地震・津波・大水などの予期せぬ自然災害に備える非常時に備蓄しておきたい防災用品は?

スポンサードサーチ

想定しておく災害は?

火山の噴火や地震、津波、大雪などの自然災害が大きくクローズアップされる時代になりました。

また、戦争の危機も考慮しておかないといけない日常です。

阪神淡路大震災、東日本大震災、近くは熊本の地震など、日本はまさに地震の起きる周期に入っているかの様相です。

今後、危惧されているのは、関東の直下型地震や南海トラフ大地震です。

いつ起こっても不思議ではないと言われています。

どこで遭遇するか?

一旦起こってしまえば、ライフラインはズタズタになり、復旧には長い年月がかかります。

行政の対応にも限界があります、というよりも緊急の時には全く役立たないでしょう。

被災すると考えられる場所は

①自宅

②職場

③通勤途中

④その他

状況を知る!

しかし、どこであっても何が起こっているのかを、出来るだけ正確に知る必要があります。

そして、知っている限りの知識で、想定しておくことも必要です。

東日本大地震の時に津波を予想した人は何人いたでしょうか?

もちろん、三陸海岸の人達は津波の危険性を知っていました。

しかし、南関東方面ではあまり実感が無かったのでは無いでしょうか。

そして、福島の原発がメルトダウンするなど夢にも思いませんでした。

そして、政府自体も正確な情報を出しませんでした。

今考えれば、アメリカなどの外国の情報が正確だったと感じます。

情報がない時、何で判断するの?

もし電波が繋がっていれば、テレビやラジオや防災無線が有効です。

SNSで情報を集めるのもいいですね。

がせねたやフェイクニュースも多くありますので注意は必要です。

自宅で準備、備蓄するものは?

自宅で準備しておくべきものは、

第一に、ヘルメット、懐中電灯、ラジオ、マスク、救急箱、消化器などですね。

スポンサードリンク

病気を持っている方は、お薬も必要です。

次に食料品です

ガスや電気、水道が使えないことを前提に品ぞろえをしなければいけません。

そして家族が最低3日間は生き延びられる量を確保する必要があります。

災害復旧で行政が動き出すまでの間は、自前で賄わないといけませんからね。

保管場所は堅牢な構造の取りやすいところと、自家用車にも一部保管することが肝要です。

また、病人やアレルギーのある人は特に注意が必要です。

場合によっては、何も食べられないという状況になります。

どんな食料品が必要か?

まず、水です。

人間は一日に約2リットルの水を必要とするそうです。

家族の人数分×3日は最低必要です。

次に食べ物です。

これについては、いろいろなタイプの食品が出ています。

ガスや水道、電気が使用できない状況で食べられるものが理想です。

避難生活が長期化することも考えておく必要があります。

そうなると、暖かい美味しい物も必要ですね。

水を入れるだけで発熱し、温かく食べられる物もあるそうです。

さいごに

来るのが近いと言われながら、いつなのか判らない災害です。

準備万端の態勢に備えをしましょう。

そうすれば、災害が来ても覚悟ができています。

20数年前の神戸の震災のときに、神戸沖から市内を見ていました。

神戸に着くフェリーに乗っていたのです。

しかし、桟橋が壊れていたため、船は大阪に直行しました。

あの時、長田地区が燃え盛るのを呆然と眺めていたことを思い出します。

スポンサーリンク