知らないと損をするスイッチOTCは医療費控除の特例があるのです。

スポンサードサーチ

医療費控除の恩恵を受けられるのは1年間の医療費の合計が10万円を超える家族です。

一般的な家庭ではハードルが高いと思います。

そこで、知らないと損をするのが「スイッチOTC」です。

医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)です。

平成29年から平成33年(令和3年)の間適用され一年単位で申請できます。

市販薬(スイッチOTC)の購入金額の合計が、1万2千円を超えた場合に適用されます。

生計を一つにする家族が購入した市販薬(スイッチOTC)の購入金額の合計です。

超える分の金額の上限は、8万8千円になります。

スイッチOTCとは、医師の判断で処方箋がないと服用できなかった医療用医薬品の成分が、市販薬として販売することが許可され、薬局・ドラッグストアなどで購入できるようになった市販薬のことを意味します。

OTCとは、「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略で、

カウンター越しに物を販売するかたちに由来しています。

代表的なスイッチOTCでは、「ロキソニンS」や「アレグラFX」があります。

他にも、風邪薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・

関節痛の貼付薬などでも成分が該当するものがあります。

現行の医療費控除は知っていますよね。

一年の間に、家族で支払った医療費が10万円を超えた場合に申告できます。

10万円を超えた医療費の金額について、所得控除を受けることができます。

通常、なかなか医療費が10万円を超えることはありません。

妊娠・出産や歯の治療などで、10万円を超えるケースが多いようです。

医療費控除の特例

新しく導入されたセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、

より多くの方にとって、該当するケースが多くなると考えられます。

2017年より、国民自らが、自己の健康管理を進めるためにスタートしました。

セルフメディケーションとは、

「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」

と定義されています。

但し、セルフメディケーション税制が適用された場合は、

現行の医療費控除の適用を受けることはできません。

セルフメディケーション税制で注意点は、対象となる市販薬が限られているということです。

「スイッチOTC」は該当します。

代表的な「スイッチOTC」には、「ロキソニンS」や「アレグラFX」があります。

他にも、風邪薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・

関節痛の貼付薬などでも該当するものがあります。

税制の対象となる商品については、必要に応じて2ヶ月に1回更新される予定とのことです。

どの市販薬が該当商品なのか分からない場合は、薬剤師に相談するのが良いでしょう。

知らないと申告に向けて準備ができませんので、領収書を残しておくようにしましょう。

病院に行くまでもなく、ドラッグストアで市販薬「スイッチOTC」を購入し服用します。

その購入金額が1年間で1万2千円以上となった場合に申告できます。

申告の際は、レシートや領収書が必要となるため、保管しておきましょう。

また、記録を残しておくことが 申告時に役立ちます。

市販薬の購入は、自己責任となります。

ドラックストアなどの薬剤師に相談するのが良いです。

症状がひどい、症状が長引くような場合などは、医療機関で診察を受けることが大切です。

まとめ

医療費控除は年間合計で10万円を超える費用に対してなされるものです。

セルフメディケーション税制は合計が1万2千円を超えた「スイッチOTC」に適用されます。

併用はできませんので有利な方をチョイスしましょう。

詳しくは厚労省のホームページで確認してくださいね。

セルフメディケーション税制(特定の医薬品購入額の所得控除制度)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする