出雲の秘密ー日御碕でウニ丼を食べる

スポンサードサーチ

出雲大社

11月の初頭に2か月ぶりで出雲に行く機会に恵まれました。

高松の友人の車に便乗し随行します。

毎月出雲大社に参拝する会の一員である彼は、毎月参拝しているそうです。

毎月となると、なかなかメンバーが集まらず、時たまお声がかかります。

現地に着くと約60名のメンバーが全国から集合していました。

昇殿に揚がり神職のお祓いを受けるのです。

霊能者なら、こんな時に神様が見えるのだろうかと、漠然と大国主命ってどんな神様って思ってみます。

国土開発の神で奥さんをたくさん持って、二人の息子神に恵まれて、国土を平定したかと思えば、天照大御神様がこの国は私が治める国だから返せと言われ、立派な神殿を建ててくれたら返しますよと言い、青芝草の上で海に沈んだ神様

日御碕

島根半島の西端に位置し、海岸線は浜あり灘あり、入り江や岬ありと変化に富み、

大小の島が数多く散在している日御碕は、出雲大社から車で40分くらいの所にある観光地のひとつです。

ここの日御碕(ひのみさき)沖で、地元のダイバーが「海底遺跡」を発見しました。
海中に、岩を削ったように見える「祭壇」「階段」「参道」、玉砂利が敷き詰められたトンネル、岩がウミガメの形に並ぶ「亀石」などの不思議なスポットです。

「海底遺跡」には人工的に削ったような跡もあり、まるで人間が作った遺跡が水没したかのようないでたちです。

現在、「経島(ふみしま)」で行なわれている日御碕神社の「夕日の神事」は、かつては経島沖の「タイワ」という瀬で行なわれていたという言い伝えがあり、その神殿の跡ではないかと、期待が寄せられています。

太古のロマン

現在の出雲大社本殿は、高さ24メートルの巨大な木造建築物です。

太古からの言い伝えでは、高さ96メートルもの高さがあったとされ、その後一時。高さ48メートルになったとされている。

スポンサードリンク

2000年〜2001年にかけて、出雲大社で、本殿付近の地中の発掘調査が行われました。

この調査の結果、出雲大社の地下から「巨大な柱」が発見されます。

そして、この「巨大な柱」を調査したところ、1248年頃の出雲大社の本殿を支えていた柱であることが判ったのです。

この巨大な柱の発見によって「48メートルの巨大神殿は存在した」という、結論に行き着きました。

しかし、高さ96メートルの神殿は造れないだろうと推定されています。

もし、高さが96メートルの神殿が存在していたのであれば、古代の人々の叡智に感嘆するばかりです。

出雲大社にして、このような大いなるロマンがあるのですから、日御碕沖の海底神殿においても、調査が進めば、アッと驚くような真実が飛び出してくる可能性があります。

今後の調査が待たれるところです。

「花房」のウニ丼

日御碕のお食事処に「花房」があります。

ウニ丼が美味しいと聞いていましたので、食事に立ち寄りました。

前回は、出雲大社近くの「荒木屋」でしたので、今回は「花房」にしました。

ウニ丼の値段は2,160円と高価です。

店構えは、そんな高級品を食べるところではありません。

普通の定食屋という雰囲気です。

出てきたウニ丼を見て、もう笑うしかありません。

美味しかったです。

他にもイクラ丼、海鮮丼、イカ丼などがあり、全て食べたかったです。

日御碕の海を見ながら、この海で育ったウニを食する。

最高に贅沢な休日を過ごさせていただきました。

スポンサーリンク