PR

有馬温泉観光の見どころ、アクセス抜群!

観光
スポンサーリンク
スポンサーリンク

有馬温泉の魅力とは何か、その秘密を少し探ってみましょう。
まず、有馬温泉は「日本三古湯」の一つとして知られています。古湯というからには歴史があるわけで、実はこの地はものすご〜く古くから温泉地として栄えていたんです。伝説によると、天智天皇や聖徳太子も訪れたとか。そんな歴史ある場所で温泉に浸かれるなんて、タイムスリップした気分になりますよね。

楽天トラベル: 有馬温泉 (たびノート)
楽天トラベルの観光情報サイト。有馬温泉の観光情報盛りだくさん! 有馬温泉の地図・住所・電話番号などの基本情報を掲載しています。

有馬温泉の特徴

有馬温泉の特徴はその泉質。ここには「金泉」と「銀泉」という二つの異なる泉質の温泉があるんです。金泉は赤褐色で、鉄分や塩分を多く含んでいます。一方、銀泉は無色透明で、炭酸水素塩泉。この二つの温泉を一度に楽しめるなんて、まさに贅沢の極み!
さて、温泉だけじゃなく、有馬温泉には美味しいグルメも満載。特に地元の神戸牛は絶品です。温泉上がりに、じゅうじゅうと音を立てる神戸牛を堪能する…考えただけでよだれが出そうです。
最後に、有馬温泉の周辺も見逃せません。自然豊かな六甲山系のふもとに位置していて、ハイキングや散策にも最適。歴史ある町並みを散策するのもおすすめですよ。
というわけで、有馬温泉の魅力は「歴史と伝統」「二つの泉質」「美食」「自然との調和」。これだけ揃っていれば、人気になるのも納得ですよね!

おすすめの温泉施設

有馬温泉に来たら、絶対に外せないのがその温泉施設。でも、「どの施設にしようかな?」と迷ってしまうのも当然。ここでは、特におすすめの温泉施設をピックアップしてご紹介します。リラックス準備はOKですか?

金の湯
まずは有馬温泉の代名詞、「金の湯」。この温泉、赤褐色のお湯が特徴で、まるで「金」を溶かしたような色合い。お湯は鉄分たっぷりで、体の芯からポカポカになれますよ。歴史ある建物の中で温泉を楽しむなんて、なんだかロマンチックですよね。

銀の湯
次に「銀の湯」。こちらは無色透明で、さっぱりとした泉質。金の湯とはまた違った魅力があります。まるでクリスタルのような透明感、肌に優しい感触でリフレッシュできます。

秘密の温泉宿
そして、有馬温泉にはちょっと秘密めいた温泉宿もあります。こじんまりとした宿から豪華なリゾートまで、選択肢は豊富。たとえば、山間にひっそりと佇む宿では、自然を眺めながら露天風呂を楽しめます。都会の喧騒を忘れ、温泉と自然の両方を楽しんでみてはいかがでしょうか?

宿泊施設ガイド

有馬温泉での一日を満喫した後は、素敵な宿でのんびりと過ごしましょう。しかし、たくさんの宿がある中でどこを選ぶかは、まるでお菓子箱からお気に入りを選ぶようなもの。どれも魅力的で迷ってしまいますよね。ここでは、特におすすめの宿泊施設をご紹介します。

ザ・グラン リゾートプリンセス有馬
最初にご紹介するのは、「ザ・グラン リゾートプリンセス有馬」。この宿、リニューアルされたばかりでピカピカ。お部屋からは有馬温泉の町並みや自然を一望できます。もちろん、温泉も最高。良質な温泉と自慢の料理で、至福の時間を過ごせること間違いなしです。

有馬温泉 銀水荘 兆楽
次に、「有馬温泉 銀水荘 兆楽」。ここは、金泉銀泉の二つの源泉を堪能できる贅沢な宿。各お部屋からは息をのむような景色が楽しめます。そして、神戸牛や明石の海鮮を活かした極上の会席料理が自慢。食事を楽しみに宿泊するのも一つの楽しみ方です。

有馬温泉 ホテル花小宿
最後に、「有馬温泉 ホテル花小宿」。こちらは大人の隠れ家とも言える宿。贅沢な貸切風呂や、心温まる接客が魅力です。朝食には地元の食材を活かした料理が並び、特にカレーが人気。温泉上がりの食事が、また格別です。

どの宿も有馬温泉ならではの魅力を持っています。リラックスできる空間、絶品の料理、そして温かいおもてなし。これらの宿で、有馬温泉の旅をより一層特別なものにしましょう!

有馬温泉でのおすすめ宿泊施設の選び方

有馬温泉には、さまざまな魅力的な宿泊施設がありますが、その中から自分にぴったりの宿を見つけるのはなかなかの挑戦です。
ここで、有馬温泉での宿選びのコツをいくつかご紹介します。

1. 泉質をチェック
有馬温泉には「金泉」と「銀泉」の二つの異なる泉質があります。金泉は鉄分を多く含む赤褐色のお湯で、体を芯から温めてくれます。一方、銀泉は無色透明で、炭酸水素塩泉。どちらの泉質を楽しみたいかによって、宿を選ぶのも一つの方法です。

2. 施設の特色を考慮
各宿にはそれぞれ特色があります。例えば、露天風呂や大浴場の有無、部屋のタイプ、食事の種類など、自分の好みや旅行のスタイルに合った施設を選ぶことが大切です。リラックス重視なら、静かな環境にある宿を。アクティビティを楽しみたいなら、周辺観光スポットに近い宿がおすすめです。

3. 口コミを参考に
宿選びの際には、実際に宿泊した人の口コミをチェックするのも良い方法です。特にサービスの質や食事の評判、清潔感など、ウェブサイトだけでは分かりにくい情報を得ることができます。

4. 予算を意識
宿泊料金はピンからキリまで。自分の予算に合った宿を選ぶことで、旅行全体の満足度が変わってきます。高級宿で贅沢を楽しみたいか、コスパ重視でシンプルな宿を選ぶか、事前にしっかりと予算を決めておきましょう。

5. アクセスの便利さ
有馬温泉へのアクセス方法や、宿からの観光スポットへのアクセスも重要です。特に公共交通機関を利用する場合は、駅から近い宿や送迎サービスがある宿を選ぶと便利です。

これらのポイントを参考にして、有馬温泉での宿選びを楽しんでください。

グルメとダイニング

旅行と言えば、その地のグルメを楽しむのが醍醐味ですよね。有馬温泉での食事は、温泉だけでなく、ここに来た理由の一つになるはずです。
では、有馬温泉のおすすめグルメスポットを詳しく見ていきましょう!

神戸牛の至福
まずは、有馬温泉の宿や地元のレストランで楽しめる「神戸牛」。肉の質、味、ともに世界トップクラス。特に「神戸ビーフステーキ 亀の井」では、目の前で焼き上げるステーキは絶品。柔らかい肉質と、口の中でとろける脂の旨みがたまりません。また、「神戸牛すき焼き 有馬荘」では、日本の伝統的なすき焼きを現代風にアレンジした料理を堪能できます。

地元食材の創意工夫
「有馬温泉 銀水荘 兆楽」では、地元の食材を使った創造的な会席料理が楽しめます。季節ごとに変わるメニューで、新鮮な海の幸や山の幸をふんだんに使用。特に、地元の新鮮な野菜を使ったサラダや、明石の鮮魚を活かした刺身は絶品です。

甘味で至福のひととき
食事の後は、有馬温泉の甘味でほっと一息。例えば「有馬温泉 菓子司 鶴屋」では、伝統的な和菓子が楽しめます。季節に応じて変わる和菓子は、見た目も美しく、味も絶品。また、「カフェ・ド・ラペ」では、地元の素材を活かしたオリジナルのスイーツが味わえます。特に、温泉卵を使ったカスタードプリンは、訪れた人々に愛されています。

アクセス方法

有馬温泉への旅立ち、準備はいいですか?この美しい温泉地へのアクセス方法をご案内します。心配しないでください、迷子にはさせませんよ!

東京からのアクセス
東京から有馬温泉へは、新幹線と電車を利用して約3時間の旅。まずは新幹線で新神戸駅まで、そこから地下鉄と電車を乗り継いで有馬温泉駅へ。
新神戸駅からは、ロマンチックな登山電車もおすすめ。窓からの景色を楽しみながら、温泉気分を盛り上げましょう。

大阪からのアクセス
大阪からだと、さらにアクセスは簡単。電車で約1時間で有馬温泉に到着。大阪梅田から神戸電鉄に乗って、有馬温泉駅で下車。手軽に日帰り旅行もできちゃいます。

京都からのアクセス
京都からの旅路も、約1時間半で到着。京都からは、JR新快速に乗って新神戸駅へ。そこから地下鉄と電車を乗り継ぎ、有馬温泉へ。途中の景色も楽しみの一つです。

車でのアクセス
車でのアクセスも可能です。兵庫方面から来る場合、中国自動車道有馬口から約20分。ドライブがてら、周辺の自然も満喫してみてはいかがでしょうか。

東京、大阪、京都からのアクセスは、どれも便利で快適。有馬温泉への道のりも、旅の楽しみの一部です。さあ、温泉の旅、出発しましょう!

 

有馬温泉周辺の人気観光スポット

有馬温泉の楽しみは、温泉だけじゃないんです。この美しい地域には、見逃せない観光スポットがたくさん!温泉に浸かった後は、少し足を伸ばして周辺を散策してみませんか?

六甲山の自然を満喫
まずは、有馬温泉のすぐ近くにある六甲山へ。登山やハイキング、自然散策に最適です。春には新緑、秋には紅葉と、四季折々の美しさが楽しめます。山頂からの眺めは、まさに絶景!都会の喧騒を忘れて、自然の中でリフレッシュしましょう。

有馬玩具博物館でひと休み
次に、有馬温泉街にある「有馬玩具博物館」。ここでは、世界中の古いおもちゃや人形が展示されています。大人も子どもも楽しめるこの博物館は、温泉街散策の素敵な休憩スポットになりますよ。

有馬温泉の歴史を感じる
有馬温泉街を散策すると、その歴史を肌で感じることができます。古い町並みや歴史的な建物、そして伝統的なお土産店が並びます。散策しながら、歴史ある温泉街の雰囲気を味わいましょう。

まとめ
有馬温泉の周辺には、自然や文化、歴史が満載です。温泉だけでなく、この美しい地域の魅力を存分に楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました