2019年2月3日節分に東北東を向いて恵方巻を食べるといいらしい本当に?

スポンサードサーチ

2月3日は節分、豆まきをして鬼を払い福を呼び寄せる風習があります。

近年は新しい風習として恵方巻が確立しました。

恵方(吉方位)を向いて太巻き寿司をがぶりと食べる習慣です。

2019年の恵方は東北東らしいです。

これは占い?、縁起担ぎ?不思議に思います。

恵方巻とは?

恵方巻という名称自体は業者さんが考えたものでした。

地域によって、節分に太巻き寿司を食べる習慣は昔からあったようです。

それも各家庭の事情によりますが…

そんな中あるスーパーさんが節分に寿司の丸かじりを始めてそうです。

結構反響があったので、今ではほとんどのスーパーやコンビニで扱っています。

これは節分に引っ掛けての縁起物として大ヒットしたわけです。

そして賢いコンビニさんが恵方巻と名付けて名物にしてしまったようです。

それもその年の吉方位まで割り出して宣伝しました。

ちょうどバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣に似ています。

年齢層を考えれば、はバレンタインを上回るイベントになっていますね。

吉方位(恵方)はどこだ!

2019年の恵方は東北東だそうです。

この恵方の根拠はなに?

調べてみると歳徳神のいる方向だそうです。

歳徳神は陰陽道で、その年の福徳をつかさどる神さまです。

この神のいる方角を恵方と言い、縁起がいいとされています。

歳徳神は幸運の女神様らしいです。

毎年違う方位を巡って、2019年は東北東にいるのです。

だから東北東に向かって恵方巻を食べると、幸せになるはずです。

東北東は暗剣殺!

気学では2019年の東北の方位は凶なのです。

それも暗剣殺といわれる最強の凶です。

暗剣殺は字の如く、暗闇から刃で襲われるような凶事です。

歳徳神かあん観察か、どちらを選択すればいいのでしょうか?

それとも気にしなくても良いのでしょうか。

歳徳神は陰陽道の神様でした。

古代に中国からはいってきた占術の思想です。

平安時代には陰陽師安倍晴明が有名ですよね。

時代が移るにしたがって、国家の中枢から遠ざかり民間信仰になっていきました。

明治時代になると明治政府は陰陽道は迷信だと決めつけてしまいます。

しかし、民間に広く浸透していたので今でも残っているのです。

気学は中国から入ってきたいろいろな思想のいいとこ取りをした日本の占術です。

しかし、基本は中国から入ってきた諸々の占術です。

その気学では2019年は東北は暗剣殺になります。

解決策!

気学は移動することで、その方位のエネルギーを受けると考えます。

吉の方位に移動すればプラスのエネルギーをチャージし、凶だと逆です。

だから、移動しなければ影響を受けないのです。

節分はたいてい、豆撒きなんかして家にいますよね。

スポンサードリンク

だから、恵方巻きを食べるときには移動していないのです。

閃きました!もし、吉方向に移動しながら、東北東を向いて恵方巻を食べると、

吉運が倍加するのではないでしょうか?

気学を使って開運だ!

バカバカしいと思うかも知れませんが、節分に飛行機や新幹線で移動する人もいるでしょう。

それが吉方向なら、恵方巻きを食べないと損ですね。 (о´∀`о)/

しかし気学は万人に当てはまるわけではありません。

九つに分類される、星ごとに吉方位分かれるのです。

結論から申しますと。

一白水星と九紫火星の人は南北の移動が吉です。

二黒土星、五黄土星、八白土星の人は東、西、東南、西北が吉です。

三碧木星、四緑木星の人は西、西北が吉です。

六白金星は東南

七赤金星は東

気学では距離と時間に比例して効果があるといわれています。

飛行機とか新幹線で移動する人は試してみてはいかがですか?

嗚呼っ間違えた!

気学では2019年八白土星に変わるのが、2月4日の12時15分からでした。

節分の2月3日は前年の九紫火星で観るのでした。

危ない危ない!節分は大晦日に当たるのですね。 (^^;;

しかし、それなら恵方も変わってきますよ。

南南東になりますけど…、おかしいな?

まあ、それであれば大丈夫です、問題ありません。

ただ南と北が暗剣殺、五黄殺ですので長距離移動は気をつけて下さい。

と言われても、注意しようがないですが…。

まとめ

節分の恵方巻は業者が考えた縁起物ですね。

しかし、楽しいから乗っかりたいと思います。

恵方も東北東でも南南東でも良いじゃないですか。

ゲン担ぎですから、気にせずいきましょう。

天下のセブンイレブンさんが東南東と言っているのですから、多分そっちが正解です。

メニューを見ていると七品目の恵方巻もあります。

これはきっと七福神を想定したものでしょう。

そして、2月11日は初午いなりの日だそうです。

蕎麦もメニューに入っています。

これは節分の翌日が立春で、旧暦では正月に当たります。

旧暦で節分は大晦日なのです、だから年越しそばだそうです。

よく考えてますね、笑っちゃいました。

恵方は歳徳神のいる方角です。

それは干支で割り出しているそうで、2019年は猪年です。

これで行くと歳徳神は東北東にいる事になります。

気学では立春から始まり、翌年の節分までが一年です。

要するに、太陰暦と太陽暦がゴッチャになって混乱したようです。

スポンサーリンク