ウイルス対策のアルコール消毒 で手が赤くなるなら次亜塩素酸水除菌

スポンサードサーチ
スポンサードリンク

新型コロナウイルスの感染拡大の予防として、手洗い、マスク、うがいは基本です。

さらに、アルコールによる手指の消毒も有効です。

しかし、アルコール消毒によって手が赤くなる、手が荒れるといった事も…。

個人差ですが、当事者はつらいですよね。

一体どのようにしてアルコール消毒で手荒れが起きてしまうのでしょうか。

アルコール消毒で手荒れが起きる原因

アルコールには消毒作用があります。

手指をアルコール消毒する目的は、細菌・ウイルスに感染しない予防のためです。

しかし、アルコールには、手指の「脱脂」、脱水作用もあります。

頻繁に使用すると、皮膚表面の皮脂と水分の両方を奪ってしまい、

そこで、手荒れが起こりやすくなってしまうのです。

手指の過度な洗浄の手あれは、かえって細菌繁殖の原因にもなります。

皮膚には多くの「常在菌」が存在し、表面にバリアをつくっています。

これが病原菌の侵入を防いでいます。

それゆえに、過度のアルコール消毒は、常在菌をも除去してしまい、

無防備な皮膚に病原菌を増殖させることになるかも知れません。

アルコール消毒そのものが悪いということではありません。

アルコールの殺菌作用を効果的に利用すること自体は悪いことではありません。

消毒も、やりすぎは良くないということです。

手荒れを防ぐコツ

普段の手洗いに、ピンポイントのアルコール消毒を足すことです。

これで、肌荒れのない健康的な手指を保てるはずです。

普段は、低刺激性の洗浄剤で洗うだけで、手の清潔を保つことができます。

手が荒れているときは、ぬるま湯や水で適度に手洗いを行います。

さらに、手指用クリームなどで皮膚の保護と保湿をはかると効果的です。

看護師さんの例

勤務中は、手を洗ったりアルコール消毒したりする機会が多いものです。

水洗いやアルコール消毒を繰り返すと、そのたびに皮脂が洗い流されます。

そのため、肌内部の水分や保湿成分も流出しやすくなります。

肌表面の角質層には、肌のダメージを防ぐ「バリア機能」があります。

しかし、肌が乾燥するとバリア機能が低下し、肌の乾燥がますます進行します。

そして、細菌などによる炎症が起こりやすくなったりするのです。

空気の乾燥する冬場は、手荒れをしやすい時です。

手肌が乾燥する要因が多い看護師さんの手荒れのリスクは高くなります。

だから、日ごろから手荒れ予防・改善を心がけているそうです。

手荒れ予防を意識

手洗い後は清潔なタオルなどでしっかりと手肌の水分を拭き取る。

これを意識するだけでも、肌が過剰に乾燥することを抑えられます。

ハンドクリームを持ち歩き、小まめに塗りなおすことも意識しています。

ハンドケアを丁寧に

オフタイムのハンドケアにも時間と手間をかけます。

ハンドクリームを塗る前に化粧水で水分をたっぷりと補うようにしたり、

ハンドマッサージで血行促進したりする習慣を身に着けましょう。

就寝時にシルクやコットンの手袋を着用する。

コレも肌荒れ予防や改善に効果的です。

ネイルサロンなどでパラフィンパックをしてもらうのもおすすめです。

しかし、ひどい手荒れは皮膚科で治療をするのが間違いないですね。

セルフケアで改善しない手荒れが、処方薬で改善するケースも多いです。

手荒れの症状がひどい場合やなかなか改善しない場合は、

皮膚科を受診して外用薬や保湿剤を処方してもらうようにしましょう。

ハンドクリームで手の乾燥をケア

乾燥した皮膚を滑らかにし、水分・油分・栄養で保湿するのがクリームです。

ハンドクリームには保湿系、尿素系、ビタミン系のタイプがあります。

保湿系ハンドクリーム

ヒアルロン酸・グリセリン・セラミド・シアバターなどが配合されているもの。

例えば、ヒアルロン酸は、1gで水6リットル分を保持でき、保水力に優れてい

ます。

グリセリンは吸湿性が高いだけでなく、水分を外部から取り込み保湿することができます。

このように保湿に役立つ成分が水分や油分を補給します。

尿素系ハンドクリーム

尿素が配合されているもののことをいいます。

角質はタンパク質でできています。

尿素は角質のタンパク質の間に入り込んで、タンパク質を破壊し、古く硬くなった角質を取り除きます。

ピーリングをイメージしていただければわかりやすいかもしれません。

また、尿素は水分を逃がさないように働き、肌を乾燥から守る効果もあります。

ビタミン系ハンドクリーム

ビタミンE・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンAなどが配合されています。

例えば、ビタミンEは毛細血管の血液循環をよくするため血行がよくなります。

ビタミンAは肌のターンオーバーを促進します。

まとめ

細菌やウイルスの除菌にはアルコール除菌がとても有効です。

しかし、弱点もあるのです。

その一つが、多用すれば肌荒れになるかも知れません。

もう一つの問題点は、ノロウイルスにはあまり効果がないのです。

次亜塩素酸ナトリウムの溶液は効果がありますが、酸性が強く取扱注意です。

そして今注目されているのが、次亜塩素酸水なのです。

インフルエンザのウイルスにもノロウイルスにも有効です。

全く無害で、作用した後は水になるというとってもエコなものです。

クリームは必要かも知れませんが、アルコールに弱い肌の人にはいいかも知れません。

また、コロナウイルスやノロウイルスにも有効なのがいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする