平成の30年間、食品・日用品の動向が示す、令和の御代はどうなるの?

スポンサードサーチ

平成の30年間の食品や日用品の動向はどうだったのでしょうか。

日経新聞がスーパーマーケットで扱う1600品目の価格動向を調べました。

その結果、なんと45%の品目で値下がりしていました。

この間にプライベートブランド(PB)は5割増えています。

これは節約志向の消費者を取り込んだからだと考えられます。

知り合いの主婦はイオンが大好きです。

理由は安いからだそうです。

平成の30年間の分析

日経新聞では、全国のスーパー460店の価格情報を収集し、

比較可能な約1600カテゴリーを集計対象としていました。

この30年間で消費者物価指数は一割強上向きました。

しかし、これは特売やPB商品を一部しか反映していません。

そこで特売やPB商品も含めての価格水準を調べています。

値下がりした品目が742品(全体の45%)

値下がりの品目としてはペットフードが6~9割値下がりです。

次いで、文具や洗剤で3~6割に値下がりしています。

中国などへの生産シフトが寄与していると思われます。

特売の目玉商品になる商品の値下がりも目立ちます。

例えばペットボトル飲料で6割前後の値下げです。

箱入りティッシュで4割程度です。

値上がりしたのは896品(55%)

高機能化や健康ブームを取り込んだ商品が多いです。

例えばシャープペンシルは2倍超になっています。

次に、シリアルは5割値上げとなっています。

スーパーの店頭価格が上昇しにくい理由

PB商品の定着が理由の一つと思われます。

PB商品は、1989年の時点では857品目でした。

2018年には1270品目になっています。

1997年の消費増税後に商品数が増えています。

2001年には1292品とピークになっています。

そして、いったんは減少しますが、2014年の消費増税前後にまた増えています。

PB商品はナショナルブランド(NB)商品と比較して3~4割も安いこともあります。

これは、消費者にとっては出費を抑える強い味方になっています。

メーカーにとってPB商品はもろ刃の剣です。

量を売らなければ利益圧縮を招きます。

そして、安いPB商品がNB商品と競合するからです。

過去10年で食品メーカーは25%減少しています。

体力のない食品メーカーが淘汰されているのです。

令和元年、値上げの春?

スポンサードリンク

人件費や原料費の高騰で多くの食品の値上げが予定されています。

しかし、出費増に対して消費者の目はシビアです。

そして10月からは消費増税が予定されています。

そうなれば、なおさらスーパーの店頭価格の値上げはやり難いですね。

メーカーが値上げ発表しても店頭で価格に反映されるかどうかはスーパーの裁量になります。

スーパー間の競争もあり、なかなか難しいです。

メーカーは値上げを発表しないとスーパーから値上げの承諾を得られません。

スーパーはメーカーの値上げを極力認めたくないのが本音でしょう。

社会的に共感を得ずに値上げに踏み切ると、商品カットは目に見えています。

また、消費者の商品離れも容易に想像できます。

まとめ

高くても売れるもの、高いと売れないものがあります。

また、量を売らないと利益が出ないのもと利益は出るが量は出ないもの。

商品の特性を生かした販売戦略がより一層求められます。

メーカーとすれば、消費者に愛される商品作りになるでしょう。

スーパーとすれば、競合店に負けない店頭価格や品揃えが求められます。

5月から始まる新時代、令和のトレンドはどうなるのでしょうか?

世界情勢を見ても、いつ何があってもおかしくない時代に突入しています。

そこで生き抜く叡智を絞り出せなければ淘汰されるだけです。

※日経新聞が示したデーター

値下がりした品目742品(45%)

犬用ペットフード       76%
絵具             69
ペットボトル入りコーラ飲料  59
生理用ナプキン        47
魚肉ハム           37
食器漂白剤          33
チューハイ          24
食パン            17
トイレットペーパー      13
白砂糖            11

値上がりした品目896品(55%)

ダイエット食品        4.3倍
マスク            3.3
シャープペンシル       2.2
子供用歯磨き         60(%)
ブルーチーズ         35
サバ缶詰           27
缶入りトマトジュース     20
ゴキブリスプレー殺虫剤    16
低カロリー甘味料       15
甘酒             10

スポンサーリンク