ミルクを作るのにウォーターサーバーは必要か?

スポンサードサーチ

プレゼント

初孫が生まれるので、何かプレゼントをと考えいますよ。

候補としてウォーターサーバーをリストアップしてみました。

水道水でも大丈夫なのだろうけれど、塩素を抜くには5分以上の煮沸が必要とか、トリハロメタンが云々、出来ることなら安全な水でミルクを作りたいですよね。

しかし水も、硬度が60mg/l以下のものでないといけないそうです。

ウォーターサーバーをせっかくプレゼントしても使ってくれなければ意味がないので、調べてみたよ。

ミルクの作り方

一度煮沸して高温(70以上)でキープしてあるポットを準備しておきます。

消毒した哺乳びんに、お湯を出来上がり量の1/2ほど入れます。

すりきりで正確にはかったミルクを入れます。

お湯が先でも、ミルクが先でもいいです。

哺乳びんが熱いので、清潔なタオルを巻くなどし、軽く振ってミルク粉を溶かします。

できあがり量まで70以上のお湯を加えます。

ニプルをつけて、さらによく溶かし、水につけ体温くらいに冷まします。

手順的にはこれでOKですよね。

水道水の問題

水道水には殺菌の為に塩素を使っています。塩素は煮沸すれば抜けますが、煮沸時間によっては、発がん性物質トリハロメタンが3倍に増えることが報告されています。

スポンサードリンク

そこでお勧めなのが、蓋をしないやかんや鍋による15分程度の煮沸です。もちろん汲み置きをして、日光に半日から一日当てていれば塩素は抜けますが、他の衛生面を考える事になります。

夜中に起きて、赤ちゃんのミルクを作る為に、毎日そこまで出来ますか?もちろん、可愛い赤ちゃんの為であれば、チャレンジするでしょうが、親のほうが参ってしまいますよね。現実的ではないです。私の場合は、妻がポットにお湯を用意してくれて、すぐに作れるように準備していましたね。今考えると、それでは塩素は抜けてなかったかもしれませんね。

塩素やトリハロメタンを除くには、一度蓋をしていないやかんや鍋で15封程度煮沸した水をポットに仕込んでおけばよかったのですね。

ウォーターサーバーは使える奴か?

ミルクを作るときに、煮沸した70℃以上のお湯で、水道水より安全な軟水を、手軽に衛生的に、哺乳瓶に入れられるのであれば、息子夫婦に喜ばれるかもしれない。

特に、冬の寒い夜中は大変だったことを思い出しますね。

それに、ウォーターサーバーは水を備蓄してあるのと同じことだから、何か天災が起こった時に役立つかもしれないしね。
赤ちゃんのミルクをはじめ、コーヒーや紅茶、日々のお料理、インスタントのスープ、お酒のお湯割などを作るのにも便利らしいです。

さらに、お水ボトルが定期的にご自宅に届くため、重たい水を運ぶ必要もありません。
このほか、お水ボトルをストックしておけば、いざという時の常備水になるといったメリットもあります。

問題はスペースですね。縦型は高さが130cm位までで、30×35cm位のスペースが必要です。卓上型もありますが、テーブルが狭くなるので、息子夫婦には縦型でしょうね。

ウォーターサーバー、色々ありますね

あるサイトのランキングです。

一位 コスモウォーター

二位 アクアクララ

三位 フレシャス

四位 プレミアムウォーター

五位 クリクラミオ

デザインとか価格とか天然水とかでランキングがありますよ。必要だと思うランキングでミルクを作るのに一番いいのを選びましょうね。

私は富士山が好きなので、富士山で探してみます。

スポンサーリンク