2019年木星がきた射手座の運勢と傾向、逆行真っ最中!お待たせ山羊座は2020年だよ準備はいいかな?

スポンサードサーチ

西洋占星術では、木星が射手座を通過する2019年、射手座の人は大開運のはずです。

棚から牡丹餅的なラッキーが期待できる12年に一度の大チャンスの年です。

実は密かに期待しています。 ♪(´ε` )

しかし、気分は大開運なのですが、現実は甘くないみたいです。

おかしいな?何故なのかな、調べてみました。

星座とは?

太陽系の外側の広大な宇宙にはたくさんの星があります。

それらは遠くにあるので私たちから見るとずっと同じ方角にあって動くことはありません。

そしてその星々は各部分部分でいろんな形を表しているように見えます。

昔の人はそれらに名前をつけて「星座」と呼びました。

現在では天球を88に区画してそれぞれを星座としています。

西洋占星術で使うのは黄道12星座といわれる星座です。

太陽がどの星座にあるときに生まれたかで自分の星座が決まります。

これはあくまで太陽にスポットライトを当てているだけです。

天体の逆行

占星術において天体の逆行とは天体が逆行しているように見えることをいいます。

私たちからそう見えているだけで実際に逆行しているわけではありません。

天空を12分割し12星座を割り振り、その一つが射手座です。

木星が蠍座から射手座の領域に入ってきたのが、2018年の11月です。

2019年は木星が約一年かけて射手座の領域を進むのです。

木星は射手座の中を順行するだけではありません。

4月の11日から8月の11日までは逆行する期間です。

他に逆行する星は水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星です。

太陽と月は常に順行しています。

逆行で現れやすい事象

水星の逆行期には物事がスムーズに進みにくい忘れ物しやすい

金星の逆行期は恋愛やお金に関することでのトラブルが出やすく復活愛や再会再炎、不倫など

火星の逆行期はやる気が出なかったり、口論や喧嘩などに発展したりなど。

スポンサードリンク

順行が良くて逆行が悪いという感じです。

しかし、木星の逆行期は少し意味合いが違います。

木星自体が大吉の星であまりマイナスのイメージがありません。

この逆行期は、より良くするする為の見直しや修正の時期です。

エネルギーを蓄える時期ともいえます。

木星を利用する

木星が通過する一年はあっという間に過ぎてしまいます。

人によっては知らないで過ごすします、もったいない事です。

もちろん人によっては良い時期なのに、悪いことばかり起こる人もいます。

それは他の星の配置で起こるのですが、その程度で済んでいるかも知れませんよ。

土星の試練をもろに受けるよりはだいぶマシなはずです。

占いを良く知っている人にはこの時期にボランティアを始める人もいます。

木星は、成功、繁栄、発展、拡張を表し、高度な学問、精神性を表す星です。

この木星の恵みを無駄にしたくない、人のために役立てたいと思ったそうです。

棚ぼた式の幸せでも良いですし、前もって準備しておくのもいいでしょう。

また、その幸せを発展的に利用するのもいいですね。

木星でラブキャッチ!

人の縁というのは分からないものですが、木星を使うとぴったり当たるのです。

恋愛や結婚を占うときには本当に当たってしまいます。

一生涯のパートナーになる人とのご縁や結婚に結びつく恋が期待できます。

片思いの人は思い切ってアタックすればラッキーです。

要するにモテモテの時期で、恋愛や結婚がスムーズにいくのです。

以上のように、恋愛に関しては、女性に大きな恵みを与えてくれます。

男性の恋愛事情は少し複雑です。

恋愛結婚について、男性の場合は月の星座に木星が入った時で見ます。

月は妻であり母親を表すので、その時期に相応しい女性が表れるのです。

結婚している男性は愛人などを作らないように…。

山羊座の人へ

木星は2019年の末から山羊座に巡ってきます。

今はあまりパッとしないかもしれませんが、しばらくのガマンです。

今の頑張りが来年の大開運を大大開運にしてくれるはずです。

ひたすら努力が大切です。

そしてシークレットに進めていきましょう、人に漏らしてはいけませんよ。

人に意中の人の事を「話す」ことは、「離す」に通じますから注意ですね。

あなたにツキが回ってくるのは、2019年年末からの一年間です。

まとめ

自分の星座に木星が巡ってきた時は棚ぼた運が期待できる最高の時期です。

女性にとっては恋愛成就、結婚に結びつく時期です。

男性にとっては社会的な成功や金運が期待できるラッキーな年になります。

新しいスタートを始める年、心機一転をはかるには絶好の年です。

思い切って飛び込めば、木星が援護してくれるはずですよ。

スポンサーリンク