真夏の天体ショー2018年火星大接近!南東の空にロマンがあるか?

スポンサードサーチ

2018年7月31日に火星が地球に「大接近」に近い距離で接近します。

今回の最接近時に、火星との間の距離は5,759万キロメートルです。

6000万キロメートルよりも近い距離まで近づくのは15年ぶりです。

火星の大接近

火星は約780日(約2年2カ月)の周期で地球への接近を繰り返しています。

地球の軌道はかなり円に近い形をしていますが、火星の軌道は楕円形です。

接近の周期がちょうど2年ではなく、2年2カ月であるため、

火星と地球が接近する位置は毎回ずれ、距離も大きく変わります。

火星の直径は地球の半分程度と小さいので、遠い時は表面の様子をよく観察できません。

火星の接近というと最接近の日ばかりが話題になります。

しかし、最接近前後の数週間は、地球と火星の距離はそれほど変わりません。

地球との最接近を迎えるこの夏は、火星が大きく見えるため、観察の好機となります。

クレジット:国立天文台

火星はいつ、どこに見える?

それでは火星はいつ見えるのでしょうか。

星座でいうと火星は今、やぎ座にあります。

東京の場合、7月31日に火星は18時51分に東から昇ってきます。

そして23時32分に南中し、4時18分に沈みます。

ですから、一晩中見えているのです。

クレジット:国立天文台

肉眼での見え方

火星大接近の夜、火星の明るさは-2.8等と非常に明るくなっています。

21時ごろ南西の空に見える木星ですら-2.2等ですから、

夕方見える金星を除き、どの星よりも明るく輝く星だと言えます。

しかも火星は独特の赤い色をしています。

軍人の星としてマーズ(MARS)の名で呼ばれるのもうなづけます。

赤くて不気味なほど赤く光る星が火星です。

占星学の火星のイメージ(戦闘の神アレス)

火星には戦闘の神アレス(英語名マース)の名前が付けられています。

基本的な意味は積極性です。

火星はその名のとおり、火の星です。

つまり熱狂的な情熱と闘争心の世界なのです。

年齢でいうと、2歳から3歳までのエネルギーで満ち溢れています。

疲れを知らず、自分お好きなものは駄々をこねてねだり、なんにでも興味を示す。

スポンサードリンク

大変幼く、アクティブできかん坊的なイメージですね。

火星からはそんなエネルギーが出ているのです。

弱気になっている時には、火星の波動を頂くのも良いかもしれません。

闘争心がフツフツと湧いてくるかもしれませんね。

火星のスピリチュアルエッセンス

二歳から三歳までの、疲れを知らない子供の霊的波動を持つ星。

剣の意志力、ここ一番の情熱や闘魂、

貫いていくファイティングスピリッツ、

積極的プラス要素を授けてくれる星。

たちばな出版 「星座の伝説」参照

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆願いがかなう!星座の伝説 / 深見東州/著 / たちばな出版
価格:1728円(税込、送料別) (2018/3/31時点)

火星に関するその他の言い伝え

ヒンズー教ではアンガラカと呼ばれる災いの神です。

古代バビロニアではネルガルと呼ばれ、災いと疫病と死を司り

太陽を滅ぼす力があると信じられていました。

中国ではケイ惑(けいこく)と呼ばれ、人心を惑わす星です。

さいごに

火星のイメージが固まりましたか?

地上にそのパワーが降り注いでいるのです。

火星が地球に接近するということは、そのパワーも強くなっていると思いませんか?

火星からパワーをもらって、パワフルに行動するのも良いですね。

スポンサーリンク