印鑑は日本社会での通行手形、吉運の印相で人生を大開運!!

スポンサードサーチ

印鑑(はんこ)とは

ハンコ、はんこ、印鑑、認め印、銀行印、実印など用途によっていろいろな呼び方がをします。

木や象牙、石、金属などの材質に名前を彫ります。

この印鑑、書類に押せば、その人を代表するものとなります。

書類上では、本人そのもの物を表すものになります。

それゆえ、ハンコには本人の魂(たましい)が宿ると考えられています。

ハンコと占いが結びつき印鑑占いも出来るのです。

占いの種類

姓名判断、四柱推命、気学、ホロスコープ、水晶占い、タロットカードなどなど色々な占術があります。

鑑定を受ける方は女子学生から主婦、ビジネスマン、会社経営者などなど千差万別です。

遊び半分、好奇心から、人のよっては藁をもつかむ必死の思いで鑑定を受けに来ます。

生年月日で占うものは、四柱推命とか西洋占星術があります。

オギャーと生まれたときの星の配置によって、その人の運命は決まっているとの考えです。

名前で占うのが姓名判断です。

生まれたときの星が弱いから、名前で補うとか、聞きませんか?

一般によく言われているのが、運命は生まれたときに7〜8割決まっている。

残りは本人の努力により改善できるというものです。

その残りの部分で、運勢のいい名前にするとか、いい場所に引っ越すとか、運勢改善の余地が出てきます。

スポンサードリンク

印鑑鑑定

運勢改善の一つとして、吉運の印鑑を作ることがあります。

社会人として生活するうえで必要な印鑑。

通常使う認印、銀行貯金で使う銀行印、そして不動産売買とか公的書類関係に使う実印です。実印というのは、どのようなハンコでも役所で登録すれば、実印になります。

やはりそれなりの物を作らないとダメです。

人生の大切な時に、実印を押すという場面が数多くあります。

それだけ、印鑑は、とりわけ実印というものは、大切な物なのです。

そんな印鑑であれば、なおさら運気の良いものを使いたいですよね。

そして、一度作ってしまえば、一生でそんなに作ることはないのです。

しかも印鑑を使う都度運がよくなれば、言うことなしです。

印鑑とは?

印鑑とは自分の分霊と言えます。

それではどんな素材がいいのでしょうか?

一般的に用いられるのが柘植の木です。

利点は、価格面でもそんなに高額ではありません。

万一破損したとしても、すぐに代わりを作れます。

印鑑の素材には他にも象牙や金属や鉱物などあります。

まとめ

素材でお勧めは国産の柘植です。

やはり清々しい気に満ち溢れたものがいいようです。

金属は無機質ですし、象牙は動物の骨です。

気という観点からはどうなのでしょうか?

よく調べて、最高のものを手にしてください。

スポンサーリンク