我が家の宗派は何?門徒と聞いていたのですが…

スポンサードサーチ

叔父の17回忌

親父の兄弟で独身で亡くなった叔父がおりました。

大阪で亡くなりましたので、大阪で葬儀を終え、田舎で供養しています。

これまで、お寺さん関係の行事は母親に任せっきりでした。

今年が叔父の17回忌になります。

今月に母はお寺さんに法要の予約をしていたのです。

いい機会だから、私も同行するようにと連れていかれました。

行きたくもないのですが、誰かが行っておかないと、次の葬儀の時に困ります。

順番では母になりますが…。

親戚に任してもいいのですが、きっと薄情ものと言われるでしょう。

我が家のお寺さん

元々、我が家が所属するお寺さんは、家の近所にあったのです。

狭いながらも大きな銀杏の木があり、子供のころはいい遊び場所でした。

しかし、住職が途絶えてしまったのです。

檀家も多ければお寺さんの生計も立ち、新しくお坊さんも来てくれたと思うのです。

結局、無人になり荒れ寺となりました。

困ったのは私たち檀家です。

同じ宗派のお寺さんにお願いして、集団で檀家にしてもらいました。

しかし、私は今までそのお寺さんに行ったことがなかったのです。

そんなに遠いところではありません。

勤めている会社のすぐ近くです。

近くだということは知っていましたが、正確な場所を知りませんでした。

先日初めて行きました。

我が家の宗派

なんとビックリ、凄いお寺さんではありませんか!

私の住む島では、大体お金持ちは真言宗です。

お布施とか戒名とか高くつくと聞いています。

私達は門徒と呼ばれる宗派です。

庶民的で安いと聞いています。

スポンサードリンク

正確には、浄土真宗本願寺派と言うらしいです。

そうです、親鸞さんが立ち上げた教団です。

そして蓮如さんが盛り上げたとも聞いています。

「南無阿弥陀仏」と唱えれば誰でも極楽浄土へ行けるという宗派です。

阿弥陀仏とはどんな仏さん?

大昔に法蔵菩薩さんが,四十八の願を立て,修行の結果,悟りを得て阿弥陀仏となり,西方極楽浄土を建立します。

そして遍く衆生を救うという願いが四十八の願の中にあるそうです。

だから、どんな衆生でも救ってくださると信じられている仏さんらしいです。

しかし宗教としては、他力本願を声高に言い、貧しき者たちへの救済を強調し過ぎたために、後世誤解を生んでいる見たいです。

親鸞さんはどんな人?

親鸞さんは六角堂で聖徳太子の霊告を受け、法然さんの弟子となり浄土宗を広め、新たに浄土真宗を立ち上げたお坊さんです。

妻帯していましたので、当時とすれば破戒僧ですね。

歴史の教科書に出てきますのでよく知られた人です。

子供心に親鸞さんよりも、真言宗の弘法大師がいいと思っていました。

弘法大師は讃岐のヒーローですからね。

まとめ

この度お寺さんに行って、少し考えを改めました。

浄土真宗は信者の勢力ではNo.2らしいです。

No.1は神社だそうです。

お寺さんには立派な太い木が2本もありました。

樹齢100年は超えているでしょう。

樹木は100年を超えると霊が宿ると言われています。

いわゆる木霊、木龍神になるそうです。

霊験あらたかではないですか。

私にとっては葬式仏教でしかなかったのですが、それなりの意義はあるものだと感じいる次第です。

スポンサーリンク