PR

飲む日焼け止めは内側から紫外線ダメージを抑える効果を発揮し、肌に塗る日焼け止めは外からブロックするものです。

健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク

飲む日焼け止めは、肌が紫外線によるダメージから守るサポートをしてくれるサプリメントまたは機能性表示食品のことです。通常、肌に塗る日焼け止めは外からブロックするものですが、飲む日焼け止めは内側から紫外線ダメージを抑える効果を発揮します。

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めは、肌に直接塗る日焼け止めとは異なり、内側から紫外線ダメージを抑えるためのサプリメントです。主に以下の2つのタイプがあります:

酸化ストレスにアプローチするもの: 抗酸化成分を含有し、活性酸素によるダメージを軽減します。
メラニン生成を抑えるもの: メラニン色素の生成を防ぎ、肌の黒化を抑制します。

塗る日焼け止めは体内に紫外線が入らないようにブロックするものですが、塗り忘れや塗りムラがあると日焼けしてしまいます。飲む日焼け止めは、日焼け止めでカバーしきれない部分をフォローしてくれる役割を果たします。紫外線によるダメージを軽減し、シミやシワの原因となるメラニンの蓄積を防ぐ効果が期待されます。

注意! 「日焼けを完全に防ぐ効果」はないのです。
飲む日焼け止めだけで完全に日焼けを防ぐことはできません。必ず塗るタイプの日焼け止めと併用してください。また、飲む日焼け止めはあくまでもサポートとして使用しましょう。広い波長域のUVを防ぐ塗る日焼け止めも併用することをおすすめします。

飲む日焼け止めの成分と効果

飲む日焼け止めの成分は、以下のようなものがあります。

ファーンブロック(Fernblock): スペインのカンタブリアラボ社が開発した成分で、日焼けの防止や光毒性反応の抑制に効果があります。

ニュートロックスサン: 光老化に対抗する抗酸化成分を配合しています。

その他のビタミンや抗酸化成分: ビタミンCやL-システインなどが含まれています。

成分ごとに強みや摂取のタイミングが異なるため、選ぶ際に注意してください1.

飲む日焼け止めは、日焼けを気にされる方におすすめです。

飲む日焼け止めの副作用

飲む日焼け止めには、直接的な副作用はほとんどありません。なぜなら、飲む日焼け止めは薬ではなく健康食品(サプリメント)であるため、副作用が発生することはありません。ただし、過剰摂取をしてしまった場合には、安全性が保証できません。

サプリメントや栄養ドリンクは栄養素が凝縮されているため、一日あたりの目安量を大きく超えた用量を摂取した場合には、不調の原因になることがあります。

飲む日焼け止めは、活性酸素の発生を抑え、紫外線による悪影響から肌を守る効果があります。国内で流通している多くの飲む日焼け止めは、植物から抽出された天然成分で作られており、副作用の心配は少ないものがほとんどです。 ただし、個人差があるため、使用前に製品の説明書をよく読み、不安であれば医療機関の指示に従って使用することをおすすめします。

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めと比較して塗り忘れや塗りムラの心配がなく、効果が持続する時間も製品によって異なります。ライフスタイルに合わせて選ぶことで、紫外線対策を含む美肌作りの助けとなります。 ただし、完全な紫外線対策を目指す場合は、塗る日焼け止めと併用することをおすすめします。

飲む日焼け止めの選び方

飲む日焼け止めは、種類が非常に多く、どれを選ぶか迷うことがあります。以下のポイントを考慮して、好みや使用用途に合った商品を選んでみてください:

成分で選ぶ:
アスタキサンチン: 抗酸化作用を持ち、紫外線刺激から肌を守る助けになります。
ベータカロテン: 紫外線刺激から肌を保護する機能があるとされています。
リコピン: トマトなどに含まれ、紫外線刺激から肌を保護するのを助ける機能が報告されています。

飲みやすさで選ぶ:
1日の目安量が1粒の方が続けやすい場合は、そのような商品を選びましょう。
タブレットが苦手な方は、ドリンクタイプのものもあります。

価格で選ぶ:
予算に合った商品を選びましょう。

おすすめの飲む日焼け止めの一部です

ロート製薬 ヘリオホワイト®: アスタキサンチンを含む
ファンケル ホワイトフォース: アスタキサンチンを含む
イルミルド製薬 WHITH WHITE: ビタミンサプリメント
富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー アスタリフト: アスタリフト サプリメント ホワイトシールド

飲む日焼け止めは、日焼けを気にされる方におすすめです。ただし、完全な紫外線対策を目指す場合は、塗る日焼け止めも併用します。

塗る日焼け止め

塗る日焼け止めにはさまざまな種類があります。以下に、おすすめの塗る日焼け止めをいくつかご紹介します。

クリームタイプ:
資生堂インターナショナル クレームUV: 高いUVカット効果で肌を守ります。
アルビオン スーパー UV カット インテンスコンセントレート デイクリーム: しっとりとしたテクスチャで使いやすい。

ミルクタイプ:
ちふれ化粧品 日やけ止めミルク UV: しっとりとした使用感で、SPF50+・PA++++の高いUVカット効果
花王 ビオレUV さらさらパーフェクトミルク: さらっとしたテクスチャで、日常使いに最適

ジェルタイプ:
井田ラボラトリーズ CANMAKE マーメイドスキンジェル UV: みずみずしいジェルで、肌に密着しやすい
カネボウ化粧品 ALLIE クロノビューティ ジェルUV EX: 長時間の屋外活動にも対応する高いUVカット効果

ローションタイプ:
エクセレントメディカル プラスリストア UVローション: 肌になじみやすく、しっとりとした仕上がり
花王 Curel キュレル UVカット デイバリアUVローション: 敏感肌にも使いやすい

スプレータイプ:
資生堂 ANESSA パーフェクトUVスキンケアスプレーN: 紫外線吸収剤を含まない安心設計
コーセーコスメポート SUNCUT サンカットR プロテクトUVスプレー: さっとひと吹きで手軽に使える

これらの日焼け止めは、肌のタイプや好みに合わせて選んでみてください。日常使いからアウトドアまで、適切なUVカット効果を持つ日焼け止めを選ぶことが大切です

日焼け止めのSPFとPAって?

SPF (Sun Protection Factor): SPFは「Sun Protection Factor」の略で、紫外線B波(UV-B)に対する防止効果を示す指標です。日焼け止め化粧品を塗った場合、塗らない場合に比べて何倍の紫外線を当てると、翌日に肌がかすかに赤くなるかを示しています。

SPFの数値は2から50まであり、さらに50以上の場合は「50+」と表示されます。数値が大きいほど、紫外線B波(UV-B)を防ぐ効果が高まります

PA (Protection Grade of UVA): PAは「Protection Grade of UVA」の略で、UV-Aに対する防止効果を示すものです。PAは「PA+」から「PA++++」の4段階で表示され、+の数が多いほどUVAから肌を守る効果が強くなります。

UV-Aは肌をすぐに黒くする紫外線であり、シミやたるみの原因となります。PAの表示を参考に、UV-Aからの保護度を選ぶことが大切です日焼け止めを選ぶ際には、SPFとPAの両方を考慮し、その日の活動や紫外線量に合った適切な日焼け止めを選ぶことが重要です。

敏感肌用の日焼け止め

敏感肌の方に適した日焼け止めは、肌にやさしく、刺激を最小限に抑えるものがおすすめです。以下に、敏感肌向けの日焼け止めをいくつかご紹介しますね。

キュレル「デイバリアUVローション」: 敏感肌・乾燥肌の方向けの人気スキンケアブランド「キュレル」の日焼け止めです。肌荒れしにくい潤い肌を保てるのが魅力で、潤い成分を配合しています。ウォーターベースのテクスチャでベタつきにくく、肌への負担が少ないのも特徴です。

コスメデコルテ「サンシェルターマルチプロテクション」: 敏感肌向けの日焼け止めで、肌にやさしい成分を使用しています。SPF50+・PA+++の強力なUVカット効果があり、肌をしっかり守ります。

ユースキン「シソラ UVミルク」: 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)で、肌にやさしい日焼け止めです。洗い流しやすいので、肌への負担を最小限に抑えられます。

チャントアチャーム「UVフェイス&ボディプロテクター」: 敏感肌の方向けの日焼け止めで、SPF30・PA++のUVカット効果があります。肌にやさしい成分を使用しているため、安心して使えます。

ニールズヤードレメディーズ「ナチュラルサンケア」: 敏感肌にも優しい日焼け止めで、オーガニック原材料を使用しています。肌を乾燥させにくいアルコールフリーで、肌に負担をかけません。

これらの日焼け止めは、敏感肌の方におすすめです。肌の状態や好みに合わせて選んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました