PR

株式会社キーエンスの秘訣とは?どんな会社なのか?気になる

科学
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式会社キーエンス(Keyence Corporation)は、平均給与が2000万円を超える高収益企業で、日本で注目を浴びています。しかし、この企業についての詳細は謎に包まれており、「実際にどんな会社なのか」という点が気になります。

株式会社キーエンスは、日本の大手電子機器および自動制御装置メーカーであり、センシング技術、計測技術、自動化技術を中心に事業展開している企業です。

創業者

キーエンスの創設者である滝崎武光氏は、総資産が4兆2000億円に達し、日本のトップ経営者の一人です。彼は1945年に兵庫県芦屋市で生まれました。中学時代には友達と一緒に科学実験を楽しむなど、早くから科学に興味を持っていました。

高校卒業後、外資系の機器メーカーで働きながら、将来の独立を目指して技術を学びました。24歳で独立し起業しましたが、最初の会社は失敗に終わり、新たにメーカーの下請け会社を設立しても短期間で倒産しました。滝崎氏は優れた技術を持っていたが、経営の難しさを味わいました。

二度の倒産を経て、29歳の時に兵庫県尼崎市で「リード電機」を設立し、三度目の起業を試みました。最初から製品開発力を生かし、小型の電線切断機を製造し、電線メーカーに販売を試みました。当時、切断機は主に大型だったため、この製品は多くのメーカーから注文を受けました。

転機

大きな転機となったのは、トヨタ自動車との取引でした。当時、トヨタは金型の故障に悩まされており、滝崎氏は金型の故障を予防するセンサーを開発しました。このセンサーはトヨタ自動車のすべての工場で使用され、会社の基盤を築きました。

トヨタの納入業者になることを機に、センサーの開発に力を入れ、高収益を維持しました。滝崎氏は取引先の工場を訪れ、問題を解決することで、高付加価値のセンサー開発企業へと発展させました。また、高い給与を提供し、優秀な人材を確保し、業績を拡大しました。

1986年には本社を大阪に移転し、社名をキーエンスに変更し、翌年には株式上場を果たしました。キーエンスは高品質で付加価値のある製品の開発に重点を置き、その開発力が日本の経済不況にも耐える力となりました。さらに、多くの業界初や世界初の商品を次々に生み出し続けました。

会社の社風

キーエンスは高い技術力と営業力を組み合わせ、成功を収めています。その営業力は、特に注目に値します。会社の社風は「キーエンスの営業は、3年目には超一流になる」と言われるほどです。社内での訓練やロールプレイングが日常的に行われ、外出報告書が記入され、データとして分析されます。この徹底したアプローチが、キーエンスの成功の秘訣です。

キーエンスの成功は、当たり前のことを徹底して実行する姿勢に起因しています。新商品の開発やロールプレイングは徹底的に行われ、若手からベテランまで、社員全員がコミットメントを持って取り組んでいます。技術と営業の力を結集し、キーエンスは堅実な成功を収めています。

主要な特徴と事業領域

1. センシング技術: キーエンスは、センサーや計測機器の開発・製造・販売を得意としています。これらの製品は産業用途や製造プロセスの自動化において非常に重要で、品質管理や生産効率向上に貢献します。

2. 自動化技術: キーエンスは、自動制御装置やプログラマブルロジックコントローラー(PLC)などの自動化ソリューションを提供しています。これらの技術は、製造ラインや工場の運用を効率化し、生産プロセスを最適化します。

3. ファクトリーオートメーション: キーエンスは工業用ロボットやビジョンシステムなどのファクトリーオートメーション技術にも焦点を当てており、自動化された製造プロセスを実現します。これにより、品質向上や生産性向上が実現されます。

4. 産業向けソリューション: キーエンスの製品は、さまざまな産業に利用されており、自動車製造、電子機器製造、食品加工、医療機器製造、半導体製造など、多くの分野で活用されています。

5. 国際的な展開: キーエンスは国際的にも高い評価を受け、世界中に拠点を持っており、グローバルな市場で競争力を発揮しています。

キーエンスは高品質の技術製品を提供し、その革新的なアプローチと高度な自動化技術により、製造業界や産業界全体で成功を収めています。また、キーエンスは徹底的な訓練と努力を重視し、高度な営業力と技術力を持つ社員を育て、その結果、高い収益を達成している企業として知られています。

まとめ

「成功するには、だれよりも熱烈に、だれよりも熱心に、だれよりも徹底してやること」と、言われているように、キーエンスの成功は、やるべきことを徹底してやるという社風に、その秘訣があるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました