梅干しは医食同源、美しくなる食事術、日本の伝統食品を再認識しよう!

スポンサードサーチ

女性の肌が輝く年代

規則正しい食生活を送っている事が前提ですが、

女性の肌は思春期を過ぎた頃の十代がみずみずしく輝いています。

樹木でいえば、新緑の緑のような状態で、体内の細胞が若々しく、

それぞれの機能が十分に働いている頃です。

このころの女性の肌が一生で最も美しい素肌だといわれています。

では、美しい素肌を保つ食生活を送るにはどうすればいいのでしょうか?

欧米人との差は?

欧米の女性と東洋の女性の大きな差は、肌のきめ細やかさです。

この多くの原因は食べ物の違いです。

日本人でも長年海外で暮らしていると、

その国の女性に似た肌に変化するそうです。

食べ物と肌のきめ細やかさは密接に関連しているのです。

日本の伝統食品「梅干し」

梅干は外国人にはなかなか馴染みにくい食品です。

しかし、解毒作用があり、吹き出物や頭痛に効能を発揮します。

唇の荒れにも効果をあげる人もいます。

梅干の効能

梅干しの酸っぱさが舌に伝わると、体内の消化器官にそれが伝わって、

消化液が分泌され、胃や腸が活発に動くようになります。

それによって食欲がわいてきます。

梅に含まれる梅ポリフェノールには血流をよくし、

血管の老化を防ぐ働きもあります。

免疫細胞の一つであるマクロファージを増やす働きもあります

骨の強化に必要なカルシウムは、普通に摂っても体に吸収されにくい成分です。

ところが、梅干しに含まれるクエン酸と結びつくと、吸収されやすくなります。

酸っぱい梅干しを食べると唾液が出ます。

この唾液にはアミラーゼという酵素が含まれていて、

デンプンを消化してエネルギー代謝をスムーズにします。

スポンサードリンク

梅干しには肝機能の働きを高めて、肝臓の解毒作用を助けてくます。

梅干しには強い抗菌作用があると言われています。

また、鉄分の吸収を高める作用、便秘を解消する作用、整腸作用、

などの作用があるそうです。

ダイエットにもお勧め?

血流改善効果もあることからダイエットにもお勧めです。

生活習慣病を予防する効果もあると言われている梅干し。

梅干しには、糖質を吸収する酵素を抑制する働きがあります。

その結果、糖質の消化吸収を防いで血糖値の上昇を抑えてくれるのです。

さらに、梅エキスには血圧上昇作用のある成分が、増えるのを防ぎ、高血圧や動脈硬化を予防する働きもあります。

リグナン

梅にも多種のリグナンが含まれています。

リグナンは抗酸化作用をはじめ肥満を防ぐ効果なども報告されている成分です。

このリグナンには、

  • 胃がんの主要因となるヘリコバクターピロリ菌の運動を抑制
  • 生活習慣病の原因となる活性酸素を抑制
  • インフルエンザウイルスを抑制

などといった効能があると言われています。

梅干しはローフード

ローフードとは生の野菜や果物を46度以下で調理したもの。

生の食材を食べることで、酵素を取り入れることができます。

代謝や消化の働きがアップすると考えられています。

唾液のパロチン

梅干しの酸っぱさで出る唾液には、パロチンというホルモンが含まれています。

このパロチンは若返りホルモンともいわれ、

アンチエイジングに効果があるといわれています。

さいごに

日本に古くからあるある梅干しなどの食品が、体のバランスを整えることに大いに役立っています。

日本の食生活には、気候風土に適した食品が多くあります。

日本人の体もそうゆう食生活に適した肉体になっています。

日本の食生活に則した生活で、美しくなれることが

改めて、証明されて来ているような気がします。

スポンサーリンク