お婆ちゃんの痴呆症、不敬ですが老人介護で思う事

スポンサードサーチ

我が家のお婆ちゃんはまだ85歳です。

お爺ちゃんの死後でもしばらくは元気でした。

一人で何でもしょい込む性格が災いしてパンクしました。

直接の原因は背骨の疲労骨折です。

そして、最大のライバル小姑の死です。

生きる張り合いを失ったようです。

ハブとマングース

叔母についての情報は、お婆ちゃんから入ります。

誰が見ても凄い叔母さんだと思っています。

従兄の話では、どっちもどっちだぞといいます。

うちの母親も凄いけど、お前の所の叔母はんも…。

我が家のお婆ちゃん、対外向けに対しては凄いらしいです。

お互いに勝ったり負けたり、悔しい思いをしていたみたいですね。

そして、子供に愚痴っていたのです。

しかし二人とも身内の子供には優しかったのですよ。

不仲なのは、二人の間だけでした。

老人介護

現在は介護の話を進めています。

不遜ですが、亡くなった時のことも考えています。

本人も早くあの世に行きたいと言っていますが、行けません。

きっとあの世のおじいちゃんに嫌われているのでしょう。

我が家の宗教

我が家の宗派は浄土真宗西本願寺派です。

いわゆる門徒です。

ご本尊は阿弥陀如来さまなのです。

私の田舎では、お金持ちの家は真言宗が多いようです。

貧乏人は門徒が多い…らしい。

我が家は貧乏な門徒、位牌は本来必要ありません。

その代わり過去帳というものがあります。

しかし、我が家では位牌もあります。

近所の家が真言宗で位牌があり、カッコいいからです。

また、仏さんの真言(マントラ)が唱えられる。

住職は位牌は必要ないんですけどね~とは言います。

しかし、お寺さんはこだわらずに対応してくれます。。

浄土真宗は「南無阿弥陀仏」でいいのです。

日本の仏教観

真言宗は空海さんが開いた貴族の仏教と云われています。

それに比べて、浄土真宗は社会の底辺の人々を救う仏教という側面を持ちます。

かたや平安仏教、他方鎌倉仏教になります。

日本の国の平安を祈る密教、真言宗です。

鎌倉初期の疲弊した衆生を救わんとする仏教、浄土真宗です。

スポンサードリンク

無学の人や女人が救われるには、難しい教義ではダメなのです。

やさしく簡単のものでないと入っていけません。

南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経

南無は帰依しますという意味です。

そうです阿弥陀仏、即ち西方浄土にいる阿弥陀如来さんに帰依します。

南無阿弥陀仏と一心に念仏を唱えれば阿弥陀如来さんが救ってくれるのです。

信じる者こそ救われるのでしょう。

いわゆる、他力本願ですね。

南無妙法蓮華経は妙なる教えである蓮華教に帰依しますとの意味になります。

要するに法華経に帰依します、のことらしいです。

日蓮さんが千葉の小湊誕生時で日本第一の知恵者鳴らしめ給えと祈願したところ、

朝日とともに、南無妙法蓮華経と悟りが降りてきたらしいです。

仏様に私を立派にしてください、その分いいことしますよとアピールしてるのです。

よく言われる自力本願ですね。

これは学問が無ければ、そんな発願できないですよね。

どちらにしても困った!

話せばわかるのであれば何か打開策が期待できます。

でも、おばあちゃんの頭の中は、五里霧中みたいです。

我が親ですので、性格は把握しているつもりですが…。

昔から、都合が悪くなると話題を変える癖があります。

今は、意識して話題を変えているのか、痴呆なのか判断に困ります。

痴呆ではあるけれど、体力はありそうです。

大人しくしていません。

葬式は?

お婆ちゃんは家族葬で良いと言います。

私も家族葬でいいと思います。

田舎ですので、まともに葬儀を営めば、お返しが大変なのです。

家と家との付き合いもありますし、不仲な親戚もいます。

しかし今は痴呆気味のお婆ちゃんを何とかせねば!

まとめ

お婆ちゃんの老人介護は始まったばかりです。

食事も自分で食べることができます。

トイレも自分で行こうと思えば行けます。

オシメは必需品です。

お風呂は入れてあげないと、自力では無理です。

さてさてどうなりことやら、始まったばかりです。

スポンサーリンク