サッカー選手がタトゥー(入れ墨)を入れて温泉に行くと肝炎になるは本当?

スポンサードサーチ

海外の一流サッカー選手の中にはタトゥー(入れ墨)を入れている人が多いのです。

これはネックレスなどアクセサリーの装着がが禁止になったことも影響しているようです。

しかし、そんな風潮の中でタトゥー(入れ墨)を拒否している選手がいます。

代表的な選手はクリスティアーノ・ロナウドです。

子供達に献血をするために、タトゥーを入れないという理由です。

タトゥーを入れて温泉に入ると感染症から肝炎になることがあるそうです。

感染力が非常に低いものですので、ほとんど問題にはなりませんが、禁止されています。

これはタトゥーを入れる環境の衛生状態を考慮したからと思われます。

タトゥーを入れていると献血ができない?

タトゥーを入れてから少なくとも半年~1年間は献血はできない」

赤十字血液センターでは、はっきりと記載されています。

タトゥーを入れると、肝炎などのウイルス感染が起る可能性があるからです。

これはタトゥーを入れる際に、針に血液が付着するためです。

しかし、タトゥーを入れる針は高価ということで、消毒をして使いまわすことがあるのです。

この衛生管理のずさんさに原因があるのですね。

肝炎等の病気は感染者の血液を介することによって感染するケースが多いのです。

そのために、少なくとも半年以上経過しないと献血は不可としています。

また、基本的に、献血同様に施術後、約半年以上は輸血できません。

「6ヶ月が過ぎていても問診医の判断が必要になる地域も存在するので要確認」

となっており、各自治体によって判断が異なることもありますから要注意です。

スポンサードリンク

お風呂、温泉もNG?

お風呂や温泉、プールでも「入れ墨お断り」の施設が多くあります。

これも感染症の影響からでしょうか?

こちらの方は病気の感染が主な原因ではありません。

一般大衆が入れ墨をしている反社会的勢力の人が怖いからです。

お客様に選択の自由があるように、お店にもお客を選択する自由があるのです。

「〇〇〇お断り!」

法律的には、入れ墨をしているからといって、断られる筋合いなないはずです。

しかし、一般的に入れ墨をしている人に反社会的勢力の人が多いのです。

だから、お店は一般のお客が不快に感じる刺青を禁止するのです。

タトゥーが流行しているわけ?

日本ではダーティーなイメージのある入れ墨なのですが、海外ではタトゥーとして人気です。

これには文化や歴史の違い、感性の違いなどが考えられます。

特にサッカー選手に受け入れられているのには理由があります。

それは試合中にアクセサリー類の装着が禁止されたことが影響しているといいます。

タトゥーには単にファッションという意味合いだけでなく、家族への思いもあるようです。

その証拠にネイマールのように家族を描きプレーしている選手もいます。

まとめ

タトゥーはサッカー選手にとどまらず、多くのスポーツ選手に受け入れらトレンドです。

またボディーアートとしても脚光を浴びています。

しかし想像してくだい、年齢を重ねていった時の事を!

時間とともに、考えも皮膚の状態も変わっていきます。

後で、シワシワの肌のタトゥーを!見て後悔しませんか?

スポンサーリンク