BBQの季節!アウトドアーで食中毒に気をつけろ!食中毒対策はいいですか?

スポンサードサーチ

2019年の大型ゴールデンウィークも瞬く間に終わってしまいました。

これからは、夏の日差しの中、屋外でBBQを楽しむ機会が増えてきますね。

食中毒を予防して、バーベキュー・アウトドアキャンプを満喫してもらいたいですね。

2018年GWの食中毒事例

2018年のゴールデンウィークに「肉料理を食する」という大規模な野外フードフェス

(来場者40万人@東京会場 ※主催者発表)がありました。

このフードフェスでは、「ハーブチキンささみ寿司」が原因で食中毒が発生しました。

このとき、患者ふん便から検出されたのは食中毒原因菌のカンピロバクターでした。

生の鶏肉には高い割合でカンピロバクターが付着しているのです。

フードフェスは全国5会場で開催され、「ハーブチキンささみ寿司」は東京会場だけでなく福岡会場でも販売していました。

患者数は東京で609名、福岡で266名、合わせて875名と大規模な食中毒となりました。

2019年GWの食中毒事例

2019年のGW中、4月から5月にかけて北海道でノロウィルスによる食中毒が多発しました。

網走市のレストランで、112人がノロウイルスに集団感染しています。

そのほか函館市の中学校や、倶知安保健所管内の保育所や、名寄保健所管内の高齢者福祉施設

など、様々な場所でノロウイルスの感染が発生しました。

ノロウィルスは冬のイメージがあるのですが、1年を通して発生しています。

お子さんや高齢者は命を落とす危険性もあります。

4月5月でノロウイルスとみられる食中毒は、北海道内で、15件432人に上っています。

BBQで想定される食中毒

BBQで調理する様々な食材に、食中毒の危険が潜んでいます。

お腹を壊すくらいでは、すまないこともあるので侮ってはいけません。

主な食中毒としては下記のものがあります。↓

●腸管出血性大腸菌

O-157、最悪脳症など合併症の可能性や命を落とす危険性もあります。

焼き肉チェーン店でもO-157の事故が過去にありました。

●E型肝炎のウイルス

北海道の患者数は全国トップクラスで、妊婦は特に注意が必要です。

重症化することもあります。

豚レバー、ジビエ、鹿肉、イノシシ肉もB型肝炎になりやすいので、気を付けてください。

カンピロバクター

スポンサードリンク

よく鶏に付着しているのが、カンピロバクターです。

「鳥刺し」などのイメージもありますが、

カンピロバクターという菌は…鶏の50~80%が持っているといわれています。

脚の早い食材でもあるので、しっかりと火を通すようにしてください。

●ノロウイルス・アニサキス

海産物好きな方も多いと思いますが、ノロウイルス・アニサキスの場合は、魚が新鮮でも安心できません。

アニサキスは幼虫が内臓から身に移動して、鯖とかさんま、サケ、イカとか魚に特に多い。

幼虫を取らないとなりません。

BBQで食中毒を防ぐためには?

1.焼く前は低温保存をしてください。

高温の外気中に長時間出しておくと、菌が増殖する恐れがあります。

焼く直前まで、クーラーボックスなどに入れ、保冷剤をしっかり入れてください。

2.中までしっかり焼く事が大事。

特に子どもが大好きなハンバーグや成型肉などは中までしっかり火を通すこと。

加工時に、菌が付着している可能性があります。

3.トングと箸は使い分けてください。

面倒でも…生肉用は生肉専用で!

よく焼き手の人がお皿に分けることがあります。

生肉をつかんでいる部分に菌が付着していると思ってください。

トングや箸は、生用と焼きあがったものとを分けて使うようにしてください。

ついついやってしまいがちな行為

冷凍食材は、出来れば冷蔵庫で解凍したものを使う。

解凍が進むと、菌が一気に増殖します。

どんどん気温が上がると菌が増殖します。

冷凍した肉は菌が全部死んでいるわけではない。

食材を冷やせば良いと過信は禁物です。

クーラーボックスに食材の詰めすぎはNGです!

ちゃんと保冷剤を入れ、隙間を作り、冷たい温度で8割位まで入れる。

焼けたものを網の脇に置くということはしない方が良い。

肉を追加した際に、その肉の菌が付着します。

そこに菌が付き、増殖してしまいます。

まとめ

楽しいはずのBBQですが、食中毒になれば地獄です。

特に子供さんがいるお家では十分に注意をしましょうね。

スポンサーリンク