2020年楽らく紅葉狩り!小豆島寒霞渓は今年限りか?

スポンサードサーチ

小豆島の屋根にあたる寒霞渓の紅葉はプチ絶景です。

車で行くと30分くらいで山頂に行けるので感動は薄い。

歩いて行くのがいいと思うのですが、時間がかかります。

丁度いいのは、草壁港からバスで行くのが良いですね。

紅雲亭からはロープーウェイで山頂まで、見晴らしがいい。

今年2020年の紅葉の見頃は11月中旬くらいだと予想さてています。

気候によっては11月の下旬ということもあります。

山頂なので時間が遅くなると寒くなるので注意しておいてください。

出発

高松港から内海フェリーに乗り草壁港に着く。

草壁港のバス停から紅雲亭までバスで行く。

紅雲亭から山頂まではロープウェイがオススメです。

もちろん、体力があれば歩いても行けます。

お昼までに山頂に到着するのであれば、歩きもいい。

高松港→草壁港→紅雲亭→寒霞渓山頂のコースは今年限りになる予定です。

来年からは、池田港や坂手港からバスで草壁港まで行かなければいけません。

なぜなら、来年3月から内海フェリーが運休するからです。

要するに、経営不振で大手企業に買収されたのです。

そして、効率のよい池田のフェリーを増便するそうです。

岡山の両備フェリーとグループ会社になるのです。

当然、採算の合わない航路は閉鎖します。

合理化で池田のフェリーに集中し、経営を強化するらしいです。

だから、高松港からダイレクトに草壁港には行けなくなるのです。

池田港から草壁港行きのバスはあります。

そういう意味で、今年が最後なんです。

寒霞渓山頂の様子

これはもう写真で見てもらうのがいいですね。

 これは紅葉している所を探して撮った写真です。

11月2日に撮影したものですよ。

これから、寒くなれば紅葉は一気に進みます。

楽しみですね。

私は車で廻りますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする