小豆島リゾートホテルオリビアンで食べたパルミジャーノ

スポンサードサーチ

リゾートホテルオリビアンに宿泊

12月5日は慌ただしい一日となりました。

夕方の6時半からホテルで懇親会なのです。

今年は初めて私にお鉢が回ってきました。

この懇親会は例年行われているようです。

昨年は上司が参加したようです。

案内文を見ると宿泊も出来るとなっています。

小豆島に住む者としては、同じ島のホテルに泊まることなどありません。

めったにないことなのです。

それに、天然温泉も付いています。

宿泊希望で参加を申し込みました。

会費は変わらないのでお得です。

宴会は「夕輝の間」

6時30分から始まりました。

参加者は約100名です。

ホテル業界に携わる業種の人達です。

まず、ホテルの業績発表です。

昨年よりやや悪い98%の達成率らしいです。

台風の影響がなければ、軽く100%は達成していたとの予測です。

顔見知りの社長さんが近くにいるので一安心です。

仕事の話はしたくありませんが、やはり出てしまいますね。

使われているビールはアサヒビールでした。

しかし、面白いことにサッポロビールを持って周っている人がいます。

サッポロビール頑張っているなとほっこりします。

心の中で頑張れ~と応援したいです。

食事はバイキング

食事はバイキング形式で目玉となるのが、オリーブハマチの解体ショーです。

関心なかったので見てません。

ローストビーフの切り分けしたものは、柔らかくておいしかったです。

目を引いたのがパルミジャーノです。

スポンサードリンク

何かと思えば、巨大なチーズの真ん中をくり抜き、そこでスパゲティーを絡めているのです。

パフォーマンスだけだろうと思っておりました。

一皿貰い食べてみましたところ、これもおいしい~。

スパゲティーの食感が素晴らしい~。

思わず写真を撮ってしましました。

調理している女性が可愛いからではないですよ。

味に感動したのです。

パルミジャーノってなに?

パルミジャーノ・レッジャーノはイタリアを代表するチーズのひとつです。

イタリアチーズの王様とも呼ばれる有名なチーズなのです。

名前の由来は地名からきていて、エミリア・ロマーニャ地方で作られ、DOP(イタリアにおける原産地名称保護制度)の認定を受けたものだけが刻印を押されて「パルミジャーノ・レッジャーノ」を名乗ることができます。

要するに大変おいしい高価なチーズなのです。

まとめ

実は今年の忘年会は、ここオリビアンでするのです。

今からむふふ、笑みが止まりません。

スポンサーリンク