武の神剣の神すごく強いパワーの神鹿島神宮と香取神宮

スポンサードサーチ

茨城県南部にある鹿島神宮は、日本一の大河、坂東太郎利根川の河口の近くにあります。

対岸には同じく武の神である香取神宮があります。

鹿島神宮のご祭神・武甕槌大神は天照大御神の命を受け降臨しました。

国譲り

鹿島神宮のご祭神・武甕槌大神は天照大御神の命を受け降臨しました。

日本の国は天照大御神の国であり、天孫がしろしめすところだったのです。

当時に日本を治めていたのは大国主命でした。

武甕槌大神は天照大御神の命を受け、大国主命に国譲りを要求します。

これに対して大国主命は、私は隠居しているので、息子たちと相談してほしいと伝えます。

そこで、武甕槌大神は、大国主命の息子の一人、事代主と交渉します。

事代主命は節度と冷静さを兼ね備えた神でありましたので、国を譲ることに同意します。

ところがもう一人の息子、建御名方命は国譲りに猛反対します。

建御名方命は武甕槌大神に力比べを申し出ます。

しかしながら、武甕槌大神の絶大なるパワーに押され、諏訪の湖畔で降参しました。

大国主命は二人の息子が、武甕槌大神の軍門に下ったことを知ります。

国譲りに納得し、海上に青芝を敷いて自殺したと伝えられています。

鹿島神宮の始まり

鹿島神宮を創建したのは、東征で知られる神武天皇と云われています。

神武天皇は武甕槌大神とフツノミタマノ剣を奉るために鹿島神宮を作ったのです。

鹿島神宮は古代から大和朝廷の神事を司る一族である中臣氏の氏神でした。

中臣鎌足は天智天皇に協力し蘇我氏を打ち破り、その功績で朝廷に重く用いられます。

中臣氏が、朝廷近くの奈良に鹿島神宮の神を移し、建立したのが春日大社です。

中臣氏は藤原氏に改め、ますます重用されていきます。

その栄華もたらしたのが、鹿島神宮への信仰の賜物と言われています。

権力を保つ神

歴代の首相の中で長期政権を保持したのは故佐藤栄作元首相です。

今の安倍首相のお爺さんにあたる、岸元首相の弟になります。

佐藤内閣は鹿島の神の加護があったればこその長期政権だったのかもしれません。

佐藤栄作氏は信仰深い人で、川崎大師においては観音像を寄贈しています。

そしてマスコミ嫌いでも有名です。

鹿島神宮は皇室においても、頼りにされている神社と云われています。

本来、天皇家は神社に参拝せずとも、神様から来てくださる家柄です。

しかし、皇后陛下がお忍びで来ておられたとか?

スワ一大事

建御名方命は武甕槌大神の絶大なるパワーに押され、恭順の意を示しました。

スポンサードリンク

以後、天孫が危機に見舞われたときには全身全霊を賭してお助けすると誓いました。

「スワ一大事」はここから出た言葉ということです。

鹿島の神は神剣の布都御魂の剣をお持ちになっていたと言われています。

国譲りの折に伊奈佐の浜の沖に神剣を立て、その上にお座りになった形の姿を現しまた。

神武天皇東征の折には、自ら出向くことはないと、布都御魂の剣を授けられたとあります。

鹿島神宮では巨大な直刀神宝としていますが、2代目の伸剣と言われています。

初代の神剣がどのようなものであったかは古代の謎です。

香取神宮

香取神宮は利根川を挟んで対岸に位置します。

御祭神は経津主大神で創建は神武天皇18年となっています。

鹿島神宮について、日本書紀と古事記では記述が異なるのでなんとも言えません。

しかし、鹿島神宮の方が創建が早いのでより重要な神様だと考えます。

諸説ありますが、鹿島の神と同一神、もしくは息子神ではないかと想像します。

香取神宮の周辺には水郷の里が広がり、紫陽花や菖蒲が綺麗に咲きほこります。

草だんごは名物として有名です。

まとめ

古代の日本に置いて利根川下流は重要な地域だったのです。

それゆえ、武の神である鹿島の神と香取の神を配したのでしょう。

防人の歌にも歌われていますので、国防の要と推察します。

万葉集防人の歌

「霰降り鹿島の神を祈りつつ皇御軍に我は来にしを」

功徳は剣の霊威で守護してくれる神様でしょう。

香取の神も、同じ功徳ですが、フツフツとやる気を起こさせる神だそうです。

スポンサーリンク