銀座老舗 森のコーヒー 誇り高きコーヒー銀座カフェーパウリスタ

スポンサードサーチ

新聞の記事

「銀ブラ」の意味は、銀座をぶらりと散策するという意味でよく使われます。

その語源の一つに、銀座カフェーパウリスタでブラジルコーヒーを飲むとの説もあります。

明治43年に創業し翌年銀座に「カフェーパウリスタ」開店します。

本場のコーヒーを提供する、3階建ての白亜の洋館です。

価格も当時としては破格の安さで、一杯5銭でした。

たちまち評判となり、芥川龍之介、与謝野晶子、菊池寛などの文化人にも愛されました。

森のコーヒー

銀座カフェーパウリスタは今年で創業107年を迎えます。

創業当時のコーヒーは農薬を使わず栽培されたものを使っていました。

そして、カフェーパウリスタは現在でも無農薬栽培のコーヒーをお出しできます。

無農薬栽培の完熟豆「森のコーヒー」を販売しているのです。

ブラジル高地の鬱蒼とした自然を残す農園で農薬・化学肥料を使わず栽培されています。

完熟した豆だけを収穫するので効率は悪いですが、ブラジルのカップテイスターによる格付けは常にトップクラスの評価です。

酸味が爽やかで、甘みが長く口に残り、ゆっくりと消えていくのです。

香り、味とともに群を抜いているとコーヒー通も絶賛しているようです。

我が家では長年銀座カフェーパウリスタのコーヒを愛用しています。

もっぱら妻が通信販売で定期購入しています。

銀座のお店

10年以上前のことですが、東京には仕事でよく行っていました。

スポンサードリンク

好奇心から銀座のお店に行ってみたのです。

通販で買い、いつも飲んでいるカフェーパウリスタのお店です。

カフェーパウリスタ通信みたいな冊子も目を通しています。

そのコーヒーを銀座の店で飲むのです、期待は膨らみます。

正直、コーヒーの味はよくわかりませんが、モカが好きでした。

当時、私の範疇ではブルーマウンティン、キリマンジェロ、モカ、ブラジルなどの豆の産地でコーヒーの味の好みを決めていました。

カフェーパウリスタのコーヒー、一杯目はおいしかったのは覚えています。

少し長いをしたのでしょうか?

お代わりをいかがですかと進められました。

お代わりをしました。

2杯目のコーヒーはまるで出がらしでした。

なぜか馬鹿にされたようで、カフェーパウリスタが大嫌いになりました。

妻は律儀にカフェーパウリスタを通販でせっせと買っています。

機嫌のいい時は、私にもコーヒーを入れてくれます。

私の好み

しかし、これを契機にコーヒーについていろいろ関心を持ち飲んでいます。

現在はスターバックスコーヒーです。

銘柄を指定せず、本日のコーヒーをケーキと一緒にいただくのが好きです。

後は、セブンイレブンのコーヒーです。

安い割には、美味しいです。

ただ店員のコーヒーへの理解度で、味が少し左右するみたいです。

今思うのは、機会があれば銀座カフェーパウリスタに行って、お代わりのコーヒーを飲んでみたいですね。

スポンサーリンク