ブラックホールの話題なぜ今なの?奉祝!令和元年新天皇誕生、新時代が始まる!

スポンサードサーチ

ブラックホールの撮影に初めて成功したそうです。

難しいことはわかりませんが、凄いことだと思います。

全ての物やエネルギーを吸い込むのがブラックホールです。

そこに到達した光や電波は吸い込まれて帰ってきません。

画像としては真っ黒になるだけだと思うのですが…。

ホロスコープ

人が生まれた瞬間の星の位置が書き込まれたものをホロスコープと言います。

星占いでは、そのホロスコープを使って占います。

一人一人のホロスコープの星の配置から、星のメッセージを読む解くのです。

星のメッセージの読み方は、占星術師によっても少しづつ違うもののようです。

感性で感じ取る部分があるからでしょうね。

例えば木星

木星は12年かけて天体を一周します。

星占いの12星座を12年かけて回るのです。

そして木星が廻ってきた星座の人は大変ラッキーなのです。

東洋の占いでも木星は歳星と呼ばれ大吉星なのです。

2019年は射手座に廻って来ています。

文句なく棚ぼた式のラッキーなことが起こりやすい時期なのです。

射手座の人は、とにかくアクティブに活動するべき一年ですよ。

ブラックホールは?

ブラックホールも天体にあります。

観測できる範囲内だけでも 1000億個くらいあるそうです。

しかし、見えないので人々の認識の中にブラックホールはありません。

だから、双子座にブラックホールが巡ってきたかといって、その影響は考えません。

厳密に言えば、巨大ブラックホールの要素も加味すればより正確な鑑定ができるはずです。

ブラックホールの数が多すぎるので、データーを出しようがないのでしょうか?

ブラックホールの象意は?

現在、知る限りにおいては、ブラックホールの象意は「落ちる、落下」です。

これは過去にブラックホールが話題になった時に起きた事柄から割り出したようです。


この記事などは非常に痛ましい事故です。

ブラックホールの落ちるという事象に当てはまっていますよね。

こじつけで済めばいいと思っています。

近々に、「落ちる」という事象が起きれば、ブラックホールの影響かもしれませんね。

時代は何が起きても不思議ではない時代に突入しているようです。

想定外などありません。

そう思って生きていくのが正解でしょう。

救いはあるのか?

2019年5月1日から令和の時代になります。

元号が変わり新天皇の御代になるのです。

目出度いことだと存じます。

この新時代を占うには、新天皇の運気を見るそうです。

もちろん要素とすれば内閣総理大臣の運気もありますが、天皇の方が比重が高いそうです。

総理大臣は任期が来れば変わりますが、天皇は変わりません。

皇太子殿下浩宮様はご結婚に際し、雅子さまに並々ならぬ情熱を傾けました。

熊野古道散策も実は熊野の神様に御成婚を祈願したのだろうと噂されていました。

その情熱が雅子さまのお気持ちを軟化させ、ご成婚に至ったと聞いております。

何事にも情熱なのですね。

その御成婚のパレードですが、遠巻きながら現地で見ていました。

あまりの人人人で最後には迷子になってしまいました。

まとめ

ブラックホールの撮影に初めて成功したことは素晴らしいことです。

しかし、みんなの意識がブラックホールに向かえば、その象意が顕現しやすくなるそうです。

それを思えば、喜んでばかりいられません。

何が落ちてきても大丈夫なように対策をせねば!

隕石や人工衛星が落ちてきたら困りますね。

「新天皇おめでとう」と、意識を新天皇の新しい時代が素晴らしい御代でありますように。

新天皇の素晴らしい運気が、日本の国民を幸せに導いてくれることを願います。

スポンサーリンク