女の「生活習慣の向上」に体にいい事始めましょう!

スポンサードサーチ

女性の厄年

19歳、33歳、37歳、61歳(数え年)と言われています。

そして、前後に前厄、後厄が付きます。

女性の30代は、ほとんど厄年で埋め尽くされます。

お気の毒としか言いようがありませんね。

40代の女性

そして、44歳を過ぎる頃には、40代のおばさん体形になっているそうです。

二段腹、三段腹とガタッとオバン化するのです。

あくまでも、何もしていない時にですよ。

若い時から自己管理している女性は別です。

なんらかの健康法や美容術をマスターして実践していれば、若く保てるそうです。

50代の女性

女性の場合、52歳くらいで閉経を迎えます。

これを機会に、体質が変わります。

体が、子孫を残す卵子を護る体質から解放されるのです。

ホルモンバランスは崩れ、免疫機能も低下するそうです。

いわゆる、更年期障害が起きるのもこの時期です。

その為か、閉経を機会に乳癌などを発症する頻度が上がるそうです。

乳製品の過剰摂取が原因との説もありますが、免疫機能が低下しているのです。

身近な人でいました

友人にも乳癌になった女性がいます。

スポンサードリンク

彼女はかなりストイックに健康管理していたのですが、乳癌になりました。

慶應病院で乳房の手術を日程に入れていましたが、エスケープしたそうです。

女性としてのシンボルが切り取られることに、我慢が出来なかったそうです。

それなら、綺麗な身体のまま運命に身をまかせることに決めました。

それ以来、専門書を読み漁り、ゲルソン療法に行き着いたようです。

同じ悩みを持つコミュニティーに参加して、勉強しているそうです。

60代の女性

女性は60歳代になると、可愛いお婆ちゃんタイプに変身するそうです。

女性は化粧で美しくなれます。

化けるとも言います。

早期の体型のケアで10歳以上若く見せることも可能です。

運動もあり、ヨガもあり、酵素ダイエット、エイジングケアでプラセンタなどなど。

要するに、知識、知力が必要なのです。

PDCAが必要なのです。

プラン→ドウ→チェック→アクション

まとめ

女性は、ため息が出るほど素晴らしいものです。

良しにつけ悪しきにつけ、その執着心にはお手上げです。

その執念を、自分自身の美容と健康に当てはめればいいですね。

スポンサーリンク