前立腺肥大の疑い!夜中にトイレ頻尿の男性は医者に行くべきですが…

スポンサードサーチ

近頃どうも夜中にトイレに行くたくなります。

朝まで持ちません。

そしてオシッコが我慢できなくなる事がたまにあるのです。

女性は尿道が短いからトイレが近いとか、

中年になると筋力が弱るからトイレが近いと聞いたことはあります。

男性にもあるんですね。

普通ならぐっと我慢すれば、止めれます。

しかし意志に反してチョロッと出ちゃうんですね、ショック!

これまでは前立腺なに?関心なかったのです。

そこで、男性特有な前立腺肥大のことを知りました。

調べてみると

前立腺肥大症の頻度は、年齢とともに高くなります。

50歳からより増加します。

組織学的な前立腺肥大は、30歳代から始まっているそうです。

50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%だそうです。

男性のほぼ9割は経験するのですね。

前立腺の肥大と排尿症状などで、治療を必要とする人は、その1/4程度らしい。

肥満、高血圧、高血糖および脂質異常症と前立腺肥大症の関係が指摘されてます。

メタボリック症候群との関係についても疑われています。

肥満、脂質異常もろに当てはまります。

しかし、男性の10%は関係ないのですね。

遺伝でしょうか、食生活?

野菜、穀物、大豆などに多く含まれるイソフラボノイドが前立腺肥大症の発症抑制効果があるのは聞いた事があります。

喫煙やアルコール、性生活との関係は明らかでは無いそうです。

原因は?

前立腺が肥大する原因はまだはっきりとは解明されていません。

しかし、「男性ホルモンの働き」が関与しているらしいです。

男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化により、前立腺が肥大すると考えられています。

要するに男性機能の低下とともに肥大が進むのでしょうね。

肥大が進むから機能が低下するとも考えられますね。

精力絶倫の壮年期の男性には、きっといないのでしょうね。

ある意味、羨ましいですね。

イソフラボノイドを含む食品を食べていると予防効果がありそうです。

日頃の食生活も大いに影響するようですね。

前立腺肥大は、単に年取ったからではないようですね。

前立腺とは?

前立腺は男性だけにある臓器です。

前立腺は膀胱の下にあり、尿道を取り囲んでいます。

大きさはちょうど栗の実くらいで、形も栗によく似ています。

前立腺のわかっている働きは、前立腺液を分泌すること。

前立腺液は、精液の一部となり、精子の運動機能を助ける役割を果たしています。

年齢とともに子孫繁栄の意欲が低下し、必要とされないので機能が低下するのでしょうか?

我が身を振り返ると、さもありなん。

ひとえに、奥さんが相手にしてくれないだけですがね。

ちょっと待てよく似た症状?

調べていくと前立腺ガンのことも出てきました。

ガンになることもあるようです。

前立腺がんは、注意すべき前立腺の病気のひとつらしい。

前立腺がんの発生には男性ホルモンが関与してるそうです。

加齢によるホルモンバランスの変化が影響しているようだ。

前立腺がんは主に外腺(辺縁領域)に発生します。

早期に発見できれば、治りやすいガンらしいですね。

しかし、初期には自覚症状がほとんどないため、発見が遅れることがあります。

進行すると最終的には骨やほかの臓器にまで転移してしまいます。

早期に発見し、適切な治療を行うことが大切になります。

前立腺がんの早期発見するには?

前立腺がんを早期発見するためにはSPA検査をします。

PSAはprostate specific antigen(前立腺特異抗原)の略です。

前立腺から分泌されるPSAタンパクを測定するのです。

血液検査で血液中のPSAタンパクを測定するのです。

しかし、それだけでは良性の前立腺肥大症か前立腺がんか区別がつかないこともあります。

そんな時は、専門の泌尿器科医を受診し、直腸指診や超音波検査をします。

そして針生検の適応を決定するそうです。

エッ!針生検?

直腸に超音波探子を挿入し、がんと疑われる場所などから組織を採取するのです。

自動生検装置(バイオプティガン)にて針を刺入し、6箇所以上の組織を採取します。

採取した組織を顕微鏡で観察して確認します。

針生検は、会陰部(肛門と陰嚢の間の皮膚)から針を刺入する方法もあります。

どちらにしても痛そうですね。

頻尿を改善する方法

これは簡単です、お医者さんに行きましょう。

症状によって適したお薬があるそうです。

市販のサプリメントとか漢方薬とかもありますね。

どちらにしろ、素人判断は危険ですので重度の頻尿の男性はお医者さんへゴー!

と言いながら、サプリを探している私がいます。

ちょっと楽天で調べてみました。

やはり、漢方薬はツムラさんが有名ですね。

下記はツムラさんのホームページです。

ツムラ漢方八味地黄丸料エキス顆粒A

あとはクラシエさんの八味地黄丸ですね。

カネボウと言っていた時代が懐かしいですね。

私はクラシエの八味地黄丸の60錠を買って飲んでいます。

しかし続かないですね。

買っただけで効いたような気分になってます。 (о´∀`о)

まとめ

男性の約9割は80歳を超えると前立腺肥大になっています。

日常生活でオシッコが出にくいとか頻尿の程度により医師に相談が良いです。

そこで日常生活の改善ができます。

また、前立腺がんの早期発見もあるかもしれません。

食の欧米化で前立腺がんは増加しています。

今や、癌のベスト4になっています。

気になる人は早めにお医者さんへ行きましょう。

私はもう少し我慢できそうです。 (^_^;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする