ぬか漬けの素は生ぬか?いりぬか?

スポンサードサーチ
スポンサードリンク

節約のため、漬物を作ることになりました。
奥様の逆鱗に触れてしまったのです。 

自分で食事を作る羽目になたのです。

JAの農産物直売所には毎日行っています。

そこで野菜を仕入れをし、おいしい漬物を作り自炊します。

漬物の素はヤマモのぬか漬の素450gを選びました。

ぬか漬けの素


価格も安いしこれで食費を切り詰められます。

原材料名を見ると、米ぬか、食塩、卵殻、昆布、唐辛子、甘味料(甘草)、みょうばんです。


化学調味料は使っていません、

発酵のチカラで野菜をおいしくするのですね。
漬物容器は納屋にあります。

使用方法

作り方

使用方法はぬか450gに対して水を450gをよく混ぜてぬか床を作る。


最初は塩からく漬かるので、不要な野菜で捨て漬をするといいそうです。

捨て漬をしない場合は、付け時間を短縮するといいそうです。


そして、2度目から野菜重量の2~3%の食塩を加えて漬け込みます。


付け時間の目安は春秋で約24時間、夏は12時間、冬は2日程度です。

付け時間は乳酸菌発酵の進み具合を見てお好みでいいようです。


出来上がりの味を見ながら調整するようです。

注意点としては、ぬか床は涼しいところに置く。


毎日一回ぬか床をかき混ぜる。


3~4回漬けるごとにぬかを約50g、塩を10%追加する。

いりぬかと生ぬかの違い

いりぬかと生ぬかの違いは?

米ぬかには、いりぬか生ぬかがあります。
本品は、いりぬかです。

ネットでは、美味しくつけるには新鮮な生ぬかを使うことがコツとありますが、

スーパーで販売するのであればいりぬかでも致し方ありません。

生ぬかは、水分も多く虫が湧いたりして傷みやすいのです。

長くは置いておけないから、スーパーなどでの販売には適していません。

農協かお米屋さんにいけばあるようです。

それも新鮮なものでなければダメらしいです。

いりぬかは火を入れているので、水分や雑菌なども少ないようです。

そして炒った香ばしい香りがついています。

しかし、米糠に付いている乳酸菌もある程度除菌されています。

まとめ

どちらが良いのかは判断しにくいそうです。

個人的には、生ぬかの方が美味しいような気がします。

しかし、いりぬかの方が扱い易いのは確実です。

問題は続くかどうか心配です。

ぬか床の乳酸菌が最適の状態になるには約2ケ月は必要だそうです。

メーカーの人に聞くと、いりぬかも生ぬかも、そんなに変わらないとの事です。

いりぬかの方が最初は扱いやすいが、年月が経てば同じようになるそうです。

そこまで糠床を育てるのが大変だそうです。

まだ初めて4日目ですが、きゅうり、ニンジンは美味しくいただきました。

白ごはんの量が増えるので、太らないようにしないといけませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする