2019年12月から運転中携帯使用の罰則強化で今後は取締強化されそうです!

スポンサードサーチ

2019年12月から道路交通法が改正されています。

しかし、ご存じない方も多くいるようです。

携帯スマホの運転中の使用で事故が多発しているので罰則が強化されました。

運転中にカーナビを2秒以上見続けるのも違反対象になります。

そして、事故を起こすと一発免停 さらに懲役や重い罰金も適用されます。

ながら運転事故データー

警察庁の調査によると、2018年 携帯電話やカーナビを見ているなどして起きた交通事故は

2790件で、2008年の1299件の倍以上にも上っています。

死亡事故率では、携帯電話を使っていない場合0.73%です。

これに比べて、“ながら運転”では1.51%と約2.1倍と高い割合を示しています。

ながら運転”で事故を起こすと一発で免停になります。

こうした状況から、“ながら運転”の罰則が厳しくなったのでしょう。

カーナビの注視に注意!

スマートフォンをカーナビ代わりに使用する方が最近増えています。

しかし、2秒以上注視していると違反に該当します。

運転中に携帯電話を手に持って通話や操作をしたり、画面を見続けた場合の違反点数は1点か

3点となり、反則金も6000円から1万8000円と3倍になりました。

また、“ながら運転”で事故を起こすと、違反点数6で一発で免許停止処分となります。

さらに、懲役や罰金が科せられることもあります。

運転中にカーナビなどの画面を2秒以上見続ける行為は、一般的には違反の対象となるのです。

時速60kmの車は2秒間に約33m進みます。

その距離はよそ見運転をすると危険な距離です。

しかし、後を絶たないのが“ながら運転”なのです。

厳罰化された12月1日以降も、よく観察するとスマホを持ちながら運転している人が多いですよね。

停車中から車が動き出してもスマホ操作を続けている、“ながら運転”も目に着きます。

“ながら運転”の厳罰化を知らなかった人もいるのではないでしょうか。

携帯電話やスマホを運転中に使用した違反

改正前は「5万円以下の罰金」でしたが、

改正後は「6か月以下の懲役、または10万円以下の罰金」と懲役刑に

違反点数は、「1点」から「3点」にアップ

反則金は普通車の場合、従来の6000円から1万8000円にアップ

(各車種ごとに約3倍に引き上げられます)

「ながら運転」が、交通事故に結びついた場合

改正前は「3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金」でしたが、

改正後は「1年以下の懲役、または30万円以下の罰金」に

違反点数は、「2点」から「6点」にアップ。つまり一発免停ということに

警察庁のHPに詳しいデータが掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください。

「やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用」
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/info.html

「携帯電話等使用(ながら運転)」の取締り件数は、年間約84万件。

道路交通法違反全体の14%を占めています。

「速度違反」「一時停止違反」と並んで、常に上位から3位以内にランクインしています。

「取り締まり」の実態

「ながら運転」の取り締まりは、どこで、どのように行われているのでしょうか?

一般道の場合

道路の端や横断歩道橋の上などに、『違反行為を見る警察官』(A)を置き、その先に、『違反車両を停止させ、切符を作成する警察官』(B)を置いています。

(A)と(B)は「無線連絡」や「手を上げる」などの合図をすることで、互いに違反車両の違反状態を連絡し合います。

パトカーや覆面パトカーの場合

パトカーや覆面パトカーで警ら中、違反行為を確認した際に、違反車両を停止させます。

高速道路の場合

インターチェンジや料金所などに『違反を確認する警察官』(A)を置き、別の『停止・検挙担当の警察官』(B)と無線等による連絡をおこなって、違反車両を停止させ、検挙します。

「ながら運転」をしていて捕まったドライバーが、「自分は絶対に携帯やスマホを使用していなかった」と強硬に言い張った場合

「その場合、あくまでも一般論としてですが、携帯電話の着信歴、発信歴を確認します。スマホの場合には、LINEやメールなどの送信、着信などの使用歴、アクセス時間などもその対象です。こうした確認を行ったうえで説明をしますが、それでも最後まで否認する場合には、否認のまま違反切符を作成します」

どうしてもスマホを使わざるを得ない場合は、必ず停車中に使うようにしてください。

車を停止させているときであれば、携帯電話やスマホ等の使用は基本的には違反ではありません。

画面を注視している場合

信号待ちのわずかな時間だと、かえって危険です。

法律的にはグレーゾーンになるかもしれませんが条例や警察官の心証もありますからね。。

ここで悪質な悪戯をする人もいるそうです。

画面に集中していますが、フェイントをかけられればつい動かしてしまうこともあります。

そうすると、信号が変わっていないのに発進ということにもなりかねません。

1秒か、2秒かを警察が外から見極めるのは、現実には難しいと思います。

この点については、各自が自覚するしかないですね。

時速60キロで走行している場合、車は2秒間で約33メートル進みます。

2秒間カーナビやスマホを注視するということは、その間ほとんど前を見ていないということになります。

電話での会話

走行中でも基本的にハンズフリーにしておけばOKです。

イヤホンやヘッドセットなどは、両耳がふさがっていてはダメです。

とにかく運転中は手で携帯やスマホを持たないよう、十分気をつけましょう。。

<関連サイト>

車種別の罰金や点数は、下記のサイトに一覧表でわかりやすく掲載されています。
『ながら運転・改正道交法施行令で罰則強化!罰則や反則金を解説。』(JAFメディアワークス)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする