の中の細菌を取り除き、口臭を防ぐ「浄化作用」「抗菌作用」
② 食べたものの「消化作用」
③ 味覚を促進する「溶解作用」
④ 口の中の食べもののカスを洗い流す「洗浄作用」
⑤ 歯・骨・毛髪・粘膜・皮膚が丈夫になるもととなる成長ホルモンの「パロチン」の分泌による「老化防止作用」

パロチン?

唾液に含まれる「パロチン」は成長ホルモンの一種で、

体の中で若々しさを保つ働きをしているそうです。

パロチンがたくさん出ると、

筋肉・内臓・骨・歯などの生育・発育が盛んになり、

若さを保つといわれています。

パロチンの分泌量は25歳くらいがピークで、

徐々に少なくなっていくようです。

「パロチン」は内分泌ホルモンです。

東大内科の緒方知三郎教授によって発見されました。

そして、薬にもなっています。

老化を防ぐには?

自分の体が作る成長ホルモンの一種「パロチン」を多く分泌させればいいのです。

高齢になってもパロチンが多く分泌すれば、若々しいはずです。

アンチエイジング作用を長続きさせたいですよね。

それには、唾液がたくさん出るようにすればいいのです。

スポンサードリンク

唾液を沢山だすには?

唾液はリラックスした状態が一番出やすく、

緊張やストレスを受けると逆に出にくくなります。

おすすめなのが、

よく咀嚼して食事をすることや、

耳下腺まわりの筋肉の緊張を和らげる、

耳下腺マッサージをする事です。

ゆったりとお風呂で歯磨きをする事は、

美容にもいいそうです。

そうすれば、唾液がたくさん出ますよね。

さいごに

プロポリスって知っていますか?

プロポリスには類パロチンが含まれているそうです。

パロチンは人の唾液にあるホルモンです。

類パロチンは蜂の唾液に含まれる、パロチンと同じような働きをするものです。

当然、アンチエイジングが期待できますよね。

そして、プロポリス入りの飴があるのです。

少し前に、受験生などに、注目を浴びましたね。

風邪予防で!

覚えていますか?

そうです、この飴を舐めていれば、アンチエイジングなのです。 ( ̄▽ ̄)

信じられない人は、お試しあれ。

スポンサーリンク