七夕の起源と由来、日本独自のものと中国の文化の融合ですね。

七夕は「たなばた」は、古くから行われている日本のお祭り行事です。

一年間の重要な節句をあらわす、五節句のひとつにも数えられています。

毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、

星にお祈りをする習慣が今も残っています。

子供のころ、笹に短冊をつるしてお願いごとをしたのではないでしょうか?

七夕の起源

七夕はいったいいつから、どのようにして始まったのでしょうか?

その起源には数多く説があります。

(1)日本の神事「棚機(たなばた)」

(2)織姫と彦星の伝説

(3)奈良時代に中国から伝来した行事「乞巧奠(きこうでん)」

の3つがあわさってできた行事と考えられています。

中国では星伝説の織姫と彦星の逢瀬を祝い、織姫にあやかって機織りなどの技芸の上達を乞う「乞巧奠(きっこうでん)」という行事が催されるようになりました。

これが奈良時代に日本に伝播し、日本古来の「棚機津女(たなばたつめ)」伝説と結びつき、現在のような形に変化していったと言われています。

7月7日の夕方を表す「七夕」は「しちせき」と呼ばれていましたが、

「棚機(たなばた)」にちなんで「たなばた」という読み方に変わっていきました。

棚機(たなばた)とは?

「棚機(たなばた)」とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事です。

乙女が着物を織って棚にそなえ、秋の豊作を祈り、人々の穢れを祓うというものでした。

選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもり、心をこめて着物を織ります。

そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機です。

やがて仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりました。

織姫と彦星の伝説

琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事をしていました。

鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事を。

この二つの星は旧暦7月7日に天の川をはさんで最も光り輝いているように見えます。

中国でこの日を一年一度のめぐりあいの日と考え、織姫と彦星の伝説が生まれました。

天帝には、美しいを織物を織る「織姫」という娘がいました。

化粧もせず仕事に精を出す娘を不憫に思い、

天帝は牛の世話を行っている「彦星」を引き合わせたのです。

2人はすぐに恋に落ち、やがて結婚することなります。

しかし、2人は結婚すると仕事をせず、遊んでばかりの生活をするようになってしまいました。

織姫が機織りをしなくなってしまったため天の衣類はすたれ、

彦星が放っておいた牛もやせ細る始末です。

怒った天帝は、2人を天の川の東と西に引き離してしまったのです。

すると2人は悲しみにくれて、ますます働こうとしませんでした。

そこで、天帝は真面目に働くことを条件に、年に1度だけ2人が会うことを許したのです。

それから毎年7月7日の夜は、織姫と彦星は天帝の命を受けたカササギの翼にのって

天の川を渡り、再会するようになった、という話です。

乞巧奠(きこうでん)とは?

中国の行事で7月7日に織女星にあやかってはた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習です。

庭先の祭壇に針などをそなえて、星に祈りを捧げます。

やがて、はた織りだけでなく芸事や書道などの上達も願うようになりました。

七夕は雨の方がいい?

七夕の日は雨で天の川が見えないと残念だと言われがちですが、実は日本では七夕の日に雨が降った方が良いとされていることをご存知でしょうか。

その理由は、天からの清らかな水によって、この世のすべての罪穢れ(つみけがれ)を流してくれる、という考えがあったのです。

七夕祭り

7月7日の七夕の夜、織姫と彦星は待ちに待った「再会」という願いをかなえます。

人々は「二人のように、願い事がかないますように」と、たんざくに色々な願い事を書いて、笹や竹の葉に飾るようになりました。

七夕に笹を用いる理由

一つ目は

魔除として。笹竹には古来神霊が篭ると考えられており、その一番青々と茂るのがお盆の時期。魔物は瑞々しさを嫌います。その理由は若々しさ、瑞々しさは命の根源から来るものだから。

二つ目は

抗菌の効果から。

夏の盛りである旧暦7月7日は暑さゆえに供物が腐りやすかったり、お腹を壊すことで命さえも危険にさらされました。

そこで魔を祓い、食べ物を雑菌から守り、腐りにくくする効果がある竹を重用したのです。

今では抗菌効果があるとされ、青々とした香りのよい笹の葉をご先祖様へのお供物の下に敷いたり、供物に巻いたりして使われています。

三つ目は

健康長寿の祈りを込めて。

夏はお腹を壊すばかりでなく、疲れが出やすく、水の事故も多い時期。

小さな子やお年寄りが命を落とさないように、との祈りの象徴とされました。

力強く成長する筍(=竹 / 笹)に健康長寿の祈りを乗せて、川に流すようになりました。

飾りの一つひとつ意味

七夕飾りに笹竹を使うのは、笹竹が天の神様の依りつくところ(依り代)とされているから。願いを込めた飾りものをつるし、天に向かって掲げます。

五色の短冊といえば青(緑)・赤・木・白・黒(紫)のことを指します。

黒は縁起が悪いので代わりに紫を、また、昔は緑色を「あお」と読んでいたこともあり、青か緑のどちらかが使われます。

そもそも短冊が5色なのかは、地域によって諸説あります。

なかでも、古代中国の自然哲学である「五行」や儒教の思想である「五徳(五常)」があてられてい説が有力です。

「五行」説とは自然界にある木・火・土・金・水のことです。

古代中国に端を発する自然哲学の思想で、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説です。

これらの意味する部分に対応する色(それぞれ青・赤・木・白・黒)へ祈ります。

「五徳」とは儒教が説く5つの徳のことで仁・義・礼・智・信を指します。

「仁」は徳を積むことや人間力。

「礼」は先祖や親、師匠への恩(感謝)・・・といった意味です。

飾りの説明

五色(ごしき)の短冊:

願い事や「天の川」などの七夕にちなんだ言葉や絵を書いて下げます。七夕のルーツを踏まえると、勉強や習い事などの上達を願うのがよいでしょう。「五色」とは中国伝来の陰陽五行説に基づく、青、赤、黄、白、黒のことです。

吹き流し:

織姫の織り糸を表しています。五色を用いて魔除けの意味も。くす玉や紙風船に、適当な長さに切った五色の紙テープを貼りつけてもOK。

網飾り:

魚を捕る網を表現。豊年満作大漁の願いを込めて飾ります。

折鶴(千羽鶴):

長寿のシンボルである鶴を折り紙で折り、長寿を祈願。

紙衣(かみこ):

紙の着物を飾ると、裁縫が上達して着るものに困らなくなるといわれています。

財布(巾着):

金運上昇を祈願。折り紙で折ったり、本物の財布を下げたりします。

くずかご:

「ものを粗末にしない」という意味。七夕飾りを作るときに出た紙くずを、折り紙で作ったかごに入れて下げます。

笹や七夕飾りは、七夕の夜のためのものなので翌日には取り外して。

本来は川に流して清めるものですが、現在はもちろん流すのはNG。

小さく切ってごみの日に出しましょう。

願い事を書いた短冊をお焚き上げしてくれる社寺もあるので、調べて持ち込んでもいいでしょう。

童謡『たなばたさま』

歌詞『たなばたさま』 作詞:権藤はなよ

ささの葉さらさら

のきばにゆれる

お星さまきらきら

きんぎん砂子(すなご)

五しきのたんざく

わたしがかいた

お星さまきらきら

空からみてる

「のきば」「金銀砂子(きんぎんすなご)」の意味は?

「のきば」とは、漢字で書くと「軒端」、つまり屋根の端で壁から張り出した部分

「金銀砂子(きんぎんすなご)」とは、金箔や銀箔を細かく砕いて、蒔絵や襖絵などを装飾するために使う粉(砂子)のこと。

『たなばたさま』の歌詞では、七夕の星空や天の川の砂などが表現されています。

五色(ごしき)の短冊とは?

二番の歌詞の冒頭に出てくる「五色の短冊」の「五色(ごしき)」とは、中国の五行説にあてはまる五色で、緑・赤(紅)・黄・白・黒をいいます。

実際の短冊では、黒は縁起が悪いので「紫」が用いられています。

こいのぼりの一番上に飾られる五色の吹き流しも、この「五色」とルーツが同じです。

まとめ

七夕祭りは日本独自の文化に、中国からの文化が融合し今日の形になったようです。

仏教伝播以後に、その融合は顕著になった様に感じます。

従来日本独自の行事に、中国伝播の行事が飲み込み、また飲み込まれ、

ミックスされ、より日本的にアレンジされて来たのが七夕祭りと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする