神社参拝!縁結びのお守りは心の持ち方で、功徳に影響する。不遜ながら考えてみたよ。

スポンサードサーチ

縁結びの神で有名なのは出雲大社の神様です。

全国各地の各々の神社でも、多かれ少なかれ縁結びというご神徳は有しています。

出雲大社の縁結びが特に有名なのは、出雲の神話で、大国主命が国土開発において、

多くのお妃を娶ったことから、男女の縁結びにご利益があると思われています。

神社の神様の個性や特徴により微妙に縁結びのニュアンスが違っている気がしますね。

出雲大社

出雲の神様であれば、須佐能之尊が八岐大蛇の生贄になる奇稲田姫(クシナダヒメ)を助け妻に迎えます。

大国主命は因幡の白兎を助け、その白うさぎの助言により因幡国のヤガミヒメに見初められます。

また、大国主命は根の堅州国では須勢理毘売命(スセリビメノミコト)と結婚します。

大国主のその他の妻は、古事記と日本書紀によると、

ヌナガワヒメ(奴奈川姫)、タキリビメ、カムヤタテヒメ、トトリヒメなどの女神です。

和気あいあいと、人と人との繋がりでよき伴侶に出会う感じでの縁結びのようです。

加賀一の宮の白山比咩神社

白山神社の総本宮である白山比咩神社のご祭神「菊理媛尊」は『日本書紀』に登場する女神です。

『日本書紀』によると、天地が分かれたばかりのころ、

天界である高天原(たかあまはら)に、次々と神が出現し、

最後に現れたのが、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)でした。

この男女の神には、国土を誕生させる「国生み」と、

地上の営みを司る神々を誕生させる「神生み」が命じられました。

伊弉冉尊が火の神を出産した時のやけどが元で亡くなってしまうと、

悲しんだ伊弉諾尊は、死の国である「黄泉の国」へ妻を迎えにいきます。

そこで、伊弉諾尊は妻に「見ないで!」と言われたのに、見てしまいました。

醜く変わった妻の姿に驚き、逃げ出してしまいます。

伊弉冉尊は「私に恥をかかせた」と烈火の如く怒り、夫の後を追います。

そして、黄泉の国との境界で対峙するふたりの前に登場するのが菊理媛尊です。

菊理媛尊は伊弉諾尊・伊弉冉尊二神の仲裁をいたします。

その後、禊祓いの時の三貴神が現れます。

天照大御神(あまてらすおおみかみ)

月読尊(つくよみのみこと)

須佐之男尊(すさのおのみこと)

白山比咩神社では、菊理媛尊とともに伊弉諾尊・伊弉冉尊も祭神として祀られています。

菊理媛の「くくり」は「括る」にもつながり、「和合の神」「縁結びの神」としても崇敬を受けています。

箱根九頭龍神社

関東では箱根にある箱根九頭龍神社が脚光を浴びています。

スポンサードリンク

箱根の芦ノ湖に住む毒龍が改心して箱根神社の眷属になったものです。

現実界に強いパワーを発揮する神様ですので、縁結びのパワーも強力なのです。

女性雑誌で紹介されて以来、お祭りの日は、ツアー客ので若い女性がわんさか来てます。

もちろん、箱根神社でも縁結びのご神徳はあります。

ここ一番の時には、箱根神社でい願いし、九頭龍神社でより強烈にお願いするのが理想です。

ご眷属ですので、より現実的なご利益があるようです。

水無神社

高山市にある飛騨一宮の水無神社は、男性に良縁をさずける功徳があるそうです。

流し雛のルーツに当たる神社らしい。

以前はよく行ったものですが、すでに妻がいたので良縁の功徳は頂けなかった。

伊豆山神社

静岡県の熱海にある伊豆山神社は、神仏習合の社です。

箱根神社と共に「二所(にしょ)」と讃えられる関八州総鎮護の神社です。

源頼朝と政子がデートした場所であることから、男女の縁を結ぶと言われています。

また頼朝はここで源氏再興の祈願をしたのちに、運命の人義経に出逢い、悲願の平家打倒の悲願を成し遂げました。

要するに、今世にどうしても会わなければならない運命の人に、必ず速やかに会わせてくれるようです。

伊射波(いさわ)神社

三重県鳥羽市にある志摩国一の宮です。

縁結びに強力な御神徳をもっていると言われ、特に女性の結婚願望に霊験新たからしいです。

江戸時代の大地震や津波、火災に見舞われて古文記録類がありません。

しかし、伊勢神宮と浅からぬ関係があるらしいと思われている神社です。

お守りを頂く

神社で熱心に縁結びを御祈願します。

そのご神徳が長く続けばいいのにと思うのはひとの常です。

神棚のある人はお札をいただき、神様のご神徳を家に巡らせます。

大抵のお家には、伊勢神宮のお札を中央に配した神棚があります。

向かって右側に地元の産土神をお祭りし、左側にご縁のある神社のお札を納めます。

並べてお祭りしてOKなのです。

いつも神様に守られていたい、という実感が欲しい時には、お守りがピッタリです。

お札は家に置くもの、お守りは身に着けるものと用途が分かれています。

お守りの持ち方にきまりはありませんが、神様におことわりをして持つのがイイでしょう。

財布の中に入れて、いつも肌身離さず持ち歩いてもいいのです。

「よろしくお願いします。」と、お祈りするような気持ちを忘れないようにします。

そうすると、神様との感能力が強くなるそうです。

その分ご神徳が多く来るはずです。( ̄ー ̄)

まとめ

お守りには神様の神気が入っています。

すなわち、神様の分魂が宿っているのです。

大切にあつかえば、それだけ神徳も長持ちするそうです。

決めるのは神様です。

嫌になったら帰るらしいです。

そして耐用年数は1年と言われています。

スポンサーリンク