日本の国産ビールの発祥地は大阪?横浜?それとも札幌?気になります。

スポンサードサーチ

酒席において、まず始めにビールという人が多いですよね。

春夏秋冬オールシーズン、ビールは美味しいです。

こんなに美味しいビールの発祥地は?日本では何処なのでしょうか。

大阪・北新地に「国産ビール発祥の地」と書かれた碑がありますので大阪でしょうか。

しかし、実際は横浜らしいのです、間違いなく横浜です。

発祥地は大阪ではない

碑を設置したのは大阪市教育委員会です。

「大阪で初のビールが醸造、販売されたのは1872年の『渋谷(しぶたに)ビール』です」と言います。

明治政府が大阪に設置した通商司支署「関商社」の工業部門がビール製造を計画しました。

米国人醸造技師フルストを雇い入れましたが、計画は頓挫してしまいます。

そこで、大阪で綿問屋を営む渋谷庄三郎が計画を引き継ぎ、フルストの指導のもと日本人が醸造しました。

渋谷ビールは「川口居留地」(現在の大阪市西区)の外国人らに販売しました。

しかし、日本人には不評で経営は悪化し、1881年に庄三郎が亡くなると醸造所は閉鎖されてしまいました。

なるほど、日本人が作ったビールの発祥地は、碑のある大阪・北新地になります。

日本人が経営するビール工房の発祥地も大阪となります。

苦しい言い訳ですが、大阪が日本人が作ったビールの発祥地ですね。

日本で初めてビールが製造された横浜

実は日本で初めてビールが製造されたのは大阪ではなく、横浜・山手なのです。

大阪より早い1869年、ローゼンフェルトという人物が醸造所を開設します。

70年には米国人コープランドが醸造所を作り生産を始めました。

これが、のちのキリンビールにつながるのですが、会社組織としては別物です。

それゆえに、日本のビール発祥の地は横浜だといいます。

日本ビールの初期の歴史

1613(慶長18)年

イギリス船・クローブ号が平戸に入港し、積荷の中にビールがありました。

これが、日本にビールが入ってきた最古の記録となります。

他にもあったと想像できますが、資料がないのでどうしようもありませんね。

1724(享保9)年

『和蘭問答』に「麦酒給見申候処、殊の外悪敷物にて何のあぢはひも無御座候」

の記述があります。

日本人が書いたビールの味に関する最初の記録と言われています。

1788(天明8)年

蘭学者・大槻玄沢『蘭説弁惑』に「『びいる』とて麦にて造りたる酒あり。

食後に用るものにて飲食の消化をたすくるものといふ」と紹介しています。

1812(文化9)年

長崎・出島のオランダ商館長ドゥーフの『日本回想録』の記述によると、

ショメール編『家政百科』を参考にして、日本でビール醸造を試みたそうです。

しかし、ホップを持っていなかったので苦くなかったらしいです。

ここで成功していれば、日本のビールの発祥地は長崎だったのですね。

1853年(嘉永6年)

蘭学者川本幸民は、日本人で初めてビールの醸造に取り組んだ人物とされています。

幸民は、江戸で蘭学を学んだ後、物理・化学の分野の翻訳や執筆でも才能を発揮しました。

その過程で化学の実験を多数行っており、その一つとしてビール醸造にも取り組んだようです。

しかし現在、川本幸民がビール醸造を行ったことを記した資料が残っていません。

資料が残っていれば、日本ビールの発祥地は東京になっていましたね。

1869年(明治2年)

横浜山手46番地に日本初のビール醸造所「ジャパン・ヨコハマ・ブルワリー」が開設されます

経営者は居留外国人のローゼンフェルトで、技術者も外国人でした。

これにより、外国人による、日本でのビール製造の発祥地は横浜になります。

1872年(明治5年)

渋谷庄三郎 が大阪で「渋谷(しぶたに)ビール」を発売しました。

日本人によるビール醸造・販売の元祖です。

1874年(明治7年)

黒田清隆、開拓長官となり、外国人技術者の進言からビール醸造事業の展開を推進する。

1876年(明治9年)

官営の開拓使麦酒醸造所が、村橋久成の尽力によって札幌に設立され、開業式が行われる。

1877年(明治10年)

開拓使麦酒醸造所、東京で「札幌ビール」の払下げ。

1882年(明治15年)

開拓使麦酒醸造所が札幌麦酒醸造所と改称。

スポンサードリンク

キリンビールの発祥地

1870年(明治3年)にノルウェー系アメリカ人ウィリアム・コープランドが、日本で初めて大衆向けにビールを醸造・販売しました。

スプリング・バレー・ブルワリー(コープランドビール)」といいます。

1885(明治18)年 横浜山手の在留外国人たちは、ジャパン・ブルワリー・カンパニー

スプリングバレー・ブルワリーの跡地に設立しました。

ビール事業が将来有望であると考えたからです。

後に、岩崎彌之助(三菱社社長)をはじめ日本人9人も株主として参加しました。

ジャパン・ブルワリーは、本格的なドイツ風ビール醸造を志しました。

第1回目の仕込みが行われたのは1888(明治21)年でした。

外国法人であるジャパン・ブルワリーは販売代理店を、明治屋とします。

1888(明治21)年に「キリンビール」を発売しました。

その時のラベルは、三菱の荘田平五郎の発案で東洋の霊獣“麒麟”を採用しました。

その時のラベルのデザインは翌年6月に変更され、現在のデザインの原型となりました。

1880年代後半から中小規模の醸造所だけでなく、日本麦酒醸造会社など資本力を有する会社も相次いで設立されました。

さらに日清戦争後の好景気でビールの需要が高まると、各社は生産量を増やすとともに販売活動にも力を注いでいきました。

ジャパン・ブルワリーの国内総代理店、明治屋も「キリンビール」の拡販に努めました。

1900年代に入ると、ビール業界の様相は大きく変化していくのです。

1901(明治34)年に麦酒税法が施行され、多くの醸造業者は税負担で、淘汰されます。

1903(明治36)年の札幌麦酒会社の関東市場進出に端を発し、激しい競争を繰り広げるようになりました。

そこで、競争を回避するため、札幌麦酒・日本麦酒・大阪麦酒の3社が合同します。

市場シェア70%をこえる大日本麦酒株式会社の誕生です。

このときジャパン・ブルワリーも大日本麦酒から合同の提案を受けました。

当時のチェアマンは、明治屋社長の米井源治郎に相談し方針を決めます。

その結果、米井はジャパン・ブルワリーを操業状態のまま引き継いで新会社を設立することを決意しました。

三菱から人材と資金援助を得るなどして、1907(明治40)年に麒麟麦酒株式会社が創立されたのです。

三菱財閥傘下の日本国籍会社「麒麟麦酒」の誕生です。

キリンビールのラベルデザイン

キリンビールのラベルに採用されているのは中国の伝説の霊獣「麒麟」です。

麒麟は架空の霊獣で、神社の狛犬を模したものとの話があります。

沖縄でいえばシーサーみたいなものでしょうね。

西洋のビールは狼や猫など動物を描いたラベルが多かったそうです。

そこで、東洋の霊獣である麒麟を商標にしたのですね。

1889年のラベルデザインを提案したのは、長崎の『グラバー邸』に名を残すグラバーです。

麒麟は慶事の前に現れると言われ、おめでたいしるしと考えられています。

伝説では、他を慈しみ、思いやりを持った動物で“仁獣”とも表現されています。

また“天下泰平のしるし”とも言われています。

サッポロビールの発祥地

明治新政府は1869(明治2)年に北海道開拓のため「開拓使」を設置しました。

1871年、開拓の指南役をアメリカの農務長官ホーレス・ケプロンに依頼します。

開拓使はケプロンの指導のもと1882年までに30工場以上の事業が実を結びました。

その中にビール醸造が含まれていました。

1871(明治4)年、道内の調査において、岩内町で野生ホップが発見されます。

北海道の気候であれば多くのホップの収穫が見込めたそうです。

1865(慶応元)年 17歳の青年、中川清兵衛が横浜からイギリスに渡りました。

その後、ドイツに移り1873(明治6)年からベルリンビール醸造会社で修業をします。

当時のビール職人の労働は大変厳しく休日もほとんどなかったといいます。

1875(明治8)年8月、開拓使は麦酒醸造所を東京に建設し、試験醸造に成功すれば北海道に移設する予定でした。

しかし、麦酒醸造所建設の責任者は、北海道に建設すべきだと札幌での建設に変えさせます。

開拓使は1876(明治9)年に中川清兵衛を迎え入れ醸造所の建設に着手します。

9月「開拓使麦酒醸造所」が完成し、サッポロビールの歴史が始まるのです。

醸造所は木造2階建てで、建坪は260坪ほどでした。

現在施設はサッポロビール博物館として使用されております。

中でもサッポロビール園はレストランとして様々の料理を提供しています。

楽天旅ノート サッポロビール博物館

1880年に、はじめて道内産大麦で全量賄うことができました。

1881年、ようやく開拓使麦酒醸造所で使用するホップのすべてを道内産で賄いました。

まとめ

日本のビール発祥の地はどう考えても横浜ですね。

新しい資料が出てくれば、長崎になるかもしれません。

経営者が日本人となると大阪の渋谷ビールになります。

経営者と技術者ともに日本人で、純国産のビール発祥地といえば札幌になりそうですね。

銀座ライオンはそんなサッポロビールのホールです。

北海道のサッポロビール園では当時のビールを復刻しているそうです。

機会があれば是非寄りたい施設ですね。

札幌ではキリンビールのビアガーデンに行ったことはあります。

スポンサーリンク