高松花火大会2019どんどん高松はゆったりみたい穴場はどこ?有料でもいいよ!

スポンサードサーチ

高松花火大会どんどん高松は、サンポート高松で毎年8月13日に開催されています。

約8,000発の花火が打ち上げられる盛大なものです。

日程は8月13日の午後8時~午後8時50分の予定です。

8月12日から14日までの3日間はさぬき高松まつりが開催され、花火大会はその一部です。

当然、高松市内は相当の人出で混雑しています。

そこで、楽してゆったりと花火を楽しむにはどうしたらいいのか考えました。

大人であればどこでも良いのですが、小さいお子さんがいると大変ですよね。

また、デートであれば花火ばかりに気をとられるわけにも行きません。

早い者勝ちですが、そんな楽できる所があるのです。

それは有料のスペースですが、楽してゆったり花火を堪能できますよ。

有料で楽しむ!花火大会の場所は?

公共施設を使ったもの

サンポートホール高松 7階・8階「屋上広場」会場

8月13日(月)午後6時30分開場~花火終了まで

高松シンボルタワー タワー棟 8階「屋上広場」会場

8月13日(月)午後7時開場~花火終了まで

高松市立市民プール及び高松市ヨット競技場 花火大会の有料観覧場

海上から花火を見る

高松まつり花火大会の開催に合わせて、大型観覧船によるツアーが多数企画されいます。

臨場感あふれる究極の特等席から花火を楽しみたい方にはオススメです。

※注意:観覧船についての詳細は、それぞれのお問合せ先へ御連絡ください。
下記の情報は2018年のものですのでご注意ください!

高松市公式ホームページからの抜粋

フェリー会社名 客 数 係船場所 お問い合わせ先
国際フェリー株式会社 350人 (乗船時)
小豆島池田港
(下船時)
中央埠頭北側
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。株式会社読売旅行 高松営業所(外部サイト)
電話:087-834-4343
雌雄島海運株式会社 150人 第1浮桟橋 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。高松商運株式会社(外部サイト)
電話:087-822-2323
150人 第1浮桟橋
瀬戸内観光汽船株式会社 500人 中央埠頭北側 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。株式会社タビックスジャパン 高松支店(外部サイト)
電話:087-815-1600
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。株式会社タビックスジャパン 琴平支店(外部サイト)
電話:0877-75-5000
ジョイポート南淡路株式会社 400人 第2浮桟橋 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。株式会社穴吹トラベル(外部サイト)
電話:087-823-1666
一般社団法人瀬戸内緑の村公社 200人 第2浮桟橋(予定) 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。両備フェリー(外部サイト)
電話:086-274-1222
株式会社タコタコ海上タクシー 15人 第2浮桟橋 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。株式会社タコタコ海上タクシー(外部サイト)
電話:087-802-5720
30人 第2浮桟橋
30人 第2浮桟橋
40人 第2浮桟橋
大生汽船株式会社 140人 右の「お問い合わせ先」に
ご確認ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。山陽新聞旅行社(外部サイト)
電話:086-803-8220

ホテルに宿泊

花火を見るのに最も適しているのはクレメントホテルですね。

スポンサードリンク

部屋にもよりますが室内で優雅に観覧できます。

しかし、宿泊料は少々かかります。

すでにこの時点でいいお部屋は押さえられているでしょうね。

それなら、クレメントインです。

ビジネス仕様のホテルですので、クレメントより少しお安いです。

一階にはセブンイレブンが完備しています。

港に出て花火を楽しめます、混んでると思いますが…。

少し遠くなりますが、海岸沿いには

シャトーエスト高松

東宝イン高松

ホテル パールガーデン

ホテルマリンパレスさぬき

ついでに花火を見るケース

高松港から小豆島の土庄港行きのフェリーで、20時20分発の便があります。

小豆島町の草壁港行きのフェリーも高松港発20時30分があります。

このフェリーに乗れば花火はバッチリ見えます。

花火を楽して鑑賞するのであれば、小豆島まで往復してみるのも良いですね。

花火を打ち上げているすぐ側を通りますよ。

まとめ

花火を良い場所でみようと思うと、早くから場所の確保をする必要があります。

若い人はいいけれども、子供さんやお年を召した人には一苦労です。

少し出費はするけれども、有料席を確保しておくと安心です。

また、夕方小豆島行きのフェリーに乗り往復するのもいいですね。

これは本当の裏技だと思います。

スポンサーリンク