先祖供養お盆とお彼岸の違いは何?

お盆の先祖供養は関西だと8月、関東だと7月に多いですね。

また、お盆とお彼岸どちらも先祖供養です。

知っておいても損はないので調べてみました。

日本古来の信仰に仏教や儒教が結びつき現在の形になっているようです。

これを知ると一味違う先祖供養ができるかも知れませんよ。

お盆の由来

お盆は、夏に行われる祖先の霊を祀る一連の行事です。

古来の祖先崇拝、仏教の盂蘭盆会、儒教などの思想の混在したものです。

お盆には、ご先祖様や亡くなった人たちの霊が家に帰ってきます。

帰ってきたご祖先様の魂を迎えることを目的としています。

地方や宗派により異なりますが、迎えるための作法があります。

自宅の目印になるように提灯を下げたり、精霊馬を飾ったりします。

仏前にご馳走を振る舞うところもあります。

盂蘭盆会

日本における最初の盂蘭盆会は日本書紀の時代にまでさかのぼります

推古天皇十四年(西暦606年)の記録には

「この年から始めて寺ごとに四月八日七月十五日に斎会をすることになった」とある。

四月八日はお釈迦さまが生誕した日で、灌仏会(かんぶつえ)です。

七月十五日も中国から伝来した仏教行事の日だと考えられます。

斎会が盂蘭盆会だと明確ではないにしても、そう想像できます。

斉明天皇三年(657年)の七月十五日には

「須弥山を像どったものを、飛鳥寺の西に造り、盂蘭盆会を開催した」

とあります。

七夕も先祖供養?

日本では古来、秋の初めに先祖の魂を祭る行事が行われていました。

昔は1月から春が始まりますから、初秋は7月の初旬になります。

だから、七夕も本来は先祖の魂を迎える儀式だったと言われています。

民俗学者の折口信夫は、

「川のほとりに小屋をたて、清らかな機織りの乙女が先祖の魂を迎えた」

と説いています、その乙女を「棚機女(たなばたつめ)」と呼んでいました

中国の乞巧奠(きこうでん)が輸入された際に「七夕」として習合したと考えています。

日本書紀によると垂仁天皇七年(西暦前23年)7月7日に

日本で最初の角力(すもう)が開催されたとあります。

相撲も先祖供養の一環と考えられていた様です。

仏教伝来以前から、7月初旬には先祖供養が行われていたはずです。

それが中国の盂蘭盆会と結びつき、現代の「お盆」になったのだと考えられています。

お彼岸の由来

仏教では現世を此岸(しがん)、あの世のことを彼岸(ひがん)と言います。

そして昼と夜の長さが同じになる春分と秋分の頃に通じやすくなるそうです。

あの世とこの世が近くなると考えられていたようです。

太陽が真東から昇り真西に沈む春分、秋分は東西の浄土とこの世が近づく。

薬師如来の東方浄瑠璃浄土陀如阿弥来の西方極楽浄土と近づくのかな。

仏道修行をする期間

仏道修行者が実践するべき基本的な6つの徳目を六波羅蜜と言います。

お彼岸に六波羅蜜を実践すると彼岸(浄土)に近づくとされています。

だから修行者は特に春分、秋分の日あたり集中して修行をすると推測します。

そこから 『私たちが悟りに近づくために成長する日』になったようです。

なので、衆生も修行の進んだお坊さんに仏法を説いてもらう日になったのでしょう。

それで、生きている自分たちだけでなく、御先祖さんも一緒に聞きましょうとなり、

という事でお墓参りをするそうですよ、こじつけみたいですが・・・・

まとめ

日本には古代から先祖崇拝の思想がありました。

それは1月と7月といわれています。

仏教や儒教の伝搬により、それらが合わさってお盆という行事になっていったのでしょう。

仏教には元来先祖供養の思想はなかったと聞いています。

日本で仏教宗派が勢力を増すに伴い、先祖供養も取り入れ勢力を拡大したのでしょう。

そもそも聖徳太子が仏教を擁護したのは、天皇制の基盤を確立する為のものです。

古来からの天尊地祇を敬いながら、仏教を取り入れたのです。

大陸並みの国家体制を築いていなければ、国家の危機に対応できないと考えたのです。

お彼岸は修行者が得に修行すると良い日といわれています。

そんな立派な修行者(お坊さん)にあやかりたいと思ったのでしょう。

衆生だけでなく御先祖様もあやかりたいと、それが先祖供養となったと思われます。

成り行きはともあれ、先祖は先祖供養を喜ばれるそうです。

ぜひさせて頂きたいと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする