恋愛成就!バレンタインが近い、貴女に素敵な良縁をプレゼント!

スポンサードサーチ

男女の縁

人の縁は不思議なものです。

「袖すり合うは多生の縁」

ボーイフレンドが欲しいのに出来ない。

結婚したいのに相手がいない。

子供や老人ばかりの職場環境で異性との縁が無い。

いつか白馬の王子さまが現れると信じている。

バレンタインが近いのに、ボーイフレンドや恋人が出来ない理由は多々あります。

しかし、モテモテの女性はいますよね。

私には、あんなぶりっ子は出来ない。

軽く見られるのはイヤだ。

でも、理想の男性に見染められたい。

結婚できない理由は?

どこから見ても申し分のない女性に限って、よき伴侶と巡り合っていないようです。

さしたる欠点もないのに、結婚出来ないと悩むのです。

理由は簡単、女性からの良縁を呼び込むアプローチが不足しているからです。

現代社会は、自らアピールしていかないと生き残っていくのが難しい時代です。

美しい花は、蜂や蝶を呼び寄せる為に色々な努力をしています。

快い香りを漂わせたり、美味しい蜜を花弁の奥に用意しています。

もし、美しい花だけであれば、蜂や蝶も寄って来ないでしょう。

男という蜂や蝶を自分の方に誘導しないといけませんね。

努力とは?

男を魅了してしまう努力をしないといけないです。

「努力」には見せかけをつくろう、メイクアップ方やドレスアップ法も大切ですが、内面的な美しさを身に付けることも必要です。

一歩進んで、目に見えない世界の住人からも好まれる人になれば、強力な男運が身の回りに渦巻くのです。

一般的にいうところの、守護霊や守護神や産土の神さまです。

結婚を邪魔するトゲ

自分なりに一生懸命努力しているのに、結婚にたどり着けない。

美人で教養もあり、それなりの努力をしているのにゴールインできない。

その原因は、結婚を邪魔しているトゲにあるのです。

宗教理念のトゲ、道徳・モラルのトゲ、占いを気にし過ぎるトゲ、家族や長身を気にし過ぎるトゲ、生理的な男性好みのクセを出し過ぎるトゲ、などがあります。

ある宗教を信じているばっかりに、教義に反するからと結婚に踏み切れない。

結婚するまでは、純潔をかたくなに守ろうとガードが固い。

男性にとって女性の魅力は、「自分の思い通りになるようでならない、ならないように見えて、ある程度自由になる。」

こういう女性が一番魅力的なのです。

現代に即した交際法

全てオープンに、欲望のまま行動するのは考えものですが、好き合った男女が手を握り、キスをするくらいは、当たり前な時代です。

大正や昭和初期のように、家柄や両親が決めた相手でなければ結婚できない、という古い結婚観は崩れ去っているのです。

それだけに、自分の相手は自分で探し出さないといけない時代です。

自由でとても良いのですが、自分がよほどしっかりしていないと、いい男はみんな他の女性に取られてしまうのです。

気がつけば、自分一人取り残されていることもあり得ます。

自分でできる恋愛成就の方法

自分のできる努力はある程度したならば、あとは神頼みです。

そんなの信じられないと思うなかれ。

考えてみて欲しい。

毎年毎年の正月初詣、川崎大師や浅草観音、成田不動など多くの参拝客を集めています。

スポンサードリンク

毎年欠かさず行く、親子2代で行く、親子3代で行く、こうゆう人は結構います。

これは、何らかのお陰を体感したからなのです。

理由もなく、毎年毎年続ける人はいないと思うのです。

そして、オススメは箱根九頭龍神社です。

毎月13日が月並祭で、多くの参拝客が来られています。

おそらく神主さんからお話があると思いますが、モロに恋愛成就を祈るのは控えましょう。

箱根神社の眷属にあたりますので、天下国家の安寧をお祈りしてから、自分のことをお願いしましょう。

そして、龍神さんですので、事細かに言上するのがいいようです。

例えば、30歳くらいの弁護士かお医者さんで、年収が1000万以上、身長180センチメートルくらいの細身で健康的でハンサムで私だけを愛してくれる男性…。

言上していないと、スルーされることもあるようです。(笑)

長男でなく、次男で親の面倒は見なくてよく、マザコンでなく、考えられる限り全て言っておきましょう。

あとは神まかせでいいと存じます。

オススメの一冊

もっと詳しく知りたい人は、本を紹介しておきますので、本屋で見てください。

著者はいろんな意味で超有名人です。

宗教家と侮ることなかれ、宗教もやっているのが正しいようです。

これからも、露出度が増すので、その人柄を見て判断してくださいね。

スポンサーリンク