供養で7回忌は大切といわれるのにしなかった、その結果は?

年月が経つのは早いものです。

今年は父の7回忌なのです。

7回忌の供養は、命日までに済ますのがいいといいます。

今の法事は昔みたいに一族郎等を呼び集めるのではない。

大抵は家族で行うのが多いようだ。

住職から父の7回忌の案内は、年明け早々に来ている。

命日は6月なのですが、お盆の供養と一緒にしたいのです。

今年はコロナ騒動があるので、しなくて良いか。

そう思っているうちに、6月の命日を過ぎてしまった。

そしたら、命日の翌日に親父が夢に出て来た、アンビリーバブル。

亡くなった身内が夢に出て来る、よく聞く。

まさか、本当に出て来るとは、驚きです。

親戚の叔母が言うことは真実でした。

夢には親父ともう一人の男性がいました。

二人とも手慣れたもので、草刈りをしていました。

父は何も言わず、黙々と仕事をしている。

そして、父が「5千円だ」と言った気がしました。

意味は分からないが、夢の中では納得してたんですね。

父親本人は満足そうにはに噛んでいた。

こちらには7回忌をしていない弱みがあるので、微笑んでました。

叔母のお家は近所にあります。

爺さんが兄弟で、爺さんの弟の家です。

うちの爺さんは早く亡くなったので、私にとっては本当の爺さんみたいなものです。

叔母が言うには、亡くなってよく出てきたと言います。

ノイローゼになるくらい出てきたそうです。

救われたい先祖の霊は救いを求めて出るらしいです。

それも救ってくれそうな人の所に出るそうです。

爺さんも薄情な息子のところではなく、優しい叔母のところに出たのでしょう。

叔母が言うには、亡くなって数年は大変だった。

しかし、年を重ねるにつけて穏やかになっていったそうです。

最後に、お礼だと言って極楽浄土みたいな世界を見せてもらったそうです。

私としては見せてもらってないので、何とも言いようがない。

ああそうなんですかと受け止めるしかありません。

叔母が言うには、三回忌、七回忌、十三回忌は特に大切にしなさい。

何故なら、故人がそれを楽しみにしているから。

無信心な我が父までも七回忌をしなかったら出てきたので、さもありなん。

親父ゴメンな、年内には7回忌をするから、許してね。

しかし、何故我が嫁に出ないのかな?理由は簡単、怖いからでしょうね。

我が家は浄土真宗です。

過去帳はあるが位牌がないのが浄土真宗です。

しかし、私の趣味で我が家には位牌がある。

近所のお金持ちのお家に行くと位牌がある。

位牌を置くとお金持ちになれるのではないかと思っていた。

そんな私に生前の父は呆れていた。

浄土真宗では亡くなると浄土に生まれ変わることになっている。

阿弥陀如来のいる西方浄土にいるはずなのである。

しかし実際には皆んな浄土に行っているわけではないそうだ。

地獄に落ちたり、迷っている先祖は一杯いるそうだ。

門徒の極悪人が死んで極楽浄土に行くのは考え難い、やっぱ地獄でしょ。

ご先祖はお彼岸やお盆、命日に帰って来ると信じられています。

帰ってきた時に位牌があると位牌に懸かるとの事だ。

位牌が無いと、どうなるのか?

子孫に憑くというのである。

今回のように夢にも出て来るようだ。

回忌供養は一周忌、三周忌、七周忌、十三周忌、十七周忌…

特に十三周忌まではキッチリやったほうが良いらしい。

迷信だと思っていたのだが、体験してしまうと信じるしかない。

年回法要とは故人を思う気持ちを伝える事だそうだ。

お父様十分感謝していますよ、だからもう夢に出ないで下さいね。

ご先祖様は大切だとしみじみ思い知らされた出来事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする