骨粗しょう症の予防にキクラゲのビタミンDパワーが丈夫な骨に効果的らしいホント?

スポンサードサーチ

丈夫な骨にはキクラゲが必要だ!「風が吹けば桶屋が儲かる」理論!

人の体は加齢に伴いカルシウムの吸収率が落ちるといわれています。

そうなると、一般的に年配の女性は「骨粗しょう症」の予防に注意が必要ですね。

丈夫な骨をつくる

年齢を重ねると体の代謝が低下していきます。

それに伴い肉体的にも精神的にもパワーダウンしてきます。

そこで、代謝を低下させない努力が必要になってきます。

代謝を維持するには、ある程度の筋肉が必要です。

筋肉を鍛える必要が出てきます。

筋肉づくりにはたんぱく質の摂取が欠かせません。

鍛えた筋肉を有効に使うには、それを支える丈夫な骨が必要です。

骨の主成分はタンパク質とカルシウムです。

骨を強くするには適度な運動が必要です。

骨は刺激を与えられることにより、強度を上げようとします。

しかし、過激な運動は逆に傷害を招く恐れがあります。

高齢者の場合は専門家の指導を受けるのがいいです。

毎日軽いウオーキングを続けるだけでも、十分効果があるそうです。

必要な栄養素

健康的な体を考えると、丈夫な骨を維持しないとウオーキングもできません。

それにはカルシウムは欠かせないものです。

カルシウムが不足すると「骨粗しょう症」という病気になることもあるのです。

骨を強くする栄養素

骨の強さは、骨の密度と骨の質で決まってきます。

骨の密度の維持に必要な栄養素は、

カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンK、タンパク質

骨の質を守るのは

タンパク質、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸

逆に、リン(インスタント食品)、カフェイン(コーヒーやお茶)、食塩、アルコールの

過剰摂取は、カルシウムの吸収を低下させる恐れがあります。

ビタミンの働き

カルシウムは吸収率が低い栄養素です。

牛乳や乳製品で40〜50パーセント

小魚、野菜、海藻からは20〜30パーセントと言われています。

加齢によりもっと吸収率が下がると考えられています。

ビタミンDはカルシウムと同時に摂ることにより、吸収をサポートするのです。

吸収されたカルシウムは骨の維持に利用されます。

スポンサードリンク

ここでビタミンDとビタミンKは骨の形成をサポートすると考えられています。

カルシウムの骨への沈着に貢献しているのです。

栄養素を豊富に含む食材

カルシウムは乳製品、小魚、殻付きエビ、大豆、葉物類に多く含まれます。

ビタミンDは魚に多く含まれています。

しかし、キクラゲにはもっとダントツに含まれています。

キクラゲにはしらす干しの約7倍強のビタミンDが含まれています。

日光に当たることでビタミンDは作られますが、最近は日焼けを気にする人が増えており、

体で作られるビタミンDは不足気味です。

ビタミンKは納豆や青菜に多く含まれています。

体内でも生産されるのでそれ程気にしなくてもOKです。

ひきわり納豆>パセリ>しそ>モロヘイヤ>納豆>明日葉>シュンギク>ほうれん草

ビタミンDやビタミンKは脂溶性のビタミンです。

油と一緒に摂取することで吸収がアップすると期待できます。

オリーブオイルなどと使うのもお勧めです。

まとめ

骨の健康を維持するためには適度な運動が最も望ましいのです。

しかし、不規則な現代の生活においては困難な場面もあります。

そこで食事にも配慮をして骨の健康を維持していきましょう。

特にビタミンDはキクラゲに驚くほど多く含まれています。

カロリーも低く、食物繊維は豊富で、とてもヘルシーな食材です。

したがって、「骨粗しょう症」予防にはキクラゲがいいという結論になります。

食事においてキクラゲは脇役ですが、何にでも手軽にトッピングできます。

輸入のキクラゲは大半が中国産ですが、国産のキクラゲもあるのです。

中国産を気にする人は、目に見える品質の国産キクラゲをご使用してはいかがですか。

スポンサーリンク