男の「生活習慣の向上」にいい事やろうぜ!

スポンサードサーチ

男の発育

男性の肉体的な成長は、個人差はありますが、次のようになります。

8歳くらい

乳歯が永久歯に生え変わり、髪の毛がよく伸びてくる。

16歳くらい

男性として発育し、精通を迎える。

24歳くらい

体が成熟し、骨格も形成され、男性としての体が出来上がる。

32歳くらい

筋骨や肌肉の栄養状態が最高となり、男性として体が最も充実する。

35歳くらい

筋肉が低下していく。

40歳くらい

体力にかげりが見え始める。髪の毛も抜け始める。

48歳くらい

肉体的に衰えが始まり、活動力が低下する。

56歳くらい

筋肉の活動が自由でなくなり、運動能力が落ちる。精気なく、生殖機能も弱まっていく。

64歳くらい

五臓六腑をはじめ身体的にガクンと衰える。

生活習慣の改善

肉体的に男性は32歳くらいにピークとなり、35歳くらいから筋肉が低下して行くのです。

どうすれば良いのか?

生活の中に運動を取り入れる事です。

そんなに無理をしなくてもよく、一定時間の散歩やジョギング、ストレッチなどを取り入れるのです。

毎朝、会社でするラジヲ体操もいいです。

これは非常に理にかなっていて、本気ですると汗ばみますよ。

専門の本も出ています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポンサードリンク

もっとスゴイ!大人のラジオ体操 決定版 (講談社の実用book) [ 中村格子 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/1/4時点)

まだ若い内はまだイイ

過信して何もしないでいると40代でしっぺ返しを受けます。

43歳くらいから、明らかに自覚症状が出てきます。

ちょうど厄年あたりです。

しかし、経験しないと身に沁みません。

趣味で野球とかゴルフをしている人は大丈夫です。

40代はまだいい

何のかんのと、50歳になりました。

しかし、筋肉の衰えは、まだ40代並みでしょう。

安心してはいけません。

52歳を過ぎたあたりから、ガクンと来ます。

体質が変わったような感じになります。

50代はまだいい

ここで改心して、生活改善に取り組まないと、地獄が待っているそうです。

若い内は運動すれば、筋肉がつきやすいのです。

齢とともに、運動しても筋肉が付きにくくなってきます。

60歳になっても、まだ50代の延長です。

しかし、64歳あたりから、ガガガガガクーンと老化を自覚するそうです。

そして、運動しても筋肉は3分の1しかつかないのです。

3倍運動しないと、筋肉の減少に追い付いていかないのです。

60代からの人生

64歳あたりからの老化を実感してからは、生きるのが辛くなるそうです。

精神的には、生きるのが辛くなることはいくらでもありますが、肉体的に生きるのが辛くなるのです。

まとめ

ではどうすれば良いのでしょうか?

お年寄りでも元気な人はいます。

若々しい人もいます。

皆さん、日頃の生活習慣に、運動やストレッチや食事改善などの自己管理をしているのです。

35歳を過ぎた時から、徐々に運動や健康管理を習慣化しているのです。

自分自身の体のレベルに合わせた自己管理が重要になります。

「自分で目標を持って自分を磨く」

これに付きます。

特に下半身の強化は必須です。

下半身がしっかりしていると、血流も良く、歩きやすくなります。

スポンサーリンク