厳島神社への旅 – 神秘的な水上の神殿と平清盛の歴史

観光
スポンサーリンク
スポンサーリンク

厳島神社の基本情報、その建設の背景、そして平清盛に関連する歴史的なエピソードを紹介します。神社が水上に建設された理由や、平清盛がどのようにこの神社に関わったかを解説します​​​​。

厳島神社と聞いてピンと来ない方もいるかもしれませんが、あの有名な「水上の鳥居」を思い浮かべれば、「ああ、あの神社か!」と納得することでしょう。この神社、実は593年に創建された歴史ある場所なんですよ。でも、その後の平清盛のおかげで、今のような美しい水上の姿になりました。

さて、ここで一つクイズ!平清盛がこの神社にどんな役割を果たしたか、ご存知ですか?実は、彼は日本初の武士が政治の頂点に立った人物で、その力を使って神社を再建し、見事な水上の神殿を完成させたのです。なんとも、力強くてロマンティックなエピソードですよね。平清盛、武士としてだけでなく、建築家としても一目置かれるべきかもしれません。

しかし、これだけでは終わりません。この神社、ただ美しいだけではないんです。実は、この場所全体が神聖視されており、神社が建てられた理由にも深い意味があるのです。それは、島自体が神様とされ、その神聖さを保つために水上に建てられたと言われています。つまり、この神社はただの建築物ではなく、神様そのものを守るためのものだったのです​​​​。

楽天たびノートはコチラ✅

厳島神社の見どころ – 独特な建築と絶景のスポット

神社内の主な建築物や見どころ、そしてそこから見える美しい景色について紹介します。神社の特別な建築様式や、美しい自然との調和に焦点を当てます​​​​。

厳島神社に足を踏み入れた瞬間、まるで別世界に迷い込んだかのような感覚に陥ります。まず目に飛び込んでくるのは、その神秘的な建築様式。水上に浮かぶように見えるこの神社は、まるで海に浮かぶ宮殿のよう。建物は美しい回廊で繋がれており、海の上を散歩しているかのような不思議な感覚に包まれます。

そして、この神社のもう一つのハイライトは、その絶景です。海に面したこの神社からは、青い海と緑豊かな山々の息をのむような景色が広がっています。特に日の出や日の入りの時間は、海が金色に輝き、まるで神話の世界に迷い込んだような美しさです。

さらに、この神社には色々な建物があり、それぞれが異なる神様に捧げられています。中でも、能舞台は日本最古のものの一つで、ここで行われる伝統的な舞台芸術は圧巻の一言。訪れた際には、ぜひこの歴史ある舞台でのパフォーマンスを楽しんでみてください。

そして、潮の満ち引きによって変わる景色も見逃せません。満潮時には神社が水上に浮かんでいるように見え、幻想的な雰囲気を醸し出します。一方、干潮時には、海が引き、鳥居の下を歩くことができるんですよ。この神秘的な光景は、一見の価値ありです​​​​。

平清盛と厳島神社 – 伝説と歴史を巡る

平清盛の生涯と彼がこの神社に与えた影響、また神社にまつわる伝説や物語について詳しく掘り下げます。平清盛が神社にどのように関与し、その歴史的重要性について解説します​​​​。

平清盛という名前を聞いて、「ああ、あの平家物語に出てくる人か!」と思ったあなた、正解です。しかし、彼の物語はただの武士のエピソード以上のもの。特に厳島神社との関係では、彼の影響は計り知れません。

平清盛は、平安時代末期に日本で最も影響力のある武士でした。政治、文化、宗教の領域において彼の力は絶大で、彼が特に心酔したのが厳島神社でした。では、なぜ彼はこの神社にそんなに魅了されたのでしょうか?

実は、平清盛が厳島神社に惹かれたのは、彼が海の安全と航海の成功を祈願するためでした。海の神様を祀るこの神社は、航海や商売の成功を求める者にとっては欠かせない場所。平清盛自身も海に関わる多くの事業を行っており、その成功のために神社を崇敬していたのです。

平清盛の支援により、神社は再建され、今日見ることができる壮大な姿になりました。彼はこの神社を自分と一族の栄光を称える場所としても利用し、多くの信者や観光客を引き寄せました。

平清盛のこの神社への情熱は、自分と一族に幸運をもたらすという信念に基づいていました。彼は神社に多大な貢献をし、その美しさと重要性を高めたのです。今日、神社を訪れると、平清盛の精神と彼の時代の魅力が色濃く反映されているのを感じることができます​​​​。

厳島神社訪問のコツ – 潮の満ち引きとベストビュー

訪問者が神社の美しさを最大限に楽しむためのコツ、特に潮の満ち引きによる神社の異なる景観について紹介します。潮のタイミングに合わせた訪問計画の提案や、特に印象的な時間帯についての情報を提供します​​​​。

厳島神社を訪れる際、最も大切なのは「タイミング」です。なぜなら、この神社の魅力は、潮の満ち引きによって大きく変わるからです。満潮時には、神社とその有名な鳥居が水面に浮かんでいるかのように見え、まるで別世界に足を踏み入れたような感覚に陥ります。

では、潮の満ち引きをどうやってチェックするのかというと、インターネットで簡単に潮の時間を調べることができます。満潮時を狙って訪れると、その神秘的な美しさを存分に味わうことができるでしょう。

一方、干潮時はまた異なる魅力が。海が引くと、巨大な鳥居の下を歩くことができ、その迫力を間近で感じることができます。まるで海の中を歩いているかのような不思議な体験ができるのです。

そして、もし可能であれば、夜間の厳島神社もお見逃しなく。夜になると、神社と鳥居がライトアップされ、昼間とはまた違った幻想的な雰囲気を楽しむことができます。特に夏の夜は、暗闇の中で浮かび上がる鳥居が、まるで夢の中にいるかのような美しさを演出してくれます。

このように、厳島神社は一日の中でさまざまな顔を見せてくれます。そのどれもが魅力的で、訪れる時間によって全く異なる体験ができるのが、この神社の魅力の一つです​​​​。

厳島神社周辺の魅力 – 宿泊と観光の楽しみ方

神社周辺の宿泊施設、食事のオプション、およびその他の観光スポットについて紹介します。宮島島内での滞在を最大限に楽しむためのヒントやおすすめのアクティビティを案内します

厳島神社の美しさを堪能した後は、周辺の宿泊施設や観光スポットもぜひチェックしてみてください。宮島はただ神社があるだけでなく、その周辺にも多くの魅力が詰まっています。

まず、宮島には素敵な旅館がたくさん。海を望む部屋や、伝統的な日本の宿泊体験を楽しむことができます。夜は美しい星空の下でのんびりと過ごすのもいいですね。また、地元の食材を使った美味しい料理を楽しむことも、宮島滞在の大きな魅力の一つです。

宿泊施設の選択肢に加えて、宮島には他にも見るべきスポットがたくさんあります。例えば、紅葉谷公園では四季折々の自然美を楽しむことができ、厳島神社からもほど近いです。また、弥山(みせん)にはハイキングコースがあり、頂上からは息をのむような景色が広がっています。

さらに、宮島には可愛らしい鹿が自由に歩いているので、彼らとのふれあいも楽しい体験になるでしょう。ただし、鹿にエサを与えないように注意してくださいね。

そして、忘れてはならないのが、地元のお土産屋さんや食べ物屋さん。宮島の特産品を扱うお店や、地元の味を楽しめる食堂がたくさんあります。宮島の名物であるもみじ饅頭を食べ歩きするのも、宮島訪問の楽しみの一つです。

このように、厳島神社だけでなく、宮島自体が魅力的な観光地となっており、訪れる人々にさまざまな楽しみ方を提供しています。

宮島で人気のお土産

  1. もみじ饅頭: 宮島の代表的な和菓子で、もみじの葉の形をしたカステラ生地にあんこを詰めたお菓子です。こしあん、チーズ、チョコレート、カスタードクリームなど様々な味が楽しめます​​​​​​​​。
  2. 牡蠣製品: 宮島は牡蠣で有名です。特に「牡蠣屋のオイル漬け」は、宮島の牡蠣を使用した珍しいお土産で、牡蠣の濃厚な味わいが楽しめます​​。
  3. 瀬戸田レモンケーキ: 広島県瀬戸田町のレモンを使用した爽やかな味わいのレモンケーキです。レモンピールが入った生地が特徴で、新しいタイプのお菓子として人気です​​​​​​。
  4. メープルもみじフィナンシェ: もみじの葉の形をしたメープル味のフィナンシェで、伝統的なもみじ饅頭とは異なる新しいスタイルのお菓子です。和菓子と西洋菓子の融合が楽しめます​
  5. 淡雪花 (あわゆきはな): 老舗和菓子店の藤い屋が作る和洋折衷の新しいお菓子です。ふわっとしたギモーヴでレモン羹を挟んだ、爽やかな果実の香りが楽しめる逸品です​​。
  6. 亀屋 川通り餅: 上質の求肥に胡桃を加えた広島の代表銘菓です。甘すぎない素朴な味わいが特徴で、もみじ饅頭以外のお土産を探している方におすすめです​​。
  7. 西洋菓子 無花果 広島銘菓 またきて四角: フランス菓子に和のテイストを加えたお菓子で、瀬戸田のエコレモンを使用したレモンケーキです。甘酸っぱく後味が爽やかで、特徴的な四角い形が印象的です​​。
  8. 桐葉菓 (とうようか): やまだ屋のもみじ饅頭と並ぶ広島の名菓で、全国菓子大博覧会で「名誉総裁賞」を受賞した商品です​​。
  9. 牡蠣まるごとせんべい: 広島名産の牡蠣を贅沢にまるごと一粒乗せて焼き上げたせんべいです。安芸津特産の「まる赤」じゃがいもを使用した生地が、ミネラル豊富で美味しい味わいを提供します​​。
観光
スポンサーリンク
シェアする
ヤギチャンをフォローする
スポンサーリンク
パワフル8giごちゃ混ぜブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました