おばあちゃんの健康診断 胃カメラ検査で大騒ぎ

スポンサードサーチ

我が家のお婆ちゃん

我が家には昭和7年生まれのお婆ちゃんがいます。

今年で、85歳になります。

夏場までは元気でしたが、最近元気がありません。

自分の言いたいことは、人が聞いていようがいまいが、ブツブツ言います。

ボケたのかと心配しますが、そうでもないようです。

年齢が年齢なので、体に変調が出ているのでしょうか、

老化によるものであれば、どうすることもできません。

老人介護の難しいところです。

お婆ちゃんとの会話

婆)調子が悪いので医者に連れて行け。

私)どこの医者に連れていくの?

婆)近所の婆さんが、どこそこの医者に行って良いと行っていた。

私)だから、どこが悪いんですか?

婆)口が臭い、口内炎だ。

私)それなら、病院に行ってそれを言えば良いじゃないですか?

婆)近所のAさんは◯◯病院に連れて言ってもらった。

私)連れて行けと言われれば連れていくよ

婆)自分で行く、バスで行く。

私)近いのだから、歩いて行けば

婆)足が痛いから歩けない、バスで行く。

私からすると、訳のわからないことを言い出すので困ります。

しかし、何らかの不満があるような気はします。

結局、近くの中央病院にバスで行きました。

バスだと病院の玄関近くまで行くので、バスにしたそうです。

胃カメラ検査を受ける

病院で症状を相談すると、胃カメラで検査することに決まりました。

スポンサードリンク

そして、胃カメラ検査の注意事項という用紙を渡されます。

胃カメラ検査とは、先端にレンズがついた細い管(内視鏡)を口から入れて、胃や食堂の内部を直接見る検査です。

内視鏡を操作する医師の腕前によっては、食道を傷つけることもあるようです。

友人は胃カメラを入れている途中で、我慢できなくなり、自分で胃カメラを抜いたそうです。二度としないと言っていました。

検査前日の午後10時から翌日の検査が終わるまで絶食です。

水分はいいのですが、お茶やコーヒーなどは避けたほうがいいそうです。

検査はトローチ状の錠剤を舐め、食道を痺れさせておいて、内視鏡で検査します。

トローチみたいなものは麻酔薬です。

検査が終わって帰ってきてから、元気がありません。

異常なしの診断だったそうですが…。

本人は重症だと思い込んでいたのに、あっさり否定されてショックだったのです。

しかし、検査の後の食事は、消化の良いお粥などにしています。

食事の好みが変わった

検査後、一日はビールを控えていましたが、今は少し飲んでいます。

お饅頭やケーキなど大の甘党だった婆ちゃんが、甘いものをあまり食べなくなりました。

大好きな菓子パンも要らないそうです。

高齢なので十分注意をして、大事に至らないように、と存じます。

スポンサーリンク