ブックメーカー奮戦記 損ばっかりはマインドが弱いから?勝負事はビビります。

スポンサードサーチ

ブックメーカーをやってます。

賭け事は、博打は悪だ!身を滅ぼすと思っていました。

確かに、大きく儲けようと思えばどツボに入りそうです。

初めてのブックメーカー

数年前にブックメーカーアカデミーというコミュニティーでやってみました。

勝率は6割くらいという触れ込みです。

計算上では儲かるはずなのですが、資金が消えていきます。

一回負けると、チャラにするには約3回ほど勝たないといけません。

よく考えてみると、オッズの問題でした。

確かに勝率はいいのですが、資金が増えないのです。

試用期限が過ぎ、継続するには月に3万円必要というのでやめました。

儲かっていれば、続いているのですが…。

扱っていた業者さんは、BOSBET,bet365,William Hill,PinnacleSportsでした。

それぞれ特徴があって興味深いですが、英語です。

Google翻訳で訳してベットしてましたね。

私には無縁でしたが、儲かった時の出勤方法も勉強しました。

当時はまだネッテラー経由で郵便局で出金できたと記憶しています。

現在は銀行振込でしか出金できないようです。

しかし、私には無縁なもんですね。(涙)

2回目の挑戦

昨年は違ったグループでブックメーカーをすることになります。

好んで始めたわけではないのですが、選択肢の一つであったのです。

サッカー競技オンリーのベットです。

それもAlternative Match Goals限定です。

要するに、HiGH&LOW なのです。

オッズは1.01で、成功率が、なんと99パーセント以上なのです。

ベットする情報はLINEできますが、いつ来るかわかりません。

海外の試合が多いので、夜中もあります。

リアルタイムで反応しないと、オッズが変わります。

1万円が1万百円になりま、100万円だったら、101万円です。

100回ベットすると、2倍の200万になってます。

複利でやるので、実際に倍になるのはもっと速いです。

しかし、まともにやると寝不足になります。

そして、とてもではないですが、100万円は持っていません。

3回目の挑戦

今年に入って妻から借金返済勧告が出ました。

私のお金を返せ!泥棒〜

借金返済のため挑戦します。

初めはサッカーでした。

ハーフサイドリザルトと言って前半の勝ち負けを予想するものです。

今回のコミュニティーでも、情報がラインで配信されます。

これもすぐに対応しないといけません。

スポンサードリンク

ベットする頻度は少ないものの、その的中率は凄いものでした。

8割がたの成功です。

これなら勝てると確信しましたが、これがいけなかった。

サッカーだけだと、ベットする試合数が少ないので、テニスも種目に入ってきました。

また、これがいけなかった。

テニスのベットは面白いのです。

ついつい熱くなって、気がつくと資金が無くなっていました。

悩みに悩んで参加したのですが。

2週間の無料期間があると言えども、参加費用は月に3万円です。

月に4万程度稼げれば良いと思っていました。

しかし、世の中そんなに甘いのんじゃない。

初めから予想はしていましたが…。(^_^;)

反省

こういうのは私には向いていないのでしょうね。

ただでさえ大変なのに、月々3万円の出費は痛い。

退会を申し出て、これが最後とベットすると当たるんだよね。

bet365は意地悪ですね。

ビビるのがいけないのだけれど、致し方ない。

懲りずに実践中!

コミュニティーに参加するには月額3万程度必要です。

そこで、自分で考えてベットしてやれないものか考えました。

そして、今実践中です。

テニスで実践しています。

ゲームスコアでベットします。

10ドルからスタートします。

2ゲーム以上勝ち越しているサーバーに1ドルベットします。

もちろん、40−0、40-15、40-30の時にのみベットです。

賭け方は1-3-5-7-9の順番でベットします。

1で負ければ次は3です。

3で負ければ次は5です。

1-3-5-7-9-11-13…に順番でベットし、勝てば逆に戻します。

理屈的にはこれで負けるはずがないのです。

確率的に?、7回連続して負けることはまずないそうです。

何かの投資の本に書いてありました。

これを頼りにポチポチやっています。

しかし、欲心が邪魔をします。

これまでの成績は10ドルスタートで、150ドルまで伸ばしたこともあります。

そこで慢心したのがいけなかった。

色々なパターンが出てきます。

そこでついベットをして痛い目にあってます。

まとめ

ゲームとしては面白いですね。

知っている選手が出てきたら、つい贔屓にしてしまいます。

勝ってくれれば問題ないのですがね。

40-0から逆転されると大嫌いになりますね。(^∇^)

課題はレートを上げていったときの心理状態でしょう。

レートが大きくなると、かなりビビリます、痺れますね。

10ドルからスタートして1000ドルになれば、またご報告します。

スポンサーリンク