簡単で美味しい きのこオリーブごはん

スポンサードサーチ

オリーブの収穫

オリーブのみの収穫は10月中旬から始めます。

用途によって早く収穫したり、じっくり完熟させて収穫したりいろいろです。

今年の場合は天候の影響で収穫時期が遅れ気味らしいです。

オリーブの実は熟してくると黒く変色します。

オリーブオイルの風味は、実の熟成度合いによって変わります。

緑のフレッシュな実は、青々しい風味で味も苦みがかっています。

熟成した実は、まったりとした落ち着いた味です。

オリーブの実を食べる

オリーブの実は生だと渋くて食べられません。

そこで渋抜きをします。

渋を抜いたものを塩水とともに袋詰めします。

これが「オリーブの新漬け」です。

11月になると「オリーブの新漬け」という漬物が出まわります。

塩分は低いのであまり日持ちがしません。

昔は家庭でも多く作られていました。

年末にテレビを見ながらつまむのです。

いいお酒の肴になります。

きのこオリーブごはん

簡単にできるオリーブごはんを紹介します。

材料は米2合、ローリエ2枚、玉ねぎ1/2個、しめじ1パック、オリーブの新漬け12粒位、アンチョビ4枚、オリーブオイル大さじ1杯と半分、スープの素大さじ半分、こしょう少々

①炊飯器に米、水、ローリエを入れ30分以上浸水させる。

②玉ねぎを粗みじん切理にし、しめじは3㎝にきり、オリーブの実は汁気を切り、アンチョビはみじん切にする。

③①の炊飯器にオリーブオイル大さじ1杯と半分、スープの素大さじ半分、こしょう少々と②の材料を加える。

④炊飯器のスイッチを入れる。

スポンサードリンク

これで、小豆島産のオリーブ果実のオリーブごはんが出来上がります。

しかし、オリーブの新漬けは種を抜いていません。

ここは注意しておいてください。

スペイン産のオリーブの実

今小豆島の食品メーカーがオリーブめしの素を企画しています。

春先からの販売らしいです。

これであれば、オリーブの種は抜いています。

産地はスペイン産となります。

本当は小豆島産で作りたいそうですが、原料が手当てできないそうです。

2合用めしの素で売価2,000円であれば、出来るらしいです。

だれも買いませんよね。

それで仕方なくスペイン産にしたそうです。

売価は400円くらいとの話です。

まとめ

食品会社さんが作ったものが出まわるのは4月以降になります。

やはり、オリーブの新漬けを買って、自分で調理してください。

やばいです、オリーブの新漬け売り切れの店も出てきています。

スポンサーリンク