2019年瀬戸芸は新たなる才能を生み出すか?新人発掘貴女は天才だ!

スポンサードサーチ

2019年は瀬戸内芸術博が行われます。

春夏秋の3シーズンです。

高松港には瀬戸芸用のトーテンポールが常駐しています。

今回も西讃岐の島々が参加いたします。

煮干しで有名な伊吹島も参加していますね。

自然と感性の調和が芸術を、文化を生み出します。

やはり一番の見所は直島でしょう。

瀬戸芸の期間中、直島行きのフェリーは満杯です。

盆と正月くらいしか満杯にならないフェリーが満杯なのです。

通勤通学の島民は大変だったでしょうね。 (о´∀`о)

この芸術の波は島の人たちをも刺激しています。

思わぬ人が思わぬアートを育んでいたりするのです。

もしかするとアーチストとして大飛躍するかも?

ある女性の目覚め

作品は水玉アートというかドットアートというか変なものです。

実用性はありません。

重し、文鎮の代用とのこと、アートなので…。

只今、作品を鋭意作成中です。

高松市の庵治の美術館での展示が決まっているのです。

その為創作作業に、仕事そっちのけで没頭しています。

横で彼女のお母さんが微笑んでいます。

旦那さんと子供さんは抵抗出来ないみたいです。

制作工程

素材は石とか木片とか海の恵みです。

流れ着いた廃材も考えていますが、とりあえず石です。

石に色をつけベースを作ります。

そこにドットでペイントするのです。

アクリル絵の具でポチポチと描いていくのです。

絵の具は用紙に出しておきます。

初めはマニュキュアの延長みたいものでしたが、素材が大きくなりました。

ドットも大きく肉厚になってきました。

これからもっと大きな素材になっていきそうです。

集中力を要する、結構繊細な作業です。

素材も石だけでなく板も始めています。

木の優しさのあるものがホノボノと良いです。

瀬戸芸にはどんな作品がくるのかな?

瀬戸芸が始まると、ずっと大きな作品がくるのです。

今回はどんな作品なのか楽しみです。

有名なのはアートの島、直島のカボチャでしょうね。

天才アーティスト草間彌生女史の作品「黄カボチャ」です。

中に入って遊びたい!

新人アーティストの作品群

続く〜

庵治石で有名な庵治の美術館での展示が楽しみです。

反響があるのか?無いのか?

その時のために、ブログでせっせと宣伝しておきますね。

スポンサーリンク