北寄貝の缶詰で釜めし二合を炊いてみた、シンプルですが美味い!

スポンサードサーチ

この週末は妻がいません。

黙って家を出て行きました。

もう帰って来るな…。

冷蔵庫には2日分の食事のレシピが置いてあります。

素材も準備しています。

今回はヤマモリの炊き込み御飯の素とお米を準備しています。

息子と食事会議をします。

土曜日は私の当番で日曜は息子が担当する事にしました。

炊事当番

ちょうど北寄貝の缶詰がありました。

これを入れて釜めしにしようと思います。

しかし、困った事にヤマモリの釜めしは鳥ご飯なのです。

鶏めしと北寄貝は合いません。

そこで以前除けてあった釜めしの調味液を使います。

この調味液は鯛めしの素の調味液です。

鯛めしの素

鯛カマのレトルトと調味液をセットにした商品です。

カマのレトルトはビールのツマミで食べてしまったのです。

当然、調味液だけ残っていたのです。

この調味液、結構美味しいのです。

干物を釜めしにするには最適なのです。

スポンサードリンク

沼津あたりでは干物のレトルト商品が多く売られています。

その中で、特に金目鯛にはよく合うのです。

金目鯛の干物はレトルトしてあるので、骨まで食べられます。

今回はその調味液と北寄貝の缶詰で、釜めしを炊きました。

北寄貝の缶詰には大きい北寄貝が2個綺麗に入っています。

作り方は簡単

1、お米2合を洗う

2、北寄貝の液と調味液を入れる。

3、水加減を2合に合わせ、その上に北寄貝を置く。

4、ここで少しお塩を一つまみ(お好みで!)

なんとも贅沢な釜めしのできあがりです。

妻がいる時には絶対にできない釜めしです。

だって北寄貝が2個しかないのですからね。

今回は大豆も適当に入れてみました。

神社でもらった、ご神気入りの節分の豆です。

妻がいると出来ない事です。

また、ややこしいものを入れて!

と、怒られます。 ( ̄▽ ̄)

さいごに

実はホタテの缶詰も持っているのです。

これは市販のホタテ釜めしの素に入れるだけでいいです。

市販のホタテ釜めしで美味しいのがあるからです。

次回はホタテに挑戦してみます。

ただし、妻がいない時です。

スポンサーリンク